コンサバの本当の意味とは?アラフォーはコンサバ系女子でモテる。
3811 Point
更新

コンサバの本当の意味とは?アラフォーはコンサバ系女子でモテる。

女性ファッション誌でよく見る「コンサバ」。本当の意味を知っている人は少ないのではないでしょうか。今回は、コンサバの意味や、アラフォー女性がコンサバ系に挑戦してほしい理由、コンサバ系ファッションについて紹介します。

雑誌で定番のファッション用語としても知られる「コンサバ」。

確かに一度は聞いたことはあるけれど、イマイチどんな意味なのか分からない人も多いのではないでしょうか?

実は、そんなコンサバは、アラフォー女性におすすめしたい、上手に取り入れることでアラフォー女性の魅力がアップするファッションスタイルでもあります。

今回は、コンサバの意味や、アラフォー女性がコンサバ系に挑戦してほしい理由、コンサバ系ファッションのコツを紹介します。

おすすめのコンサバ系コーデ例も一緒にお伝えするので、ぜひ、いつもの着こなしに取り入れてみてくださいね。

コンサバの本当の意味とは?あいまいでわかりにくい…

ハテナ 女性

Peshkova/shutterstock.com

ファッション用語としてよく目にする「コンサバ」ですが、何度意味を調べても曖昧になってしまい、よくわかっていない人も多いのではないでしょうか?

ここでは、コンサバの意味について、詳しく解説していきます。

コンサバの意味とは

コンサバは、英語のコンサバティブ(Conservative)を略したことばです。

コンサバの語源となるコンサバティブは「保守的な、控えめな」の意味があり、考え方や思考がアグレッシブではない人を指すことばでもあります。

一方、ファッションで使うコンサバは、保守的で主張の少ないエレガントなスタイルのことを指します。

実は「コンサバ」は時代とともに変化している

コンサバファッションは、流行に左右されないスタンダードなスタイルとして、多くの女性に受け入れられてきましたが、みなさんの中で意味が曖昧になりやすい原因は、時代と共にそのスタイルが変わってきているからです。

たとえば、一昔前であればコンサバと聞いて最初に頭に浮かぶのは、ふわふわのフレアスカートにタートルネックを合わせた、いわゆる女子アナのような清楚系スタイルでした。

しかし現在は、保守的で主張の少ないエレガントなコンサバのスタイルは、どちらかというとキレカジといわれるキレイめでカジュアルなファッションを連想する人が多いでしょう。

これは、「保守的で主張の少ないエレガントなスタイル」に対するイメージが変化していることが要因。

現代は女性もバリバリ働く時代で、女性が憧れる女性像も、男性と平等な関係を築けるアクティブな人へと変化しており、そのような変化が人々のイメージするコンサバの変化とも大きく関与していると思われます。

コンサバは移ろいやすい流行には左右されにくいですが、このように、大きな流れの中で人々の認識が変わると、そのスタイルに変化がでてくるのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー