【夢占い】虹の夢が意味することとその心理とは?虹を夢で見るのは何かの暗示
3142 Point
更新

【夢占い】虹の夢が意味することとその心理とは?虹を夢で見るのは何かの暗示

この記事の監修者(219件監修)

森 麻実(もり まみ)

占い師

森 麻実(もり まみ)

リヴィジョンタロットの占い師。数秘術、西洋占星術を使用し、マリーシェル占い館で鑑定を行っています。得意な相談分野は、片思い、結婚・婚活、離婚、再婚、別れ・失恋、出会い、家庭、対人、いじめ、仕事。

朝起きて記憶に残る虹の夢。夢で見る内容というのは、何かしらの意味があると言われています。その虹が意味することとその心理を夢占いでご紹介!

滅多に見れない虹を見るとテンションが上がりますよね。 夢の中で虹が現れたら、吉夢といって良いでしょう。

特に、恋愛面で嬉しいことがあるかもしれません。 しかし、シチュエーションによって吉夢にならない時もあるので、どのような意味があるのか詳しく見ていきましょう。

虹を夢で見ることは何を意味しているの?

虹を夢で見ること

LeAndr/shutterstock.com

夢で見る虹の意味は、幸せなことが舞い降りる予兆と言われます。現実で見たことのないような色の虹が出てきたり、不思議な虹があります。

どのような意味なのか確認しましょう。虹の夢は、特に恋愛面に関することが多いのが特徴です。

虹の夢が意味・暗示することを状況別に解説

虹の夢

Anna Nahabed/shutterstock.com

虹は恋愛を象徴する意味を持っています。さらに幸運との関係も深く、あなたに幸せがやってくることを意味しています。

虹の夢を見たら、恋愛面で幸せを掴み取るチャンスです。しかし、虹の色や状況により意味が大きく変わるため、注意が必要でしょう。

色がはっきりしたキレイな虹の夢の意味・暗示

色がはっきりした虹の夢は、強力なパワーのもと、あなたはあらゆる困難を乗り越える力があることを意味しています。

虹の鮮やかさが高ければ高いほど運気が強いです。 特に色がキレイな虹は、恋の成就や恋人との恋愛にまつわる運気が最高潮に達した状態と言えるでしょう。

逆に、色がぼんやりした虹の夢は、ストレスを抱えている可能性があります。運気は下降気味と言えますが、次第に運気は上がってくるでしょう。

黒色の虹の夢の意味・暗示

黒色の虹の夢は、精神的に不安定な状態であることが言えます。

黒色の虹は、直接あなたに原因がなくても、周囲のマイナスオーラにつられて、必要のない心配をしなくてはいけない状況を意味しています。

特に気持ちが疲れている時は、誘惑に惑わされるでしょう。強い意志を持って、違和感を感じる環境に入り込むのは避けるのが賢明です。

恋愛面や金銭面でトラブルが起こり、大きな失望を受けることを予兆しています。

現在、恋人がいる人は、相手との深い関わりを断つことも視野に入れると良いかもしれません。あなただけでなく、周囲の人まで巻き込む可能性があるでしょう。

白色の虹の夢の意味・暗示

夢占いでは白色は幸福を意味しますが、虹の場合は意味が変わってきます。実は、あなたは対人関係にトラブルを起こしやすい環境にいるようです。

また、東の空に現れる虹は吉夢と言われています。しかし、虹に白色が混ざっていれば、災いが潜んでいる可能性があるので注意が必要でしょう。

恋人がいる人は、三角関係や不倫、パートナーの浮気など裏切られることがあるかもしれません。

赤色の虹の夢の意味・暗示

赤色の虹の夢は、黒色や白色とは違い、あなたの願いが叶うことを意味している吉夢です。片思いの人は、恋が実る可能性が高いことを表しています。

しかし、夕立の後の赤色の虹なら、願いが叶っても、あなたが想い描いていたものとは違ってガッカリするかもしれません。結果、後悔してしまうでしょう。

この記事のライター(486件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー