彼氏彼女の別れの言葉35選!恋愛に刺さる一言【英韓、LINE例文も】

彼氏彼女の別れの言葉35選!恋愛に刺さる一言【英韓、LINE例文も】

カップル

この記事では、彼氏の心に響く別れの言葉を厳選してご紹介。「終わり良ければ全てよし」の言葉のように、憎しみあうことなく次の恋愛へ進むためのお役立ち集です。偉人の名言や外国人彼氏がいる女性も参考にしてくださいね。

nakagawa
nakagawa
2020.02.29

恋愛に別れはつきもの。かつて愛した人との別離は辛いものですが、「終わり良ければ全てよし」の言葉のように、美しく恋愛を終えることが次の恋の糧となります。そこで今回は、男女の心に深く突き刺さる印象的な言葉をご紹介します。

別れの言葉を考えている女性

今も男性の心に残る別れの言葉10選

男性が今も覚えている別れの言葉

失恋を経験した男性の中には、彼女からの別れの言葉を今も覚えている人がいるようです。別れの挨拶はそれほどまでに、その恋が美しく終わるか、それとも黒歴史に変わるかを決めると言っても過言ではないほど、重要な言葉です。ここでは、男性の心に残る印象的な言葉をご紹介します。

心に残る別れの言葉1.「今まで好きでいてくれてありがとう」「好きになってよかった」

円満に別れられる言葉を伝える女性

誰かにお礼の気持ちを伝える時の、最もシンプルで最上級の言葉「ありがとう」は、男性が大好きな褒め言葉でもあります。 しかし、罵り合うなどの悲惨な修羅場を迎えがちな別れの時には、場違いに感じるかもしれません。そんな場だからこそ、感謝の思いはより際立って相手へ届くものです。

女性側からすれば、傷つけられたこともあったでしょう。でも、お互いを思い合って過ごした時間や、出会った縁はかけがえのないものだったはず。 恋した時間と縁をくれた彼に、嫌だった出来事も受け入れて「今まで好きでいてくれてありがとう」「愛してくれてありがとう」と言えたなら、男性は女性をいつまでも覚えているものですし、「できた彼女だった」と後悔を抱くでしょう。それほどまでに「ありがとう」は強力な言葉なのです。

心に残る別れの言葉2..「あなたに出会えてよかった」

別れ際まで出会えたことに感謝している女性

どんな別れ方にせよ、彼と会わなければ恋も始まらなかったわけですから、出会えたことに感謝して恋を終わらせるのも良い方法です。

そんな風に言われた男性は、自分という存在が彼女には無くてはならないものだったことを改めて知るでしょう。自分が誰かの人生に影響を与えることなんて滅多にありません。ですから彼は失った恋を振り返り、美しい思い出として、いつまでもあなたを覚えているでしょう。

心に残る別れの言葉3.「あなたと過ごした時間は一生忘れないよ」

別れの時まで素晴らしい女性

仮に別れを選んだとしても、誰かの特別な存在になれたなら、誰もが嬉しく思うものです。または、自分は素敵な恋愛をしたのだと振り返ることができるでしょう。

「辛いこともあったけど、あなたへの思いは一生消えないと思う」 「あなたと過ごした時間は本当に楽しかったから、この時間はずっと覚えているよ」

もしも彼への温かな気持ちが残っていて、別れた後も相手に自分の存在を刻みつけたいなら、上の別れの言葉のように「一生忘れない」と伝えてみては?彼はきっと、少しの時間でもあなたの特別な存在になれたことに感動するはず。それは憎しみをぶつけるよりもずっと深く、相手の心にあなたが残り続ける証でもあります。

心に残る別れの言葉4.「幸せを祈っています」

「私は別れを選んでしまったけれど、あなたには他の誰よりも幸せになってほしいの」――相手の不幸を呪ってしまいそうな別れの時は、悲しみや憎しみの感情をぐっとこらえて「幸せを祈っています」と伝えましょう。

これまで傷つけられた分、ギャフンと言わせたいと思う気持ちもわかります。ですが、これから別々の道を歩こうとしている相手に今更情熱を燃やすのはナンセンス。黒い感情をそのままぶつけるのではなく、あえて相手の幸せな未来を願うのです。

「自分の幸せを差し置いてでも、相手の幸運を願うことができる素敵な女性」と印象付けるほうが、相手の恨みを買うよりもずっと建設的ですよ。

心に残る別れの言葉5.「あなたのことなんか、嫌いになれない…」

ずっと付き合っていたかったけど別れないといけなくなった女性

別れの原因の一つに「好きじゃなくなった」ことが挙げられますが、仕事の関係で一緒にいられなくなってしまったケースなど、やむを得ない状況で別れを選んだ時は「あなたのことは嫌いになれない」と別れの言葉を伝えてみましょう。

「どうしても別れなきゃいけなくなってごめん。でも、あなたのことはこれからも嫌いになれそうにないな」――そんな風に気持ちを話せば、相手は自身の性格が災いして別れることになったわけではないことを知り、ほっとするでしょう。

まだ好きなのに別れなければならない状況は、女性側も苦しいものです。ですから、別れた後はその苦しみが取り除けるものを探すことが重要になるのかもしれません。

心に残る別れの言葉6.「風邪引かないようにね。別れても元気でいてね」

別れる相手のことを気遣っている女性

「これからのあなたの活躍を祈ってる。別れても元気でいてね」 「油断すると風邪を引いちゃうあなただから、忙しくても夜はしっかり寝てね。ご飯もたくさん食べて。ずっと元気でね」

――といった風に、別れの時まで相手の健康面や体を気遣える別れの言葉を伝えられたら、彼氏はきっと温かな気持ちになるでしょう。相手を感動させることが、あなたとの恋の思い出を美しくさせるポイントです。

心に残る別れの言葉7.「絶対後悔させてやるから」

カレを突き放す彼女の言葉

「あなたとの関係はもう終わり。もっともっとキレイになって後悔させてやるんだから!」 「私を大切にしなかったことを絶対後悔させてやるからね」

これまで紹介してきた“彼に良い印象を与える別れの言葉”とは違い、別れた後も彼の気を引きとめておけます。こんな風に言われたら、彼は「もしかして次の男を捕まえたのかな」「どうして大切にしなかったのだろう」などと、付き合っていた時よりもあなたのことを気になり始めるはず。

コツは茶目っ気たっぷりに伝えること。あなたのことをよく知る彼なら、別れる瞬間まで相手に気を遣い、冗談を装って話していることを感じ取るでしょう。彼氏に気を遣っている姿も、「いい女」を演出するための大切なポイントです。

心に残る別れの言葉8.「いつかまた笑って会いたいね」

笑顔で別れる女性

「今は別々の道を歩むことになってしまったけど、いつかまた笑って会いたいね」 ――やむを得ない事情で別れることになった時、気持ち良く別れたい場面で使いたい別れの言葉です。

誰かを責めるでもなく、今までの恋愛について語るでもなく、ただお互いの将来を語っている点がポジティブさを感じさせます。そのような清々しいイメージがある一方で、別の見方をすれば、相手には復縁の余地がないということも意味しています。

こんな風に別れを告げられたら、相手も前向きな気持ちで別離を受け入れられるでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。