好きな人の前で緊張する女性の心理とは?話せないときの対処法

好きな人の前で緊張する女性の心理とは?話せないときの対処法

2852
update

好きな人の前で緊張してしまうのには理由があります。彼と上手く話せないと感じるなら、緊張する理由と対策法を確認しましょう。男性は女性の緊張に対してどう思っているのか、女性はどう対処したらいいのか紹介していきます。

2852
update

好きな人の前で緊張してしまい、上手く話せない経験ってありますよね。 でも次こそはと頑張り過ぎて、空回りしてしまう場合は少なくありません。 どうやったら彼と上手く話せるのか悩んでいるなら、緊張する心理と対策法をチェックしてみてください。

好きな人の前で緊張する女性の心理と原因は

女性

pixabay.com

好きな人の前で緊張しすぎて、まったく話ができない女性は少なくありません。 もっとたくさん話したいのに話せず、あとで落ち込んでしまいますよね。 ネガティブな感情なままだと、ますます自分に自信が持てず、上手くいかなくなる可能性があります。

まずは、なぜ好きな人の前だと緊張するのか、女性心理をチェックしましょう。 理由があることがわかれば、問題を解決できるようになります。

自分に自信がない

好きな人の前で緊張してしまうのは、自分に自信がないからです。 誰でも、好きな人には自分のいいところを見せたいもの。 普段のありのままの自分ではなく、よく見せたい思いから、彼の前で緊張してしまうのです。

また恋をしているときは、必要以上に彼を美化しがちなのも原因のひとつです。 素敵な彼に見合う自分にならなければと考えると、必要以上に緊張してしまいます。 思っている自分と違う自分を見せてしまうと、自分はどうしてダメなんだと自信がなくなり、ますます彼の前で話せなくなってしまいます。

誰だって本来、悪い部分や人に見せられないところはあるでしょう。 しかし片思いしていると、必要以上に美化しようとして、ナチュラルなあなたでいられなくなってしまうのです。

恋愛経験が少なくてドキドキする

男性との恋愛経験が少ない人ほど、彼の前で緊張する傾向があります。

家族が女ばかりで男性と関わる機会が少なかったり、恋愛経験が少なかったりすれば、男性と上手く話せないのは当然のことです。 学校が女子高で、ずっと女子とばかり過ごしていた方も同様です。 普段と違う環境は、誰でも緊張してしまいます。

また男性と接してきた経験が少ない方は、男性と何を話していいかもわかりません。 どんな会話をしていいかわからない不安から、彼の前で緊張してしまいます。 女子トークと男性との会話は中身が違うことが多く、共通の話題を見つけるのが難しく感じてしまうのです。

好きなことをバレるのが怖い

彼を好きなことを、周りや彼にバレるのが怖くて、緊張してしまう場合もあります。

とくに思春期の恋愛では、よく見られる傾向です。 思春期だと恋愛に慣れていない人が多いため、周りにバレるとからかわれてしまいます。 人に話されて恥ずかしい思いをするのではないかという不安感が、緊張を生んでしまいます。

また自分にやましい部分があるときも、好きな彼と話すと緊張する傾向があります。 彼氏がいるのに、違う彼を好きになってしまい、周りにバレたくない不安感からくるものです。 人は無意識に自分を守ろうとする行動に出るもので、誰かを好きなのが周りにバレると、自分がマズイ立場に立たされるとき緊張することがあります。

そもそも人と話すのが苦手

そもそも人と話すのが苦手だと、好きな人の前で緊張が顕著になる傾向があります。 コミュニケーション力が不足していると、人と上手く会話する術がわかりません。 好きな人の前だとさらに焦りが生じてしまい、何も話せなくなってしまうのです。

人と話すことが苦手な傾向は、自分に自信がない人に多く見られます。 周りからの評価を必要以上に気にしてしまい、自分から積極的な発言ができません。 過去に何か発言で失敗した経験や、自分の行動で周りに迷惑をかけたトラウマがあると、自分が思っているように発言できなくなってしまいます。

好きすぎて緊張する

彼への想いが強すぎるときも、必要以上に緊張する傾向があります。 「ちょっと好き」くらいの相手の前だと緊張しないのに、理想の男性を目の前にすると、何もできなかった経験がある方も多いはず。

好きすぎる気持ちは、人をパニックに陥れます。 嫌われたらどうしよう、変な女だと思われたらどうしようなど、マイナスのイメージが先行しやすいためです。 相手が理想の男性であればあるほど、「逃したくない」と焦ってしまいます。

失うものが大きければ、人は自然と不安を感じます。 失敗が許されないと感じていると、どうしても緊張が生じてしまうものです。

好きな人の前で緊張する女性に対する男性の意見は

女性

pixabay.com

好きな男性の前で緊張する女性を見ても、男性側は悪い印象をもたない場合が多いようです。 相手の気持ちに敏感な男性なら、女性が緊張していることがわかるためです。

ただし一部の男性は、自信喪失してしまう場合もあります。 女性の好きという気持ちがまったく伝わらず、逆の意味でとらえてしまう場合もあるため注意が必要です。

嫌われているのかと思う

話しかけても会話が成立しないと、男性は嫌われているのだと勘違いすることがあります。 男性の多くは、嫌いな人=無理に話すというイメージがあるからなのでしょう。

コミュニケーション力が高い女性と比べて、男性は嫌いな人に無理に笑顔をつくったりしません。 自分が相手に対しそうなのだから、相手の女性からそっけない態度をされたら、嫌われていると勘違いしてしまうことがあります。

相手の気持ちに敏感な男性ほど、女性の緊張感が伝わり、嫌われているのかな?と勘違いするようです。 男性は相手の深層心理まで読み取る力はなく、ただ緊張だけが伝わってしまいます。 彼女が緊張しているのは好きだからですが、そこまで男性は気持ちを読み取る力がなく、表面的な部分で勘違いしてしまうようです。

正直緊張しているかどうかわからない

そもそも男性の多くは、女性に比べて相手の気持ちを読み取る力が高くありません。 相手が緊張して話しかけてきても、男性の多くは気がつきもしないのです。

女性から緊張していると言われて、はじめて緊張していたことがわかる男性も。 とくに人に興味がない男性や、感情を読み取る力が弱い鈍感な男性だと、女性の緊張する様子さえ気がついていない場合があります。

男性によっては、「おとなしい人なのかな?」と思っている場合もあります。 普段から物静かで、自分から積極的に話しをしないタイプだと認識しているケースもあるようです。

男慣れしていないピュアな子

男性の中には、好きな人の前で緊張する女性に対し、ピュアな子という印象を持つ人もいます。 あきらかに緊張している場合や、男性と話すときだけ挙動不審になってしまう場合、男性は相手の女性のことを純粋な子だと考える場合があるようです。

男性にとってピュアな女性は「守ってあげたい」と感じる対象です。 普段は人とスムーズに話す女性でも、男性の前だけ緊張していれば、好印象を与える場合も。 好印象を持たれる女性の場合は、無理して男性と話そうとしなくてOKです。

ガツガツしている女性より、おとなしく男性を立てるタイプの女性を好む人に、好かれやすい傾向があります。 相手の男性が癒し系を好きなら、彼と緊張して話せなくても、好印象の可能性が高いです。

好きな人の前で緊張したときの動作・行動

見つめる女性

pixabay.com

自分が好きな人の前で緊張しているのかわからない方は、次に紹介する行動がないかチェックしましょう。 早口、手足の震え、上手く話せない症状があったら、あなたは緊張している証拠です。 彼のことを好きなのかわかりにくい方は、自分の対応で確認してみてください。

早口

女性は、緊張した人の前では、早口になる傾向があります。 沈黙が怖い場合や、自分が不安がっている様子を見せたくないときに、次々と言葉を投げかけようとします。

特定の男性と話すとき、自分だけが話している場合は注意が必要です。 相手の気持ちを読み取る余裕がなくなっています。 会話のキャッチボールをする余裕がなく、一人で一方的に話しかけるのが特徴です。

彼と話すと、自分のどうでもいいことを話してしまう方や、聞かれてもいないことをベラベラ話してしまう方は、彼が好きで緊張してしまうのでしょう。 あとで思い返してみて、彼に余計なことばかり話してしまったと、後悔する方も少なくありません。

手足や声の震え

手や声が震えてしまうのも、緊張のあらわれです。 好きな人の前になると、心臓がどきどきしてしまい、交感神経が高まってしまうためです。

好きな人の前で手足が震えたり、声が震えたりしたら恥ずかしいと感じるはずです。 本来なら自分でも止めたいはずなのに、気持ちが先走り、体の動きにまで影響が出てしまいます。

体や声の震えは自分でもわかりやすく、止めたいですよね。 しかし緊張がピークに達してしまうと、自分でも制御できなくなってしまうのです。 また緊張しすぎてしまうと、夢中のあまり自分では気がつかず、あとで周りの人からプルプルしていたと言われて気がつくケースもあります。

上手く話せない

好きな彼の前では、上手く話せなくなるのも特徴です。 普段なら頭で整理しながら会話を進めていくのですが、好きすぎる彼の前だと、頭が真っ白になってしまいます。

あとで思い返してみると、話のつじつまが合っていなかったり、自分の話ではなかったりします。 本人は嘘をつくつもりがないのに、会話を組み立てる力を失い、メチャメチャな話しになってしまうのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー