元カノに未練アリ!?元カノと復縁を考える男性の心理・行動とあきらめさせる方法とは?

元カノに未練アリ!?元カノと復縁を考える男性の心理・行動とあきらめさせる方法とは?

カップル
moriyama
moriyama
2020.05.18

元カノに未練があるとは言い切れない男性の行動

ここでは、「よく、元カノに未練がありそう」と言われる男性の行動の中で、必ずしも未練があるとはいえない行動を紹介します。

「これって未練があるから?」と思っても、男性にとってはなんの意図もない行動だということもよくあることです。

元カノとの写真を残している

元カノとの写真をスマホに残ったままにしている行為は、必ずしも元カノに未練があるとは言えません。

確かに、元カノとの写真を大切に残している男性の中には、元カノのことが忘れられなくて削除できていない場合もあります。

しかし、ただ単に削除する機会がなく、入れたままになっているケースや、思い出としてとってあるケースも往々にしてあります。

もし、彼氏のスマホ写真を見ている際に、ちょっとした操作ミスなどで元カノの写真を見つけてしまった場合は、冷静に対処することが大切。

そもそも、元カノに未練があって写真を残している彼氏は、今カノに携帯の写真を安易に見せたりしないので、そのような行動をとる彼氏は、逆に、元カノとの写真を残しているとしても何の未練もないとも考えられます。

元カノからのプレゼントを使用している

男性の小物

元カノからもらったプレゼントを彼が使用していると、いかにも元カノに未練があるように見えてしまいますが、ただ単に物として気に入っているから使用しているケースが大半でしょう。

彼女からもらうプレゼントの定番と言えば、財布、キーケースや時計など普段使いで使用できる物です。 男性は女性よりも、物を長く大事に使用する傾向がありますし、また、プレゼントに用意される物は彼の好みにあった物が選ばれているはずでしょう。

つまり、元カノからのプレゼントは、彼にとって好きな物であり、そもそも普段使いの長く使われやすい物が選ばれているため、彼も気に入っていて、別れた後もわざわざ捨てるなどせずに使用しているのです。 実際は、捨てたり新しいものを用意したりするのが面倒で、別れた後も同じものを使っているだけというケースも多いでしょう。

元カノを忘れられない男性の心理とは

男性が元カノを忘れられないというのは、いったいどのような心理が働いているのでしょうか?

ここでは、彼女にとっては気になる、元カノに未練を持ってしまう男性の心理を紹介します。

そもそも元カノを忘れにくい生命体「男」

そもそも男性は、女性よりも元恋人に対して未練を抱きやすいと言われています。

このことを、恋愛において、女性は「上書き保存」、男性は「別名で保存」だとも呼びます。

女性は上書き保存のように、新しい彼氏ができれば前の彼氏の思い出は忘れ去られ、男性はフォルダの中にひとつひとつ別名で保存するように、いつまでも覚えているという論です。

この論理を裏付ける研究データはないようですが、生物学上、男性がより多くの女性と関係を持って遺伝子を残したいのに比べて、女性は卵子の数は決まっているため、数少ない男性にしかアプローチしないという話とも関連しそうですね。

男性はもともとより多くの女性と接触して本能的にそれぞれを覚えているのに対して、女性は複数覚えている必要がないため忘れるということも考えられます。

男性とは、そもそも元カノに限らず、さまざまな女性のことを忘れにくい生物なのかもしれません。

好きなのにフラれた現実を受け止められない

フラれた男性

元カノに未練がある人で多いのは、元カノを好きな状態で元カノから別れを切り出されて別れた場合です。

好きな気持ちを整理できていないのに、離れることになってしまったために、別れた現実を上手く受け止めきれていない心理状況である場合があります。

そのような状況のままだと、元カノを好きな自分に折り合いが付けられず、いつまでも忘れられず未練として心に残ってしまうようです。

気の知れた仲の元カノを特に忘れにくい

長年付き合っていた元カノや、共通点が多く自分をよく理解してくれていた元カノなど、元カノの中でも気の知れた間柄だった元カノを、男性は忘れにくい心理が働くようです。

この、「気の知れた仲の元カノ」に対する未練は、特に厄介だと言えます。

例えば、「長年付き合ったからこそ築き上げてきた間柄だった」と、付き合ってきた時間によって作られたお互いへの信頼関係などに未練がある場合もこのケースに当たります。

彼の中で、長年過ごした期間に対し、「あんなにずっと一緒にいれる人は今後いないかも」と未練になりやすく、ただ、今の彼女では、今すぐ長年一緒にいた時間を過ごすことはできない分だけ、彼の気持ちを切り替えさせるのに時間や、それを超える何かが必要なのです。

「気の知れた仲の元カノ」に対して未練を持っている男性に働く心理としては、「もう元カノ以上の人はいなかったのかも」と、元カノへの未練アリ組の中でも、結構重めの想いを抱えています。

元カノとの思い出を美化している場合が大半

さらに厄介なのが、元カノの思い出の補正効果により、美化されている場合が大半という点です。

元カノと付き合っていた間にももちろん、大きなケンカや「この子のこういう所が合わないんだよな・・・」と、お付き合いを考え直すような場面にも遭遇しているはずです。

また、付き合いが長くなり相手のことがわかってくるうちに、相手のイヤな所が気になることもあったはずです。

ただ、未練を抱えた男性というのは、元カノとの良かった思い出を繰り返し思い出し、そうしているうちに、元カノとの思い出はいいことばかりであり、元カノ自身もすばらしい所ばかりだったと美化されていきます。

未練を抱えている男性は、今カノと元カノを比べては、さらに元カノを美化していくので、その点厄介ですね。

男性の心理からみる元カノの存在とは

考える男性

元カノへの未練は、「好きなのにフラれたから」「気の知れた仲でもう代わりのような人には巡りあえないかも」といった、本当に元カノ本人へと向けられた未練もありますが、そもそも男性は元カノを忘れにくく、美化して忘れられなくなっている面もあるようですね。

このことから、男性にとって元カノとは、未練があるなしに関わらず、美化された理想のような女性として少なからず心に残っている存在という面がありそうです。

また、一緒に過ごした中で互いに影響し合いながら関係をつくっていった間柄なので、元カノはある意味「自分の一部」として、ふとした時に思い出す存在なのかもしれません。

踏ん切りのつけられない彼氏に対してやきもきする気持ちは痛いほどわかりますが、「元カノのことを忘れてない!」と目くじらを立てるのではなく、元カノを思い出すくらいのことは当たり前だとおおらかに構えることも大事ではないでしょうか。

終わった女性のことを自分まで気に掛けるよりも、今付き合っているのはほかならぬ自分自身であることに誇りをもちましょう。 余裕を持って彼氏に接し続けることで、彼氏に居心地のいい女だと思ってもらえるはずです。

ただ、「復縁したい」と心から思っている未練と、「元カノを思い出す」レベルとでは話が違うので、彼氏が元カノに強く未練を残している場合は、後ほど説明する対処法など対策を考えた方がよいでしょう。

元カノを引きずっている男、元カノを思い出にしている男の違い

元カノを引きずっている男性は、特徴でもあった通り、元カノの近況を何とか知ろうとしたり連絡をとろうとしたりと、相手からしたら重めだろうなという行動にはしりがちです。

一方、元カノが思い出となっている場合、元カノの写真が残っていたりしても執着のような雰囲気は感じさせず、今カノへ愛情を向けていることが多いでしょう。

彼氏がどっちなのかをはっきりと判断するのは難しいところではありますが、男性の雰囲気から違いに気づける女性は、自身の女性としての勘を頼りにしている場合が多いようです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。