いい恋ができない理由は?不幸な恋愛から抜け出すため5つのヒント

yukino

「不幸な恋」ばかりを繰り返している女性をよく見ます。不倫に走ったり、ケンカばかりしたり、騙されたり…。しかしそういう恋愛に時間を費やすために生まれてきたわけではありませんよね。今回は不幸な恋から抜け出すための5つのヒントをご紹介します。

恋をすると毎日が楽しくなる

そんなふうに言われることは多々あります。

確かに恋をしている女の子は可愛く見えたり、会社や学校に行くのが楽しくなったり、生活にハリを与えてくれるものでもあります。

しかし、

「どうしてこんなに不幸な恋ばかりなの?」

と思う人も中にはいるのではないでしょうか。

たとえば、付き合った彼氏に浮気をされたり、騙されていたり…。

今回はそういう方のために「不幸な恋」から抜け出すための5つのヒントをご紹介します。

自分自身だけでなく、もしまわりに不幸な恋ばかりしている人がいたらそっと教えてあげてくださいね。

#1:まわりの友人の助言を真摯に受け止める

もしそれが初恋なら、この助言はまず本人に受け入れてはもらえないでしょう。

一度「恋に恋している」状態になって、「恋は盲目」の状態になって、それが覚めてからこそ「恋に恋する」「盲目」の状態というのがどういうものかわかるのです。

「その彼氏とは別れたほうがいいよ」

と言ってもなかなか別れない女性いますよね。

普通であれば、まわりにそんなふうに言われるような人とは付き合いたくないと思うのが普通なはず。

「でもそういうところが好きなんだよね」

なんて言い出したら、それは完全に「盲目状態」。

もし自分が友達に「別れたほうがいいよ」と言われたときに、別れない言い訳を頭のなかで考えていたら、それは要注意ですよ。

#2:彼の気持ちを気にしすぎているならやめる

「彼にどう思われるかが怖くて」

という理由で、大切なことを言い出せない女性がいます。

たとえば、私の友人にも

「彼が嫌がるから避妊しない」

「だからピルを飲んでる」

という子もいます。

確かに夜の営みについてはデリケートな問題ですが、これについて話し合えないなんて先も短いというもの。

考えてみてください、もし家族になったら家族計画も立てられないんですよ。

そんな相手と長く続くと思いますか?

#3:本当に好きな人との間にはスリルではなく安定を求めるということに気づく

スリルは恋の調味料という言い方をされることもありますが、それはきっと本当の恋ではありません。

本当にこの人と添い遂げたいと思う相手なら、スリルを求めるよりも安定を求めるはずです。

それはただその不当な恋を正当化しているだけ。

スリルというのは背徳感のあらわれです。

つまり本当の意味での不倫。

人の道を外れた恋をしたとき、その恋を楽しむためのスパイスだと思い込むことで、自分がこの恋に対して本当のところ正しいことをしているとは思えていない現状から逃げているだけなのです。

#4:彼が好きなタイプになろうとしない

私が一度、男性に言われてとても頭にきたことをご紹介します。

私は見た目が年齢より幼く見られがちで、しかも最初から他人と打ち解けられるようなタイプではないので、最初はまわりに合わせた話をします。

そして、その男性に誘われて二人でご飯に行った際、私が最近一生懸命勉強している内容について少し話をした時でした。

「僕のタイプは物を知らなさそうで、純粋そうなタイプなんだよね。yukinoさんはそういう人だと思ってたけど、そうでもないんだね」と。

この人は、人を好きになるんじゃなくて、そういう「理想像」に恋をしているだけなんだなと、私はその時ハッとしました。

彼があなたの好きな部分を上げた時に、「それはちょっと素の自分とは違うかな…?」と感じたら、その人はあなた自身ではなくあなたの「まわりからの印象」「客観的なイメージ」を好きな可能性が高いようです。

彼のタイプになろうとして、頑張りすぎるために自分を壊してしまう。

自分のアイデンティティを見失う。

それが「もっと頑張らなきゃ」とあなたが心から思っている理想であればいいのですが、私が言われたみたいに、私自身は勉強が好きなのに「バカっぽい女の子が好き」と言われてそれに向かって頑張るのは、違いますよね。

#5:短気が引き起こす災いを知る


素直な女の子はカワイイとよく言われます。

私も記事の中で、そのようなことをよくいいます。

しかし、素直とわがままは同じではありません。

自分の感情をストレートに表現することが素直、なのではないのです。

相手に見せて良い感情、もしくは伝えるべき感情をストレートに表すことができるのが「素直」ということです。

自分と価値観の違う相手や、年下の彼氏などに対して怒る様や、もしくは自分自身を過大評価していたり、他人を見下している人が起こす短気はとてもみっともないものです。

これがあるから「その人をかつて愛していた人」は離れていくし、その人はいつまでも離れていく理由がわからないのです。

確かに月経などの理由で気が短くなることもあるでしょうが、最近はそれ用の薬も出たり、医者で処方してもらえたりするので、すぐにイライラする心のクセは直したほうが良いでしょう。

いかがでしたか。

もしひとつでも当てはまるものがあれば、きちんと直す計画を立てたほうが良さそうですよ!

「いい恋ができない理由は?不幸な恋愛から抜け出すため5つのヒント」を読んだ人に人気の記事
完璧な人間なんていません!結婚相手に妥協しても良い条件はどこ?あなたには「結婚相手の条件」はありますか?仕事だったり見た目だったり内面だったり、これからの人生を共に歩んでいくパートナーには様々な条件をつけたくなると思いますが、妥協しても問題がない部分もあるんです。結婚は他人と一緒に生活するわけですから、妥協点があると気持ちが軽くなりますよね。
アウトドア派におすすめ!婚活バスツアーで気の合う人と出会おう!婚活バスツアーってご存知ですか?その名の通り、婚活するバスツアーなのですが、これが中々楽しいんです。アウトドア派の人に是非おすすめしたい婚活でもあります。それは何故なのか、婚活バスツアーは本当に出会えるのか紹介しています。
元彼が忘れられない人へ。乗り越えるための5つの約束別れた後も、元彼が忘れられずに思い出してしまって次にすすめない。新しい人と出会っても元彼と比べてしまってツライ。そんな思いをしている人へ、「元彼が忘れられない」を乗り越えるためのポイントをご紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事