気になる人と好きな人の違いは?気になるが好きに変わる瞬間や自分を好きにさせる方法を紹介!

気になる人と好きな人の違いは?気になるが好きに変わる瞬間や自分を好きにさせる方法を紹介!

恋活
yuura
yuura
2020.05.16

気になる人から好きな人に変わる瞬間

ハートのシャボン玉

ここまでは、気になる人と好きな人に対する態度や感情などの違いについて、具体的な例とともにご紹介しました。

では、ここからはいざ「気になる人」から「好きな人」に変わる瞬間には、どのようなことが考えられるのかについて解説をしていきます。

自分の弱さを相手にさらけ出せたとき

男女問わず、自分の弱い部分を他人にさらけ出すことに抵抗を感じる人は少なくありません。

それもそのはずで、わざわざ他人に弱みを見せたがる人なんてなかなかいません。

しかし、目の前にいる相手があなたにとって特別な思いを感じられる人であれば話は別です。

たくさんのことを話したり、いろいろな面を見せたりするうちに「この人になら弱い自分も見せられるかも」という気持ちが芽生え、親身になって聞いてもらううちに、「この人のことが好き」という感情に変わることがよくあります。

自分の弱さを共有することはよほど大切な人にしかしませんから、その時点で相手のことを特別な存在だと認識し、それから相手のことを好きだと自覚することがあるのです。

特別な扱いをされたとき

好きだという気持ちが芽生えるときのシチュエーションとして、普段とは違う「特別扱い」をされたときが挙げられます。

たとえば、夜遅くまで仕事をしていることを心配されたり、体調を気遣ってくれたり、辛いことがあったときにそばにいてくれたりなど、他の人とは違った特別扱いを受けたとき、「気になる人」から「好きな人」へシフトする瞬間になりやすいのです。

これは「この人は私のことを大切に思ってくれているのかも」という心理が働くことが大きな理由として挙げられます。

特に女性の場合は、男性から女の子扱いをされたときに、守ってくれそうな包容力や頼もしさに惹かれ、こういった感情を抱きやすい傾向があるようです。

他の女性と仲良くしている姿をみて嫉妬したとき

自分の気持ちを自覚する瞬間として、「嫉妬」の感情を覚えたときというのが比較的多いパターンではないでしょうか。

気になる男性が他の女性と仲良くしている姿を見てしまったとき、「モテるんだな」と感じることで、相手に女性の影があるのかどうか気になり出すケースもあります。

他の女性と仲良くしている場面を見た瞬間、モヤモヤしたり、イライラしたり、落ち込んだりと感情がかき乱されるなど、こういった感情を抱いた場合には、相手のことを好きになりかけている可能性がかなり高いです。

また、相手のことを独占したいという気持ちでいっぱいになったときが、気になる人から好きな人に変わる瞬間だといえます。

ふとした瞬間にその人の顔を思い出すとき

好きかどうかを見分ける方法は、相手のことを考える時間やタイミングにも現れやすいといえます。

たとえば、仕事でうまくいかないことがあったときや落ち込んだときなどに「いま何をしているのかな」「話を聞いて欲しいけど迷惑かな」などとその男性のことがふと頭に浮かぶ場合には、相手のことをもう好きになっているのかもしれません。

私たちは落ち込んだときや悲しいことがあったときに、大切なひとに相談するなどと同じで、無意識に好きな相手を求めやすいといえます。

つまり声が聞きたい、話がしたいというような感情が芽生えやすいのです。

したがって、あなた自身が弱ったときほど相手のことが頭に浮かぶ場合、気になる人から好きな人に変わっている可能性大です。

いつもと違う様子で声をかけてくれたとき

最後に、気になる人から好きな人に変わる瞬間として、普段とのギャップに頼もしさを感じることが挙げられます。

つまり、辛いときにいつもと違った様子で彼が接してくれたとき、グッと胸に響くケースもあるのです。

たとえばあなたが落ち込んでいるとき、いつもは冗談ばかり言ってふざけている彼が真剣に話を聞いてくれたり、元気付けてくれたりすると特別な感情を抱きやすいといえます。

これは自分のことをちゃんと考え、理解したうえで行動してくれている相手の様子に「これからも一緒にいたい」という感情が生まれることもあるからです。

さらにそこから、「相手の力になりたい」「相手のことをもっと理解したい」という感情が芽生えたら「好き」だと言っていいでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事