人を好きになる理由って?男性と女性でも異なる「好き」の心理

人を好きになる理由って?男性と女性でも異なる「好き」の心理

恋活

男性が女性を好きと認識するきっかけ

男性が女性を意識するきっかけ

男性はいくつかきっかけがあって、女性を好きになりがちです。 そこでここでは、男性が女性を好きと認識するのはどんな瞬間なのか、代表的な数パターンを紹介します。 自分のことを頼ってもらえた、嫉妬を感じた、別に意識しているわけではないけれども何となく相手を見ている自分に気づいたときなどが考えられます。

きっかけがわかれば、それを使って気になる異性に認識してもらえる可能性が高まります。 きっかけをつかんで、恋愛成就のチャンスをつかみましょう!

頼ってもらえて嬉しいと感じたとき

男性で自分が頼りにされていると嬉しいと感じる人は多いです。 女性に頼られて、最初のうちは素直に「うれしい」と思うかもしれません。 しかしこのうれしい感情から、「もしかするとあの人のこと好きかも?」と発展することも少なくないです。

相手が女性の場合、自分に相談したり、頼みごとをしたりするのは好意を持っているからだと男性は考えます。 好意を持っている女性が近くにいると思えば、おのずとその人が気になりだします。 相手のことが気になって仕方のない自分を認識すると、「自分も好きなのかもしれない」と思えるわけです。

他の男性といるのを見て嫉妬したとき

特定の男性の話をされたとき、嫉妬することもあります。 そこから「自分はあの人が好きだ」と認識するパターンも少なくありません。

別にどうでもいい異性であれば、嫉妬することはありません。 嫉妬するということは、自分が相手の女性に好意を持っている証拠です。

男性は好きな人は自分だけのものにしたいという独占欲を持っています。 また自分の気持ちがよくわからないのも人間というもの。 嫉妬して初めて相手のことが好きなことに気づくのは、よくあるパターンです。

無意識に見てしまっているとき

別に意識していないけれども、いつもふと気づくと相手の女性を見ていて、意識するようになるパターンも少なくないですね。

「最近いつもあの子を見ているな」

「あれっ!あの子とよく目が合うな」

こんなところから相手のことが好きになるわけです。

無意識に相手を目で追いかけているのは、その人に興味を持っている証拠。 「もっと知りたい」「もっと見ていたい」と潜在的に考えているからです。

もし特定の男性とよく目が合う、何か視線を感じるようであれば、好意を持たれているからかもしれませんよ。 気になる男性とよく目が合うのなら、恋愛に発展するチャンスですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事