アンダーヘアの処理!女子に嬉しい3つのメリット

アンダーヘアの処理!女子に嬉しい3つのメリット

自分磨き
nakagawa
nakagawa
2021.05.25

手が届きにくいところもキレイに「サロン脱毛」

お手入れイメージ

脱毛サロンでは、スタッフが処理してくれるので、VIOを始めとする自分では見えにくい部分も残さずケアできるのが嬉しいですね。

一般的な脱毛サロンでは、施術前に脱毛箇所を自己処理しておく必要があります。施術当日は、脱毛箇所にジェルを塗ります。そして光を照射し、毛根にダメージを与えることで、毛が生えてこないように促します。光の照射自体はそんなに時間が掛かりません。照射が終わると、脱毛箇所をクールダウン。サロンによっては、その後肌ケアを行ってくれるでしょう。

施術後、肌は日焼け後と似たような状態です。刺激を与えないように以下のことに気を付けましょう。 ・激しい運動、飲酒を避ける ・シャワーのみで湯船にはつからない ・たっぷり保湿する 血行が良くなるとかゆみや赤みにつながるので、体を温めない方が肌トラブルになりにくいでしょう。お手入れ当日は、肌への負担にならない下着を選ぶことも大切ですよ。

また毛には毛周期があるため、今見えているムダ毛を処理しても、新たに生えてきます。アンダーヘアの毛量を減らしたりハイジニーナにするためには、毛周期に配慮して何度か通う必要があります。

肌トラブル対応も万全「医療脱毛」

医療脱毛

脱毛クリニックで行う医療脱毛も、原理は脱毛サロンと同じ。違うのは、光の波長と強さで、医療脱毛はレーザー脱毛とも呼ばれます。強力な脱毛効果が大きな特徴で、脱毛サロンよりも短い期間で確実にムダ毛をなくすことができます。

効果が高い分、痛みを感じたりやけどなどの肌トラブルのリスクがあったりするため、レーザー脱毛器は医療機関でしか扱えません。仮に何らかの肌トラブルが起こったとしても、医療機関なのですぐに対応が可能。痛みに敏感な人は麻酔を使用できることもあるので、施術前に医療機関へ確認してみましょう。

レーザー脱毛の場合、施術回数は少なく済みますが、その分1回あたりの費用は高め。費用や通う回数などを考えて、サロンかクリニックかを選びましょう。

アンダーヘアの処理で知りたいこと

疑問

実際にアンダーヘアを処理するときに「これってどうなの?」と疑問に思うことをまとめてみました。

形はどうする?

アンダーヘア

アンダーヘアを残して処理する場合、どのような形にすればいいのでしょうか。 人気なのは、はみ出しの心配もなく自然な印象に仕上がる逆三角形。または、処理している感が少なめの、自然な形を活かしつつ長さを短く整えたナチュラル型です。どちらも自然な印象を維持したまま、アンダーヘア処理のメリットを得られます。

ヘアの長さは2~3cmが目安。男性ウケがいいのも3cmくらいの長さのようですよ。Oラインは完全に処理し、IラインはVラインからのつながりが不自然にならないように5mmほど残すのがおすすめです。

自己処理で毛がチクチクしない方法は?

グッド

アンダーヘアを自己処理すると、再び毛が伸びてきたときにチクチクしてしまうので嫌ですよね。チクチク防止には、「ヒートカッター」を使うのがおすすめです。ヒートカッターは熱線で毛先を焼き切るので、自己処理後でも毛先が丸くなり、下着の生地から飛び出ることがありません。またカッターの刃が肌に触れないので肌トラブルの心配もなく、安心して使えますよ。 ヒートカッターは、毛を焼き切るときに焦げたにおいがしたり、煙が出たりすることがあります。使用時にはしっかり換気をするようにしましょう。

アンダーヘアを整えてデリケートゾーンの悩みを解決!

水着の女性

下着からのはみ出しや見た目が気になって、アンダーヘアの処理をしたいと考える人は多いのではないでしょうか。実際に処理してみると、見た目が良くなることはもちろん、その快適さに驚きますよ。

おまけにアンダーヘアを処理することで、かゆみやニオイといったデリケートゾーンの悩みを軽減できます。お手入れしておくと、さまざまなシーンで自分に自信が持てるようになるので、チャレンジしてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事