LINEから好意や男性心理を見抜くには?返信を早くもらうコツも紹介

LINEから好意や男性心理を見抜くには?返信を早くもらうコツも紹介

恋活
sawada
sawada
2020.04.04

LINEの返信は遅いけど返ってくる男性心理

スマホをいじる男性

「LINEをするとすぐに既読がつくのに、返信はいつも数時間後」 「なぜか2日も3日も経ってから返事がくる」

男性からのリアクションがこんな調子だと、なぜすぐに返事をくれないのか、自分のことをどう思っているのかが気になりますよね。

ここでは、「LINEの返信が遅い男性の心理」について解説していきます。

そもそもマメでなくスマホもあまり触らない

まず考えられるのは、彼が頻繁にスマホを触るタイプではないということです。 仕事中はスマホ持ち込み不可、スマホを見るのは通勤中くらいという人も存在します。 そんな男性からの返信が遅いのは、致し方ないことでしょう。

また、そもそも性格がマメではなく、単にめんどうくさがっている可能性もあります。 こういった性格は簡単に変わるものではありません。 返信が遅いことを問いただしても、相手からすれば余計めんどうに感じるだけですので、「これが彼のペースなんだ」と思っておおらかに接するといいでしょう。

返信内容に困っている(なんて返せばいいか分からない)

返信したいもののどんな返事をすればいいのかが分からず、既読スルーしてしまっている、という状態です。

「ドーナツ食べたい!」 「定期が切れるけど買いにいくのめんどう」

など、これといって内容のないメッセージを送っているなら、彼が困っている可能性は大いにあります。 合理的な男性ほど、こういったさして内容のないやりとりの意味がわからず、返信内容に悩んでしまうものなのです。

忙しかった

男性は2つのことを同時にこなすのが苦手な人が多いもの。 そのため、仕事が忙しいときや趣味に打ち込んでいるときは、目の前のことにだけ夢中になる傾向があります。

そんなとき、LINEの返信は頭の片隅にもなく、ついつい返信が遅くなってしまう、というわけです。 悪気があって返信が遅くなっているわけではないので、「たまたま相手が忙しいタイミングでメッセージを送ってしまっただけ」とあきらめましょう。

1つのことに夢中になりがちな男性にもし緊急の連絡をするときは、電話がおすすめです。

わざと遅らせ駆け引きしている

あなたの気を引くためにわざと返信を遅らせている、というケースです。 既読がついているのにリアクションがないと、

「なんで返事がないんだろう?」 「嫌われたのかな?」

などと考えますよね。 そうやってあなたの感情を揺さぶり、あなたの中で自分の存在を大きくすることこそが彼の狙いなのです。

逆にいえば、駆け引きをしてあなたを振り向かせたい、自分を好きにさせたいという気持ちがあるゆえの行動ともいえます。

男性からのLINEの返信を早める方法

スマホと男性

気になる相手にLINEを送ったら、できれば早めに返信がほしいですよね。 実は、ちょっとした工夫をするだけで、相手からの返信の確率やスピードをアップすることができます。

男性からLINEの返信をもらう方法についてご紹介します。

女性特有の“内容のない”LINEをやめる

あなたは男性にどんな内容のLINEを送っていますか?

「お腹すいた」 「宅配便が来ない」

など、まるで独り言のような内容のないLINEばかり送っているのであれば、内容を改めてみましょう。 多くの男性は、内容のないLINEにどんなリアクションをしていいのかわからず、返事が遅くなったり、放置してしまったりします。 具体的には、「カレーに入れる肉、牛肉と豚肉どっちがいいと思う?」など、質問をからめて送ると返信率や返信スピードのアップが望めます。

また、あいさつのスタンプを送ってから文字で用件を送ると、スタンプだけのLINEだと勘違いされスルーされてしまうことも。男性にLINEを送るときは、最初に用件から伝えるようにしましょう。

思わずツッコみたくなる面白い内容やスタンプ

LINEの内容を思わずリアクションしたくなる内容にするのもいい方法です。 街で見かけた話題のお店や、インターネットで話題になっているおもしろいツイートなどを送ってみましょう。 スタンプを使うときは、かわいいだけのものでなく、笑いを狙えるものも取り入れてみて。 LINEのクリエイターズマーケットには、ユーモアたっぷりのスタンプがたくさんラインナップされています。

たとえば「田中専用スタンプ」など彼の名前が入ったスタンプをいきなり送って、びっくりさせるのもいいですね。 LINEでの会話を続けるには、ちょっとした工夫も大切です。

お誘いの内容をLINEする

「新しいカフェがオープンしたから一緒に行ってみない?」など、具体的なお誘いLINEは、すぐに返信をもらえる確率が高いといえます。 出かけるとなれば、予定を聞いてスケジュールを合わせたり、お店の情報を共有したりといった事前の打ち合わせが欠かせません。

マメではない男性でも、具体的で中身のあるやりとりには積極的になってくれる可能性が高いでしょう。

あなたの好意が分かる内容をLINEする

あなた自身が彼にとっての「その他大勢」から抜け出すことができれば、あなたとのLINEの優先順位はぐっと上昇します。 女性から好意を寄せられているとわかれば、ほとんどの男性はメッセージを無視できなくなるでしょう。

  • 「会いたいな」と送る
  • 文章にさりげなく絵文字のハートマークをつける
  • ハートがモチーフのスタンプを送る

 

こんなふうにLINEの機能をフルに使って、好意を持っていることをアピールしてみてはいかがでしょうか。

LINEでのやりとりを経て、お互いに特別な存在になれればいいですよね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。