アンダーヘアの処理!女子に嬉しい3つのメリット

アンダーヘアの処理!女子に嬉しい3つのメリット

2598
update

欧米ではエチケットになっているアンダーヘアの処理。最近、日本でもメディアでアンダーヘアのお手入れが注目され始めています。でも実際のところ、みんなはどしているの?気になる処理の実情と、処理をするメリットや処理方法をご紹介します。

2598
update
アンダーヘア

Albina Glisic/shutterstock.com

悩むけれど、なかなか人には聞けないのがアンダーヘアの話。世の中の女性は、処理したり整えたり、どのようにお手入れしているのでしょうか。仲の良い友達であっても聞きにくいからこそ、みんなのアンダーヘア事情をいろいろ紹介します。処理方法や処理するメリットなど、気になる情報をまとめてチェックしちゃいましょう!

アンダーヘアの処理、したほうがいい?

アンダーヘア

Re_sky/shutterstock.com

アンダーヘアは目に見える部分ではないので、日常のムダ毛処理からは外れてしまう部分です。処理した方がいいと思っても、どうしたらいいのか迷ってしまいますよね。 腕や脚と違って、全部キレイに剃ればいいというわけでもありませんし、男性目線も気になるところ。そんな疑問を解決していきましょう!

アンダーヘアってどこのことを指すの?

アンダーヘアの女性

vladee/shutterstock.com

アンダーヘアは、デリケートゾーン周辺のいわゆる「下の毛」です。 ただし、一口にアンダーヘアといっても、脱毛サロンなどで処理する場合は下記の3つのパーツに分かれています。 ・Vライン ・Iライン ・Oライン

「Vライン」 足の付け根部分のビキニラインのこと。下着から毛がはみ出てしまうなんてことがないように処理したい部分です。

「Iライン」 陰部の両サイド部分で、下着のクロッチが当たる部分です。アンダーヘアの中では、処理するのが1番難しく1番恥ずかしい部分かもしれませんね。

「Oライン」 肛門周りのことで、ヒップ奥とも呼ばれます。自分の目で見て確認しにくい場所なので、自己処理は少し難しいかもしれません。

欧米では当たり前?世界のVIO事情

アンダーヘアの世界事情

Galina Tcivina/shutterstock.com

日本でのムダ毛処理といえば、足や腕、ワキなど目に見える部分のことを指すことが多く、アンダーヘアに関しては、後回しにしてしまっている人もいるかもしれませんね。

ところが、海外でも特に欧米では、衛生面を理由にしっかりとアンダーヘアのケアをしています。アンダーヘアを全部なくす「ハイジニーナ」はもちろん、少し残したりハサミで短くカットしたりと、やり方もさまざまです。むしろ腕や脚のムダ毛は処理していなくてもアンダーヘアは忘れずケアするというパターンが多いのが実情です。欧米人の多くは体毛の色が薄く柔らかい毛質のため、黒いムダ毛が目立ってしまう日本人とは考え方が異なるのかもしれません。

日本の女子はどうしてる?

日本人女子

violetblue/shutterstock.com

日本人女性の中でVIO脱毛・処理の経験者の数は多くはありませんが、「VIO脱毛・処理」への認知度は高まっています。デリケートゾーンのケアに詳しい専門家も、衛生面からVIOの脱毛・処理をおすすめしています。 実際にVIO脱毛した人からは、生理時の不快感が軽減した、かゆみがなくなったなどと、デリケートゾーンの悩みが解決したことに満足しているので、これからはVIOをケアする人が増えてくるかもしれません。 ただし、サロンや病院で施術をした場合に満足度が高く、自己処理だと少々不満が残るようです。

アンダーヘア、男性はどう思ってる?

男性の本音

Lucky Business/shutterstock.com

男性が好むアンダーヘアは、清潔感のある自然な形が人気のようです。 男性は、下着からはみ出てしまうなど、全くお手入れしていない状態だと少し不潔な印象を持ってしまいがちです。 対して、アンダーヘアが全くないハイジニーナも少々不評、不自然な印象を受けるようです。日本男子に対しては極端なことをせず、自然な形に見られるように、ほどほどにお手入れするのがおすすめですね。下着にも収まりやすい逆三角形がナチュラルで男性ウケも良さそうです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー