好きなタイプを聞かれた時の答え方は?上手い返し・模範解答を紹介!

好きなタイプを聞かれた時の答え方は?上手い返し・模範解答を紹介!

恋活

合コンや飲み会などで「好きなタイプは?」と質問されることが多いもの。この質問をされたときに答え方を工夫したほうがいいでしょう。相手が聞いたらどう思うかという視点が必要です。

合コンなどで初対面の男性に「好きなタイプは?」と聞かれたことはありませんか? この質問の答えに困ってしまう女性は結構多いようです。

このときの答え方で男性は好感を持ってくれたり、「自分はないな」とあきらめたりしがちです。 どのように対応すればいいのか、スマートに対処できればいいなと思いませんか?

そこで、ここでは好きなタイプを聞いてくる男性の心理やどんな答えが理想的なのかについて紹介します。 答えに詰まった苦い経験を持っている人は、今後、聞かれたときの対応の参考にしてみてくださいね。

好きなタイプは?と聞かれて返答に困った経験はある?

好きなタイプを聞かれて困る

「好きなタイプは?」と合コンをはじめとした飲み会で、男女が知り合った初期段階で聞かれるフレーズです。この質問を聞かれると意外と答えに困ってしまいますよね。

無難な答えといわれているのは、優しい人や面白い人かもしれません。 しかし、もし気になる男性がその中にいれば、ちょっとありきたりすぎてアピール不足になりかねません。

また一方で、抽象的な言い方は好意のない男性に「自分にチャンスがある」と誤解を招きかねません。

具体的に言いすぎてしまうと「自分はないな」と男性をあきらめさせてしまう可能性があり、「あれこれ要望を言い過ぎ」とマイナスの印象を与えかねないでしょう。

メジャーな質問フレーズなのですが、答えるのが難しいと感じている女性は多いのです。 急に振られると言葉が出てこないかもしれないので、あらかじめ準備しておくのがおすすめです。

好きなタイプは?と女性に聞く男性心理とは

好きなタイプを聞く男性心理

合コンのときに「好きなタイプは?」と聞いてくる男性は結構多いもの。 何気に聞いているようなイメージがあるかもしれませんが、実はこの質問には男性の心理が隠されているんです。

なぜ、好きなタイプを聞いてくるのか、その男性心理について詳しく見てみましょう。

気になっているから

好きな人のタイプの男性心理として大きいのは女性に興味があるからです。 関心のない女性に好きなタイプを聞く必要はないでしょう。

ただし、この質問をしてくる男性の心理は、それほどまだ好意は高まっていません。 ただ単に興味がある、気になっているレベルと考えましょう。

女性の答え次第で、今後どうするか対応も変わってきます。 ただし、「気があるかもしれない」と思って、相手との距離を詰めていった方がいいかもしれませんね。

もし、その男性に興味がなければ、その男性とは違ったタイプをあげると「自分は無理」と思わせ、あきらめさせることも可能です。

相手の理想に自分が当てはまっているか知りたい

理想のタイプを聞くのは、自分が恋愛対象になっているかどうか確認したいからという男性心理も関係しています。

たとえ自分が好きになっても、相手にとって理想のタイプがあればこの恋は実りません。 あとになって無理と気が付くよりは、最初から女性のタイプを知って深追いしないようにしているわけです。

男性はプライドの高い生き物です。 告白してフラれることを怖がっている人も多いです。

最初に好きなタイプを聞いておくことで、女性が自分に興味がなければ好きになる前にあきらめることもできるわけです。

盛り上がる話題だから

合コンで「好きなタイプは?」という質問はしばしばなされます。 これは話題を作って盛り上げるためという目的も含まれます。

合コンで出会って間もない男女は共通の話題に乏しいでしょう。 そこで、話を盛り上げるために、定番の話題を振っているわけです。

合コンの定番の質問はいくつかあります。 「好きなタイプは?」のほかにも「血液型は?」「星座は?」もよく聞かれる質問フレーズですね。

話題が尽きたときに、この質問をして場を盛り上げようという男性の意識も関係しています。

好きなタイプを答えるときのポイント

好き

好きなタイプは合コンなど男女の出会いの場では定番の質問です。 ところが質問された側は、どう答えていいか困ってしまうパターンは珍しくないです。

そこで、この質問に対して、どのように答えればいいかポイントをいくつか紹介します。 ポイントを押さえれば、この質問の答えを聞いた男性は少なくとも悪い印象を抱かないでしょう。

理想が高すぎると思われないように

重要なのは、高望みに思われるような答えをしないことです。 もし、現実世界であまりいない男性像を答えてしまうと、「自分じゃ無理」とあきらめかねないからです。

また、「理想が高すぎる」とマイナスイメージを男性に植え付けてしまいます。 自分の中に理想の彼氏はいるかもしれませんが、高望みはガールズトークでしましょう。

特に、その場のメンバーの中に気になる彼がいれば、自分の理想をストレートに伝えるのは控えるべきです。 おすすめなのは、ざっくりと答えることです。

「頼れる人」「面白い人」など多くの男性が当てはまりそうな答えを用意することです。 そうすれば相手も納得してくれますし、「これならアプローチをかけても大丈夫かも」と思わせることもできます。

内面の好みで伝える

もし、好意ある人がいて「好きなタイプは?」と質問されたら、内面について具体的に答えるのがおすすめです。

気になっている男性がいるとき、ざっくりしたありきたりな答えは男性の印象に残らないからです。

外見は、なかなか自分で変えるのは難しいです。 しかし、内面であれば、今後の努力次第で女性の理想に近づけることも可能で、「自分にチャンスがある」と思わせることもできます。

ちなみにどうしても内面での答えが思い浮かばず外見で答えたいと思うのであれば、無難なチョイスをしましょう。

具体的には「メガネの似合う人」「黒髪の人」などであれば、多くの男性に当てはまるでしょう。 内面や所作を答えると「この女性は見た目だけで判断しないな」と好感を持たれやすいです。

合コンならネタ回答もOK

合コンなどたくさんの人の集まるところで「好きなタイプは?」と聞かれたら、あえて真面目に答えないのもありです。

ネタ的な答えを用意することで、その場を盛り上げられるからです。 男性から「ノリのいい女性だな」と好印象を抱かせられます。

たとえば「噛めば噛むほど味の出るスルメのような人」「いぶし銀のように渋い人」のような答えは、年上男性との飲み会では有効かもしれませんね。

また、見た目重視なら、少しひねりを加えてみる方法もおすすめです。 もし社会人になってから飲み会に出席したのであれば「学生時代にモテた人」のような感じです。

ストレートに外見のいい人と言われるよりも「学生時代」と一言加えるだけで、嫌みの度合いはだいぶ薄まります。

場を盛り上げたければ、「幼稚園時代」「小学生時代」のように、昔モテたという風にボケる方法もあるでしょう。

相手に合わせたタイプで答えるのもアリ

もし好きな男性がその場にいて「好きなタイプは?」と質問されたら、その男性に合わせて答える方法もあります。

その男性はどんどん自分が当てはまるので、「もしかしたら自分に気があるかも」と思わせることもできます。

肉食女子という言葉が広く伝わるようになって、女性から男性に告白することも珍しくないです。 しかし、女性にとって、自分から男性に告白するのはなかなかハードルが高いでしょう。

ただ、この方法で相手に好意を伝えるのであれば、遠回しに目当ての男性にアピールできます。 こうすることで、彼から告白させるように仕向けるのも1つのテクニックです。

また、この方法で他の男性は自分が当てはまらないので「これは無理だな」とあきらめさせることもできるでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。