好きな人の誕生日をお祝いしたい!重くならないお祝いとは

好きな人の誕生日をお祝いしたい!重くならないお祝いとは

2827
update

年に1度しかない誕生日は誰にとっても特別な日です。好きな人の誕生日は、好きな人だけではなく好きな人のことが好きな自分にとっても大切にしたい1日ですよね。そこで今回は、好きな人の誕生日で重くならないお祝いの仕方を紹介します。

2827
update

好きな人の誕生日をお祝いしよう

Happy birthday cloud word

phloxii/shutterstock.com

カップルであれば恋人である好きな人の誕生日をお祝いすることは簡単かもしれません。

しかし付き合う前の関係、つまり片想いをしている時は「誕生日のお祝いはどうしたらいいのだろう」と悩みますよね。

男性側は基本的に、誕生日をお祝いしてもらえることは嬉しいと思ってくれます。

ただ、恋人のように豪華でおしゃれなものだと「カップルじゃないのに重い」と引いてしまう人も多いです。

好きな人が素直に喜べる誕生日にするためにはどうしたらいいのか、今回は、重くならない好きな人の誕生日のお祝いの仕方について紹介します。

好きな人の誕生日をお祝いする:まだ知り合ったばかりの場合

Mockup image of womans hands holding white mobile phone with blank screen on thigh and coffee cup in cafe

Farknot Architect/shutterstock.com

まだ知り合ったばかりの頃に好きな人の誕生日を迎えたら、デートや食事に誘ったりはせずに誕生日をお祝いするメッセージだけを送りましょう。

メッセージの内容も「誕生日おめでとう」と単文が好ましいですね。

他にもメッセージを入れたいのであれば「素敵な1日を過ごしてね」など誕生日を楽しく過ごせるような気分にさせる言葉にして下さい。

長文はいくら誕生日であっても読むのがめんどくさいと感じてしまう男性が多いですし、知り合ったばかりの頃に長文を送られるとどう返事を返していいのかわからなくなるという人もいます。

なので、誕生日をお祝いするメッセージは長文にせず、簡潔に済ませましょう。

デートや食事のお誘いがダメな理由は、まだよく知らない人と過ごすと気を遣ってしまい誕生日を楽しく過ごすことが出来なくなってしまうからです。

主役である好きな人を喜ばせたいのであれば、自分が何かをするのではなく好きな人の仲間たちにお祝いをしてもらう方が、好きな人は気心知れた人たちと過ごせるので楽しんでもらいやすいです。

好きな人の誕生日は今年だけではなく来年もあるので、来年の誕生日までに今よりももっと親しくなっておきましょう。

そうすれば、メッセージだけではないお祝いをすることが出来ますよ。

好きな人の誕生日当日に会社などで会える予定がある場合は、直接好きな人に「誕生日おめでとう」と声をかけましょう。

朝の挨拶のついでだったり、何かお願いをするときのついでなどにお祝いの言葉をかけると言いやすいですし、好きな人も受け取りやすいです。

直接声をかける場合も長話にならないように気を付けて下さい。

好きな人の誕生日をお祝いする:少し仲良くなっている場合

Cocktail on rustic wood background. Cold citrus alcohol beverage with tequila, blood juice and ginger beer, served with citrons and ice, copy space

Prostock-studio/shutterstock.com

2人で食事をすることや出掛けることがあるくらい親しい関係である場合は、好きな人を食事に誘いましょう。

この時、誕生日だからといっておしゃれなレストランやいつもとは違うちょっと高級なところに行きたくなりますが、まだ付き合っていない関係の場合は「重い」と思われてしまう可能性があるので、避けた方がいいです。

いつも行っている居酒屋や、ファミレスなどでささやかなお祝いをしましょう。

メニューが選べることで、好きな人に好きなものを選んでもらえますし、堅苦しい雰囲気にならないのでリラックスした時間を過ごせます。

近年は誕生日特典で誕生日の人には特別なデザートをつけてくれたりする居酒屋やファミレスも多いです。

なので、そのような特典のある場所を事前に調べておけば、いつもの食事とは違う特別感が出せるのでおすすめです。

そして好きな人の誕生日ということで、食事代は好きな人の分まで支払いましょう。

それを誕生日プレゼントだと伝えることで、好きな人は女性に奢ってもらっても嫌な気持ちにはなりませんし、残らないプレゼントなので受け取りやすいです。

女友達であれば自分の趣味で選んだプレゼントでも喜んでもらえますが、男性の場合は趣味が分かりにくいので、プレゼントに悩みますよね。

親しい間柄であれば「プレゼント何がいい?」と直接聞いてしまうのもアリですが、中には「欲しいものはない」という人もいます。

欲しいものはないという人に無理矢理プレゼントを渡しても、心から喜んでくれるかはわからないので無理に残るプレゼントを渡すことはありません。

どうしてもプレゼントを渡したいという人は、好きな人が普段利用している消耗品がおすすめです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー