キスマークの付け方とは?簡単にキスマークを付ける方法!4つのステップとコツ

キスマークの付け方とは?簡単にキスマークを付ける方法!4つのステップとコツ

オトナの恋愛

キスマークはどこに付けるのがおすすめ?付け方も紹介

セクシーな女性

ここまでで、キスマークの上手な付け方はマスターしていると思います。さて、本番では、どこにつけるべきでしょうか。

考えることは、見えにくいところに付ける付けやすい場所を考えるの2つです。

自分の独占欲求が強い場合、あえて分かる位置に付けたくもなりますが基本はNGです。消えるまでに1週間くらいかかるため、その間ずっとパートナーに迷惑をかけてしまうかもしれません。

双方の絶対的な合意がない以上は、分からない位置に付けるのがマナーです。勝手な暴走は避けましょう。

あとは、痕が残りやすい部分にキスマークを付けるだけです。キスマークの正体は内出血ですから、皮膚が薄い部分であるほど残しやすくなっています。そこを狙って付けましょう。

見えにくいところにキスマークを付ける

キスマークを付ける場所を決める時は、まず見えないところに付けるというのが鉄則です。つまり普段は服に隠れて見えない場所です。そう考えると、付ける場所としてメジャーな首筋はリスキーであるとわかります。

おすすめとされているのが、モモの内側お尻です。どれも大変セクシーな場所ですので、まさにあなただけが独占できる場所になります。独占欲求が強い貴方も満足できます。

逆に、首筋や腕、顔といった場所は避けたほうが無難です。社会人らしいモラルを考えていくと、自然とつける場所は体の中心部分ということになるでしょう。

さらに、場所によって意味合いが変わることも注目です。お腹や腕よりも、胸や尻といったセクシーな部分のほうが、より貴方の欲求を反映しています。

皮膚の薄い場所にキスマークを付ける

最後に紹介するコツとしては、付ける場所は皮膚が薄い場所にするということです。

例えば、腕。腕は、体の外側部分の皮膚が厚くできています。そのため、ここにキスマークを付けようと頑張っても上手くいきません。逆に肘の内側や二の腕の内側の柔らかい部分であれば、皮膚が薄くてキスマークが付けやすいのです。

体の内側であれば前述の見えない部分につけるにも該当するため、その点でも安心です。腕であれば肘または二の腕の内側がおすすめです。

その他にも、腰やお腹、腰であれば皮膚が薄くて付けやすいです。太ももに付ける場合は、腕と同じく外側ではなく内側の柔らかい部分が適しています。

キスマークの正しい付け方・方法をマスターしよう!

ほほえむ女性

ここまで、正しいキスマークの付け方を紹介してきました。ここまで覚えれば、完璧なキスマークを付けることも難しくありません。

一方で、強引なキスマークが原因で嫌われてしまうこともあります。あくまでも互いの愛を確かめる大切な行為ですから、パートナーとのコミュニケーションを大切にしてください。

最後に、なるべく早くキスマークを消したい場合の消し方を紹介します。それは患部を温めることです。内出血ですから、温めて血行を良くすることで治りやすくなります。

正しいキスマークの付け方と消し方をマスターし、より濃密な恋愛を楽しんでください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事