奥二重ならではの魅力って?映えるメイク方法も紹介

奥二重ならではの魅力って?映えるメイク方法も紹介

自分磨き
nakagawa
nakagawa
2021.05.18

アイラインやアイシャドウの塗りすぎはやめよう

NGメイク

メイクにおいて、アイラインやアイシャドウは大事な要素のひとつです。やり方次第で魅力を引き出せる場合もあれば、逆効果になってしまう場合もあります。ここに挙げるのは全てNG例です。

1.二重の幅に濃くアイシャドウを入れる 目を大きく見せたいがために、アイシャドウを二重の幅いっぱいに濃く入れると、色の錯覚で、目が小さく引き締まって見えてしまいます。 細かいグラデーションをつけて魅力をアピールしましょう。

2.目尻ラインが短い 奥二重さんの場合、切れ長の瞳に見せる方が瞳全体が綺麗に見えます。 クールに見せようとして長すぎるアイラインは不自然なのでNGですが、目尻ラインが短いのもメイクのバランスが悪くなるので避けましょう。おおむね目尻から5mmほど長めがポイントです。

3.濃い黒色でラインを入れる よほど目力を強く見せたい時を除いて、奥二重さんに黒色のアイラインはおすすめしません。なぜなら奥二重さんのナチュラルな魅力が目立たなくなってしまうからです。黒色しか持っていないなら、茶色のアイラインも試してみては。

4.肌なじみの良い色のアイシャドウを塗る ホリが深い顔立ちとは言いにくい奥二重さんは、ヌーディーメイクに仕上げる場合を除けば、ベージュ、ホワイト、オレンジといった色は避けた方が無難です。アイシャドウが目立たず、かえってのっぺり見えてしまう場合があるためです。

どうしても奥二重を二重まぶたにしたいなら?

二重まぶたにしたい

奥二重ならではの良さをたくさん紹介してきたので、だんだんと自分の魅力に気づけてきたのではないでしょうか。「でもやっぱり二重になりたいの!」ーーそんな人は、これから紹介する方法を試してみて。

アイプチなどで癖づけをする

二重まぶた用シール

二重まぶたをつくる有名アイテムといえば「アイプチ」ですよね。 アイプチに代表されるツールは、織り込まれるまぶたの幅を、特殊な液体やシールなどを使って、二重まぶたを広げます。

何度も継続して使用することにより、まぶたに癖がつくので、もたついていたまぶたが持ち上がり、クッキリ二重になれる可能性があります。

蒸しタオルや指圧マッサージでむくみをとり、二重にするという方法もありますが、この方法が効果を発揮するのは、あくまで元が二重の人だけ。肌の弱い人は皮膚を傷つける恐れもあるので、注意深く行いましょう。

奥二重を武器にしちゃおう!

奥二重の女性

紹介してきたポイント以外にも、奥二重さんにはまだまだ秘められた魅力がたくさん。一見、お悩みの多い奥二重まぶたも、アイメイクなどで工夫すれば唯一無二のチャームポイントになります。

そうしてあなただけの独特の雰囲気をまとえば、他者からも魅力的に映りますし、あなた自身も自分の目元を好きになっていくはず。 正しい知識を学んだ上で様々なメイクに挑戦し、さらに魅力的な女性になりましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事