玉の輿に乗りたい女子必見!出会いの場所や玉の輿に乗る方法
3779 Point
更新

玉の輿に乗りたい女子必見!出会いの場所や玉の輿に乗る方法

「玉の輿に乗る=ラッキー」というイメージを持つ女性は多いものです。玉の輿を目指すなら、男性の職業や年収を知っておきたいのもの。玉の輿と言われる男性の特徴、そして玉の輿に乗る方法を紹介します!

玉の輿に乗りたい人は多い!

「リッチで羨ましい・・・」 「遊んで暮らせる!」

など、

「玉の輿に乗る=ラッキー!」

というイメージを持つ人が多く見られます。

どうやったら玉の輿に乗れるのか、具体的な方法を知りたいと考えている女性もいることでしょう。 玉の輿に乗る方法は、まずは玉の輿と言われる、男性の特徴について知っておく必要があります。

今回は、玉の輿と言われる男性の職業や年収、さらに玉の輿に乗る方法について解説します。

また「玉の輿に乗ったけれど後悔していること」にも触れているため、玉の輿を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

玉の輿とは?意味や由来

玉の輿は、女性が自分よりも身分が高く、裕福な男性と結婚して幸せになるという意味で使われています。

反対に、男性が身分が高くて裕福な女性と結婚した場合は、逆玉の輿(逆玉)と呼ばれます。

玉の輿という言葉が生まれたのは江戸時代初期で、もともとは八百屋の娘であった「お玉」が将軍の側室となり、5代将軍となる徳川綱吉を生んだことが由来という説があります。

「お玉」が器量よしだったことや運が味方したことが、現代の恋愛や結婚における「玉の輿」に深くかかわっていると考えられるでしょう。

玉の輿と言われる男性の職業

Businessman flying on his private jet

oneinchpunch/shutterstock.com

医師

玉の輿と言われる男性の職業の一つに、「医師」があります。 医師と一口にいっても、内科医や外科医など専門分野によって平均年収は異なるのが特徴です。

また、勤務医か開業医かによって収入が変わってきます。

勤務医の平均年収はおよそ1,700万円であるのに対して、開業医の平均年収は2,800~4,000万円です。

どちらもサラリーマンの平均年収と比較すると圧倒的に高いですが、同じ医師であっても玉の輿レベルには差があることがわかります。

パイロット

パイロット(航空操縦士)も玉の輿と言われる職業の一つです。

パイロットは、航空会社勤務以外に警察や自衛隊などの公的機関で働く方法もあります。制服姿や世界中を飛び回るイメージに魅力を感じる女性も多いことでしょう。

また、パイロットは平均年収が高いのも特徴です。パイロットの平均年収はおよそ1,200万円で、勤続年数が長く企業の規模が大きければそのぶん平均年収が高くなります。

キャリア官僚

中央省庁に勤務している国家公務員を、一般的に官僚と呼びます。

国家公務員採用総合職試験を受験して採用された「キャリア官僚」と、国家公務員採用一般職試験を受験して採用された「ノンキャリア官僚」に区別されることも多く、平均年収にも違いがあります。

官僚自体の平均年収は530~1,390万円ですが、キャリア組で勤務年数が長くなれば年収だけでなく待遇も良くなるのが魅力です。

有名な大手企業の役員

有名な大手企業に勤めている人であれば、一般的なサラリーマンよりも平均年収が高いといえます。

さらに、役員や幹部クラスの男性であれば玉の輿認定されるだけの年収が期待できるでしょう。

役員報酬は株主総会で決められるため、平均年収をつかみにくいといえます。一般的な中小企業の年間役員報酬は、500~600万円が相場です。

有名な大手企業であれば年間役員報酬が億単位になることもあるでしょう。

弁護士や会計士

玉の輿と言われる職業ランキングの上位にランクインするのが、弁護士や会計士です。 どちらも国家資格が必要な職業で、知的なイメージを持つ女性が多く見られます。

弁護士と会計士の平均年収は、1,030~1,040万円です。

ただし、どちらも開業独立している場合は、個人によって年収の差が大きいといえます。年収300万円以下という人もいれば、1億円以上稼ぐ人もいます。

商社やベンチャー企業の経営者

玉の輿と聞いて商社マンやベンチャー企業の経営者との結婚をイメージする女性も多いことでしょう。

商社には、物流や金融などあらゆる事業を展開する「総合商社」と、専門分野に特化した事業を行う「専門商社」があります。業界全体の平均年収は1,000万円以上で、さらに大手商社であれば1,140万円ほど稼ぐケースもめずらしくありません。

また、ベンチャー企業の経営者は、会社の成長や業績によって多くの収入を得ることができます。

経営能力や実力次第で高収入も見込める職業です。 起業家の平均年収は、610~800万円というデータがありますが、経営が順調であれば1,000万円以上になる可能性も十分にあります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー