女性が「あ、この恋愛絶対無理だ」と思う瞬間5選
3857 Point
更新

女性が「あ、この恋愛絶対無理だ」と思う瞬間5選

恋愛は、成就する可能性があるものもあれば絶対無理なものもあります。それは努力が足りないとかそういうレベルでなく、根本的な部分で不可能なんです。今回はそう思わせられる、その恋愛を無理と思う瞬間を5つご紹介します。

無理なものは無理

Business woman doing no good sign

sunabesyou/shutterstock.com

恋愛というのは、それを成就させるための努力とかタイミング等、いろいろな要素が絡んでその成功率が導き出されます。

もっともそれがどの程度の確率なのか、具体的な数字が分かる訳ではありませんが、よく「今ならいけそう!」なんて思うことがあるんじゃないでしょうか?

それはまさしく、これまでの努力の結果だとかタイミングがバッチリかもしれない等、自分の中である程度その確率が算出されている裏付けなんです。

一定の確率を得たと本能で察知出来たことにより、先に進もうという決心が付いたんだと考えられます。

でも、そんな頑張りがあったところでどうにもならない、絶対にこの恋愛は無理と思うようなこともあったんじゃないでしょうか?

それはもう努力とかタイミング等の問題じゃなくて、もっと根本的なところから成就することは不可能であると判断したからなんだと思います。

そしてそれは、おおよそ5つの瞬間を目の当たりすることで起こってしまうようです。

今回はそれらを、その恋愛を絶対に無理だと思わせる瞬間を5つご紹介しますので、それに気付いたら早々に諦めるべきです。

「それでも!」と思う人も居るかもしれませんが、根本的なところで不可能なんですから時間のムダになるのが明白です。

可愛い彼女が居る

Young couple in love have fun i on new years eve or st valentines day

pink panda/shutterstock.com

その恋愛が無理と言うよりも、相手男性に手を出そうとすること自体が道を外れることになりますので、そもそもからして無理なものです。

もし意中の男性に彼女が居れば…それはもう、彼女が居ることにより入り込む隙間はありませんし、はっきり言ってお呼びではないと言えるでしょう。

さらにその彼女が可愛い、自分よりも容姿が上となれば、もう100%無理と考えて当たり前ですし、おおよそその考えは当たっています。

意中の男性に彼女が居て、しかもその彼女がハイスペック…そこに残るものは、絶望の二文字しかないんじゃないでしょうか?

つまり、「勝ち目がない」んですよね。

ただでさえ男性は面食い、そしてそれを満たせる女性が彼女、時間を掛けるだけムダですしさっさと次に行った方が現実的です。

でも0.01%でも確率があるなら…と考える、往生際の悪い女性も一部居るようですが、それは可能性に賭けているんじゃなくて現実が見えていないだけです。

もう一度言いますが、ライバルは「すでに好きな男性と付き合っている上に、自分より容姿レベルで優る女性」です。

もはやそこに付け入る隙なんて、ほんの僅かもないんです。

まあ理屈では分かっていても、実際諦めるとなるとなかなか踏み出せない、思い切りが必要になりますよね。

こういう場合は、素直に彼のことを忘れるように動くのが一番で、下手に思い出とするのもやめておいた方がいいでしょう。

思い出す度にあのハイスペックな彼女も同時に頭の中に現れる訳ですし、そうなると心中穏やかでなくなりますし、それに伴いイライラが募ります。

少しずつ他の男性との接点を増やしていって、記憶から追い出すように仕向けるのが無難と言えるでしょう。

これだけどうしようもない、絶対に無理だと分かっている恋愛であれば、近い将来ですっきりと忘れられるはずです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (1件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

1 名無しさん
通報

自分が隣県に転勤した頃の事です。

好意を感じていた女性は、転勤前、良く通っていた床屋さんの新人スタイリスト(同い年・当時22歳)でした。

翌月、時間を作って、髪を切ってもらうため、会いに行きました。

彼女に散髪してもらうのが、月に一度の贅沢だと感じてました。

散髪中『戻って来ないんですか?』とかなり変化球なアプローチをされました。

でも、その時は、転勤したてで、新しい環境に慣れなかったので、微妙な返事しか出来ませんでした。

その1ヶ月後、同じお店へ行ったら、彼女は、他店に異動になってました。

もちろん誰にも取られたくないので、必死に彼女を探しました。

およそ半年後、その彼女に出会ったのですが、『完全無視』されて、僕を睨み付けてました。

ちゃんと告白するつもりでしたが、まったく聞き耳持たずだったので、僕は身を退くことしました。

恋愛初心者の僕には、彼女からのアプローチがかなりの高等テクニックに感じられ、まったく受け止められませんでした。

反応が薄く、期待に沿わない返事しか出来なかったけど、僕にとっては、どれだけ月日が流れてもても、今の嫁さんよりも、いちばん大好きな女性です。

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー