彼女欲しいと言われた!男性の心理や彼女ができない男性の特徴を徹底解説
2228 Point
更新

彼女欲しいと言われた!男性の心理や彼女ができない男性の特徴を徹底解説

彼女が欲しいとアピールしている男性の心理って気になりますよね。誰でもいいのか、好きな人にアピールしているのか…。SNSで彼女欲しいと発信している彼や、2人でいる時に彼女欲しいと言ってくる彼の本音を解析していきます。

彼女欲しいという男性のアピール

花束を持つ男性

ShutterStock.com

『草食系男子』という単語が世にでて以来、『肉食系男子』『ロールキャベツ系男子』など『○○系男子』という分類はメジャーになりました。

『絶食系男子』など女性に興味のない男性も珍しくなくなった時代ですが、彼女欲しいとアピールしている男性は意外にも多いものです。

結婚への焦りを抱いている彼や、恋人への憧れを抱いている彼の「彼女欲しい」アピールについて探っていきましょう。

SNSで目立つ彼女欲しいアピール

SNSで彼女欲しいと発信するのは草食系男子に多い印象です。 彼女が欲しいと思っているけれど、自分から行動にうつすのは恥ずかしいといった思いが根底にあります。

そのためTwitterでつぶやいてみたり、LINEやInstagramでタイムライン投稿してみたりするのです。 場合によってはその投稿を見た友人からの紹介してもらえることもあります。

彼女は欲しいけど合コンのハードルは高くて厳しいという男性にとって、SNSを使った彼女欲しいアピールをすることが精一杯なのかも知れません。

直接的に「彼女が欲しい」という投稿だけでなく、「隣に誰かいてくれたらなぁ」などの投稿も彼女欲しいアピールに当てはめることができます。

出会いにつながることもある

SNSに限らず友人とのおしゃべりの場でも、彼女が欲しいとアピールしておくことで出会いにつながる可能性は格段にあがります。

個人の趣味を投稿しているSNSに彼女が欲しいとアピールしておくと、同じ趣味の仲間が恋愛感情をもって接してくれるかも知れません。

彼女が欲しいと発信したうえで、自分の魅力も一緒に発信しておくと、共通の友人から運命の出会いへの発展なんかもあり得ます。

軽く連絡先を交換しただけの相手から、恋愛対象に昇格する可能性もあるのです。 何も言わなくてもわかってもらえる、という人間関係はあまりありません。

欲しいものは欲しいと口に出しておいた方が、手に入る確率は格段にあがるのです。

アピールしすぎは嫌われることもある

本当のところ、女性は彼女欲しいアピールをする男性を好みません。 なぜなら「彼女欲しい」の前に『誰でもいいから』とついている印象しか与えないからです。

女性はパートナーの特別でありたい生き物です。 男性も「誰でもいいから彼氏欲しいな」と言っている女性を、人生のパートナー候補にしないでしょう。

女性が口にしたときは、トキメキを求めている程度に受け取ってもらえる発言でも、男性が口にすると誰でもいいと誤解される可能性があるため気をつけましょう。

特に気になる女性がいるときには、安易な彼女欲しいアピールには要注意です。 「こんな彼女がいたら幸せだろうなぁ」などと、誰でも良いわけではないことを強調しておかないと、恋愛対象外になっている場合があるので気をつけましょう。

中学生や高校生もSNSでアピールする時代

2018年の内閣府が発表した小学生から高校生までの青少年を対象とした調査結果では、インターネット利用率は82.5%と出ています。

中学生・高校生の利用状況の上位はコミュニケーションで80%前後。 SNSを利用した恋愛事情は、中高生の方が進んでいるかも知れません。

リビングにある電話で、親の目を盗んで、失礼にあたらない時間に相手の親が出るかも知れない恐怖と闘いながら電話することは都市伝説のようなものです。

多感な青少年期において、自分にわかりやすい愛情を注いでくれるパートナーを求めるのは自然なことでしょう。

言葉にするのは少し恥ずかしくても、LINEのスタンプでなら気軽に好きだと伝えることも出来ます。 加えて意中の相手を友人同士で共有している学生時代だと、好き同士がくっつくきっかけにもなりやすいものです。

彼女欲しいのに彼女ができない男性の特徴

彼女できない男性の特徴

pixels.com

彼女が欲しいと嘆くばかりの男性には多くの共通点があります。 誤解をうけがちですが、女性の多くは顔立ちやスタイルに強くこだわりません。

もちろん内面的な好感度が一緒であればイケメンが有利ですが、男性よりも外的理想は低いと言えます。 彼女が出来ない男性の多くは、そんな女性の心理を見抜けていないのです。

見た目を気にしていない

男は中身で勝負!と意気込んで、見た目をおろそかにしていませんか。 人の印象は55%見た目で決まり、第一印象でその人のイメージは90%決まるとも言われています。

しかも主な第一印象は出会って15秒で決まってしまうのです。 中身はもちろん大事ですが、大なり小なり見た目に中身は現れてしまいます。

大事な決め手は清潔感です。 どんなにイケメンでも悪臭がひどく身だしなみがだらしなければモテません。

自堕落な生活をありのままの受け入れて欲しくても、最初から受け入れてくれる女性はいないでしょう。 彼女が欲しいと思うならば、相手に好かれる努力をひとつ行ってみてはいかがでしょうか。

眉毛やヒゲを整え、美容院などで自分に似合う髪型をプロデュースしてもらうだけで、女性からの印象が格段にあがることは間違いありません。

自分から積極的に行動できない

世にいう草食系男子に限らず、自分に自信がないゆえに積極的に行動できない男性が多いものです。 初めての恋愛で関係性の変化をおそれて消極的な人もいますが、過去の経験から積極的になれない人もいるかもしれません。

だからと言って何も行動せずに彼女が出来ることは難しいもの。 相手から行動してもらうにしても、自分を好きになってもらわなければいけないのです。

告白などの決定的な行為は難しくても、笑顔で挨拶をするだけでも好感度をあげることはできるので、出来る範囲で積極的に実践してみましょう。

理想が高い

人生において夢や目標があることと同じく、理想を抱くことは大切です。 しかし、高い理想だけを追い求めれば世界は狭くなります

特に彼女が欲しいというならば、理想を持つこと自体オススメしません。 全てが理想通りの人間などいないのです。

彼女という関係に限らず人に対しての理想は、ワガママである可能性も高いものです。 特に男性向け恋愛シミュレーションゲームで見かけるような女の子はなかなかいません。

もちろんリセットやチェンジもできないでしょう。 いつもどんな時でも優しい女性はいないため、「優しい系女子」「ワガママ系女子」「合わせる系女子」など、こだわりの輪郭をぼかすことで世界を広げてみてはいかがでしょうか。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー