早く結婚するのが夢!早婚のメリット・デメリット

早く結婚するのが夢!早婚のメリット・デメリット

結婚

晩婚化が進む中、早く結婚するのが夢!という女性もいると思います。今回は早婚のメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。早婚は失敗したと思っても、なかなか取り返しも難しい。ちゃんとライフプランも考えておきたいですね。

mimi
mimi
2015.11.19

結婚は早い方がお得?

早くに結婚を決めてしまった方がお得!

っていいますが、実際はメリットだけでなくデメリットも多いのが早婚です。

早くに結婚したいという気持ちだけで、早婚を選んでしまうと後で後悔することも…。

メリットとデメリットをしっかりと理解しておきたいですね。

ここでは早婚のメリット・デメリットを紹介したいと思います。

早婚のメリット

幅広い男性から相手を選べる

女性の年齢が若いというだけで、結婚相手としての需要が高いのは事実です。

こちら側が相手を選べる立場で、結婚相手を見つけることが可能です。

若いうちに出産・育児を経験できる

体力のある若いうちに、出産や育児ができるのは母親としても楽です。

自分の両親も若い年齢で祖父母になるので、子育ての協力も頼みやすいというメリットもあります。

外でお茶を飲んでいる夫婦とペット

若い奥さん・ママを堪能できる

どこに行っても、誰と会っても「若い奥さん」「若いママ」としてチヤホヤしてもらえます。

旦那さんや子供にとっても自慢の存在になれますよ。

早婚のデメリット

男を見る目が養えていない

恋愛経験も少ないまま結婚してしまうので、男を見る目が養えていない可能性が高いです。

早くに結婚したあまりに、旦那さんや父親として相応しくない男性を選んでしまう危険性も!

遊び足らなく感じる

周囲の友達が恋だ遊びだと楽しんでる中で、自分だけ疎外感を感じてしまうでしょう。

結婚生活に慣れてくると、もっと遊びたかった、もっと恋愛したかったと後悔する可能性も。

手をつないでビーチを歩く夫婦

仕事で社会復帰が難しくなる

結婚や出産を機に仕事を退職してしまう人は多いです。

落ち着いてからまた仕事をしようと思っても、充分な経験や資格もないまま、本格的な社会復帰を難しく感じることになるかもしれません。

いかがでしたか?

若いうちにしかできないことや、やりたいことがある!

という人には早婚はオススメしません。

早くに主婦業を楽しみたい!子育てを経験したい!

という人なら、早婚で得られるメリットはたくさんありますよ♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事