【一緒に寝る】一緒に寝ているのに手を出してこない男性の心理とは?
4053 Point
更新

【一緒に寝る】一緒に寝ているのに手を出してこない男性の心理とは?

みなさんは男性が女性と一緒に寝ていても手を出さないことに疑問を感じたことはありませんか?実際、男性は女性と一緒に寝ていればかなりの高確率で手を出してくると思っていますが、現実には手を出さない男性もいるのです。ここでは一緒に寝ても手を出さない男性の心理についてまとめていきます。

恋人と一緒に寝る

Young cute couple sleeping together in bed

Africa Studio/shutterstock.com

あなたは恋人と一緒に寝ていますか?   付き合っているカップルであれば一緒に寝ることはそこまで不思議なことではなく、仲のいいカップルやお泊まりをしているのであれば自然と一緒に寝ることになるでしょう。   しかし、男性の中には彼女と一緒に寝たとしても一切手を出さない男性も存在し、彼女からすれば期待はずれでガッカリしてしまう人も多いです。   実際、多くの女性は一緒に寝る男性とはセックスすることになると予感しており、一緒に寝ているのにも関わらず一切手を出してこない男性や彼氏に対しては不満を持っています。   特に彼氏が手を出してこないとなれば、本当に自分のことが好きなのか不安になってしまったり、浮気してるんじゃないかとか、自分に魅力がないんじゃないかと感じてしまうでしょう。   女性は男性よりも不安を感じやすい生き物であり、自分に自信を持っていない女性が多いです。

そのため、彼氏や男性から自己肯定感を高めてくれる行為を本能的に求めており、一緒に寝ることで手を出されるのは自分の価値を実感する方法でもあるのです。   ですが、世の中の男性は一緒に寝ている女性や彼女に対して手を出さない人も多く、女性としては男性の心理がわからなくて悩んでいる人が多いのも事実です。   ここでは一緒に寝ても音を出さない男性の心理についてまとめていきます。

どうして一緒に寝ているのに手を出してこないのか、男性の心理について興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

一緒に寝ても何もしない

Young cute couple sleeping together in bed

Africa Studio/shutterstock.com

女性の認識的には、男性や彼氏と一緒に寝るとセックスすることになると思っている人は多いです。

実際のところそれが当たり前の流れであり、一緒に寝ているのにも関わらずなにもないのは自分に興味がないと感じてしまうでしょう。   付き合ってから長い期間が経っていたり、同棲して毎日一緒に寝ているのではない限りは、彼氏とお泊まりして一緒に寝ることは、セックスを予感させる行為の一環として女性としてもかなり意識しています。   しかし、なぜか男性の中には一緒に寝てても手を出さない人が多くおり、そうした彼氏や男性の行動によって自分に自信をなくしてしまう女性が多いのも事実です。   一緒に寝てもなにもしないというのは、友達であれば安心できる存在として信頼性が高くなりますが、彼氏や異性として意識している男性が相手であれば、一緒に寝てなにもないのは女性としてはショッキングな出来事です。   女性が抱かれてもいいと思っているのにも関わらず、手を出さない男性は女性のメンタルを著しく傷つけているといっても過言ではありません。

寝る=セックスではない

一般的には、男性と一緒に寝ることはセックスOKという意思表示であると思われていますが、だからといって寝る=セックスということになるわけではありません。   一緒に寝ているからといって必ずしもセックスに発展するわけでもなれければ、セックスをしなければならないというわけでもありません。   セックスはあくまでもコミュニケーションの一つであり、しなければいけないことではないのです。

ですので、一緒に寝ているからといって男性や彼氏に対してセックスや手を出されることに期待しすぎるのはNGであり、そうした思いが自分を傷つけることにもなってしまいます。   多くのカップルは恋人と一緒に寝ることで幸せを感じたり喜びを感じたりしますが、一緒に寝ることを意識しすぎるあまり、セックスに期待して自分で自分を傷つけないようにすることが大事だといえます。

心が大事

一緒に寝ることは物理的な行為ではありますが、一緒に寝ること自体が大切なわけではありません。

一緒に寝ることでもっとも大事なのは心です。   たとえ一緒に寝ていたとしても心が離れているのであればまったく意味がありませんし、一緒に寝たとしても幸せもなにも感じられないでしょう。   一緒に寝るというのは相手との心のつながりが大事であり、一緒に寝ているという物理的な事実はそこまで重要ではありません。

もちろん、セックスなどの行為をするこど大切ではありますが、セックスにしても大事なのは心のはずです。

心と心のつながりはどんな行為のときにも核となるものであり、核を失った行為には価値がありません。

これは恋愛においては特に顕著だといえるでしょう。   一緒に寝るとどうしてもセックスや手を出されることを期待しがちですが、大切なのは心であることを常に意識し、一緒に寝ているという状態に惑わされることなく、本質的な価値に目を向けることが必要です。   逆にいえば、一緒に寝ていて一向に手を出してこないのであればお互いの距離感や関係性にどこかすれ違いがあるのかもしれませんし、関係が良好ではないことの証であるかもしれません。   一緒に寝るというのは相手の気持ちを確かめるためや、お互いの関係について考えるいいきっかけとなるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー