彼女欲しいと言われた!男性の心理や彼女ができない男性の特徴を徹底解説

彼女欲しいと言われた!男性の心理や彼女ができない男性の特徴を徹底解説

恋活

「彼女欲しい」と言う男性の心理

彼女欲しい男性の心理

彼女欲しいと思う男性の心理は、彼氏欲しいと思う女性の心理と近いでしょう。 1人が寂しいのです。

ただし、「彼女が欲しい」と口に出す場合はさまざまなパターンがあります。 どんな状況でアピールしているかによって心理状態もことなるので、例をあげて確認していきましょう。

自分がフリーであるアピール

自分がフリーであるというアピールを込めて「彼女欲しい」と発信している男性も少なくありません。 SNSや友人同士の会話上だと「自分は今フリーだから誰か紹介して欲しい」といった心理が見え隠れします。

周りの人間に好かれていなければ効果は低いですが、良い人認定されていれば出会いが増えるきっかけになります。

合コンなどの飲み会の席や女間の会話だけでなく、2人きりでいる時に「彼女欲しい」と発信しているのであれば、「自分フリーですがいかがですか」といった直接的なアピールかも知れません。

少しでも興味のある相手なら、会話を掘り下げてお付き合いも考えてみてはいかがでしょうか。

告白を待っている

自分から告白できない男性が告白を待っている時も、彼女が欲しいとアピールしがちです。 特定の相手の前で「彼女欲しい」と何度も口にしているのであれば、「あなたと付き合いたい」という心理からの発言でしょう。

自分から告白する勇気はないけれど、自分の意中の相手に恋愛対象として認識してもらいたいという思いもあるでしょう。

あわよくば相手が立候補してくれないかという思い彼女欲しい発言につながっていることも考えられます。 「〇〇さんみたいな彼女がいれば最高だろうな」と言えるようになれば、告白される可能性もあがることでしょう。

いい子がいないか情報を探している

不特定多数に向けた彼女欲しい発信は、誰かの紹介を期待しているパターンが多いでしょう。 自分の身近に恋愛対象がいないけれど、いい子がいないか探している場合は周囲の友人から輪を広げてもらう必要があります。

特定の想い人がいないけれど想いあえる相手を探していているときの「彼女欲しい」は、「ひとりが寂しい」という心理や、『恋愛への憧れ』といった心理が強くはたらいている場合です。

知人・友人がつぶやいていたら、彼の新しい1歩を応援してあげてもいいかも知れません。

結婚を焦りだしている

30代、40代の彼女欲しい発言は、結婚を意識する必要があるときもあります。 責任ある仕事も任されるようになり充実したライフワークのなか、ふとプライベートの寂しさがこたえる場面があるのでしょう。

人生設計の土台が出来てきたころの「彼女欲しい」は、「結婚したい」「家庭を持ちたい」「少ない人生を共に歩めるパートナーが欲しい」といった深層心理を抱く人が多いです。

恋がしたいトキメキが欲しいといった思いではなく、結婚を意識したパートナーを探している男性は、好きな人ではなく彼女が欲しいといった発想になります。

恋愛と結婚は別物だという見解もありますから、交際相手としては悪くない条件かも知れません。 もちろん30代以上の男性のなかにも「生涯独身!結婚しなくていいけど彼女は欲しい」といった方もいますので、見極めは肝心です。

彼氏がいるかどうか探ってきている

2人きりの時や、特定の相手といる時に「彼女欲しい」という男性のなかには、「相手のプライベートを探っている」場合もあります。 彼氏がいるか聞きづらいから、オウム返しに期待しているのです。

「私も彼氏欲しい」と返ってくれば彼氏がいないことがわかりますし、「どんな彼女が欲しいのか」など返ってくれば会話のきっかけにもなります。

彼女欲しいと口にする男性の多くは、自分から告白するという1歩が踏み出せず、相手に正しく好意を伝えることに慣れていません。

そのため、女性には少しわかりづらい遠回しなアピールになりがちです。 2人きりの彼女欲しいアピールは、相手にパートナーがいるか確認しつつ自分に可能性があるのか探っているのです。

恋人と過ごすイベントに間に合わせたい

恋人と過ごすイベント

過去に恋人とクリスマスや誕生日、バレンタインや長期休暇などを過ごした人にとって、ひとりで過ごすイベントは少し寂しいものかも知れません。

周りの友人が相次いで恋人を作ったとき、急にひとりぼっちになってしまって慌てる人も多いのではないでしょうか。

右も左もカップルで行き交うイルミネーションや、話題のお店のカップル特典などなど恋人が楽しめるように工夫されたイベント時に「彼女欲しい」と思う人は少なくありません。

そんな男性は「イベントを楽しみたい」「彼女という存在と楽しんでみたい」という気持ちが強いことが多いので、デートにも力を注いでくれます。

「あなたの彼女になったら、どんなクリスマスが過ごせるのかな?」ど彼の好みや行動を聞いてみて、好みが近ければ一緒に過ごしてみてはいかがでしょうか。

仕事が辛い

人生を楽しんでいる人には恋人や家族、ペットなど自分の相棒ともいえる存在があります。 社会に出ると家族や友人と離れる人は多く、自分の存在意義を感じる場所が仕事になる人も少なくありません。

そんな人にとって仕事が辛くなってしまったとき、「励ましてくれる人を求めて」「自分を認めてくれる人を求めて」彼女が欲しくなることは自然なことでしょう。

自信をなくしている時に同性の友人から慰められても、励ましを素直に受け止められない人は多いのではないでしょうか。

そんな時に、異性からの優しい言葉や励ましを求めてしまうものです。 仕事が辛くなった人は、往々にして無力感におそわれています。

解決策を探すよりまず、頑張っている彼に「頑張っているね」と声をかけて認めて応援してあげましょう。

1人でいるのが寂しい

とにかく1人が寂しいときってありませんか。 誰かを頼ったり頼られたりする関係を求めている時にも、「彼女欲しい」と発信しがちです。

誰しもが必ずそうであるとは限りませんが、生きていくうえで誰かの支えは必要です。 美味しいものを食べたときや感動する景色を見たときなど、誰かと共有・共感したい気持ちになる人は多いのではないでしょうか。

SNSでそうした気持ちを手軽に埋めることも出来ますが、顔が見えないもの寂しさはぬぐえないかも知れません。

誰かに必要とされたい思いを抱えて1人が寂しくなっている男性には、簡単なお願い事をして「あなたがいてくれて助かった」という気持ちを伝えてあげましょう。

周囲からのプレッシャーが辛い

まわりの友人に彼女ができるなど、急に少数派になってしまった時の周囲からのプレッシャーから彼女欲しいと思う人も少なくありません。

友人と遊んでいた休日も、相手に彼女ができてしまえば付き合いも悪くなり、もてあますようになってしまいます。

ましてや友人が順調な交際をしていると「お前も彼女つくれよ」なんてプレッシャーをかけられることもあります。

結婚を意識する年齢になれば、友人からだけでなく親兄弟や親せきからもプレッシャーとかけられる人も多いのではないでしょうか。

彼女がいたら楽しいのかもしれないという思いも手伝って、「彼女欲しい」と言っている彼には、交際が楽しいものだと具体的に話してみるのおすすめです。

体が寂しい

本能として備わっている人間の三大欲求の1つが性欲です。 「彼女欲しい」という発言イコール体のつながりを求める心理の男性は少なくありません。

女性にとっても体が寂しいという感覚は無縁ではありません。 性欲の処理が目的のように感じてしまうと、女性にとっては嫌悪の対象ともなりえますが、相手の体温を感じたいといった思いであれば、通ずるものはあります。

体の相性が大事という人も多くいるように、体が満たされることで心も満たされることもあります。 「1人の夜が寂しい」といった彼の発言も、性欲処理目的ではなく、ありのままの自分で過ごせる相手が欲しいという心理かも知れません。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事