ほっとさせる言葉?彼氏を安心させる振る舞い&一言5選

ほっとさせる言葉?彼氏を安心させる振る舞い&一言5選

カップル
yukino
yukino
2015.11.10

自分の興味のない話はどうしてもそっけなくなったり、反応が単調になったりするもの。

しかしあなたが自分の好きなことを話したいように、彼氏だって自分の好きなことを話したいのです。

何にでも興味を持って知ろうとする姿勢は、私生活でも重要なこと。

アンテナを張ってまわりを見回さなくても情報をくれる相手に、感謝すべきでしょう。

わからなければ素直に「え?どういうこと?詳しく教えて?」と聞いてあげましょう。

男性は教えたがりでもあるのです。

もしくは説明を聞くのが億劫だということになったら「次までに"××"って言葉の意味、ちゃんと調べてくるね!今度答え合わせして?」なんて言って逃げてしまうのも、つまらなさそうな顔して聞くよりはマシでしょう。

#5:「頑張ってたの、私見てたよ」

一言、ぽっと言ってあげるだけで報われた気持ちになるのがこの言葉。

誰にも認められない、気付いてもらえない影で汗を流すのは、とてつもなく苦しいことです。

「自分のことを見てくれている人がいる」という事実だけで、彼氏は頑張れるはずです。

そして「この人は自分の味方だ」と思ってもくれるはず。

彼氏のことが大事なら、その頑張りはきちんと見届けてあげましょう。

いかがでしたか。

彼氏のことを優しく見つめるお姉ちゃんのようなところも、彼の「ほっとする女性」でいるためには欠かせない要素なのですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)