好意が気持ち悪いと感じる恋愛心理とは?克服法を知って対処しよう!
4225 Point
更新

好意が気持ち悪いと感じる恋愛心理とは?克服法を知って対処しよう!

嬉しいはずの好意を気持ち悪いと感じてしまうことってありますよね。気持ち悪いと感じるのは異常な心理や病気なのでしょうか?克服する方法はあるのでしょうか?今回は、気持ち悪いと感じる心理と克服法を紹介します。

実は好意を気持ち悪いと感じる人は多いです。 普段の生活でも恋愛でも好意はプラスの感情から生まれます。

そのため、普通は好意に対して嫌な気持ちにはなりません。 では、なぜ気持ち悪いと感じてしまうのでしょうか?

もしかして気持ち悪いと感じるのは異常な心理や病気なんでしょうか? 克服する方法はあるのでしょうか?

今回は、これらの疑問に対する1つの答えを紹介します。 これからご紹介する心理と克服法を参考にしてみてください。

好意が気持ち悪いと思うのはどんな心理?

女性

pexels.com

その人にとっては好意であっても、あなたにとってはマイナスの意味をもっているからです。 「ありがた迷惑」という言葉のように、良かれと思ってしてもらった行動を嫌だと感じることに似ています。

病気や異常ではない!

好意を気持ち悪いと感じると同時に「素直に喜べない私はどこかおかしいのではないか」と考えることありませんか?

プラスの感情を向けられたら、プラスの感情で返したいというのが理想です。 しかし、安心してください。

実は約70%の人が、これまでに好意を気持ち悪いと感じたことがあります! つまり、ほとんどの人は好意を気持ち悪いと感じたことがあるのです。

あなただけの異常な心理や病気ではありません。 実は誰もがもっている自然なものです。

好意が知らない人からだった場合に気持ち悪いと感じる心理と克服法

男性

pixabay.com

初対面の人やあまり接点のない人から好意を向けられたことがありませんか? 急な好意に気持ち悪さを感じてしまうこともあると思います。

しかし、それも正常な反応の1つです。 その心理と克服法を紹介します。

好意を気持ち悪いと思う理由は警戒心!

よく知らない相手に対して人は警戒します。 警戒しているからこそ、その相手からの好意を受けにくいです。

つまり、警戒心が気持ち悪さにつながっているのです。 好意を警戒しているので素直に受け取ることができずにマイナスの感情が生まれてきます。

例えば「外見だけしかみていない」と呆れたり、「女なら誰でもいいのか」と怒ったりです。 その感情の裏には「人としてではなく、女としてしか見られていない」という気持ちがあります。

好意が気持ち悪いと感じたときの克服法は「相手を知ること」

もし好意に対してすぐに対応しなくてもいいのならば、少し時間をおきましょう。 時間をかけて相手を知ることで、ちゃんと考えて決断をすることができます。

相手を知るためには人からの評価を知ることとやあなた自身で見きわめる方法があります。 相手を知る人に相談してみたり、思い切って本人といっしょに食事に行くのもいいでしょう。

相手を知ることができたら、警戒心が少なくなります。 警戒心から好意を気持ち悪いとは思わなくなっているでしょう。

好意を気持ち悪いと思うことを克服できない場合

相手を知っても克服できないこともあります。 警戒心が消えて、気持ち悪さの原因が別のものになったと考えられます。

あなたは相手のことが好きですか? 相手を好きでないなら、それが原因です。

好きだけど恋愛感情ではないなら、友だちからの好意であることが原因です。 恋愛として好きなら、好きな相手だからこそ気持ち悪い場合と、どんな人からの好意でも気持ち悪い場合があります。

好意が好きではない相手からだった場合に気持ち悪いと感じる心理と克服法

女性 困惑

pexels.com

好きではない相手とは、異性としての魅力を感じいない人や生理的に無理な人などです。 好意を向けられてもあなたにとっては迷惑と感じてしまいます。

気持ち悪いと感じてしまうのは当たり前のように思います。 しかし、いったいなぜそう思うのでしょう。

好意を気持ち悪いと思う理由は生理的に無理だから!

相手はあなたなら(万が一でも)可能性があると思って好意を向けています。 好意を向けられた方は、いやでも相手と付き合うことを連想します。

しかし、あなたの世界に相手は相応しくないと感じてしまいます。 あなたは自分の世界を守るため、生理的に相手を受け付けなくなります。

また、自分の世界が崩れていくことへの抵抗感もあるでしょう。 嫌いな物事の理由を説明するのは難しいでしょう。

同様に、好きでない相手からの好意の気持ち悪さは説明しがたいものです。 生理的に受け付けないことで自己防衛をしているといえます。

好意が気持ち悪いと感じたときの克服法は「距離を取ること」

誰にでも嫌いな相手を好きになることは難しいです。 よく考えても無理だと思うなら、断ることも大切です。

告白を受けたらはっきりと断りましょう。 しかし、好意を向けられているだけなら、直接断ることは難しいです。

間接的に距離を置きたい意志を表現した方がいいでしょう。 必要なことしか話しかけなかったり、相手からの誘いは断ったりしましょう。

ウソでもかまわないので、彼氏候補や彼氏がいると思わせるのもありです。 相手にこれ以上勘違いさせないために、スキを見せずはっきりとした態度で接します。

頑張ってもむずかしいと気づかせましょう。

距離を取ることが難しい場合

周囲を味方につけましょう。 相手の好意によってあなたが困っていることを共有しておきます。

そうすることで周囲の人があなたと相手の間に入ってクッションになってくれるかもしれません。 しかし、周りの人に相談するときに悪口として伝えるのはやめましょう。

あなたがかわいそうと言うよりも、ひどいことを言う人だと思われてしまうかもしれません。 その場合、逆にあなたの評判が下がってしまいます。

相談の内容は、好意をもたれている事実と具体的に困っている事の2つだけを簡潔に伝えましょう。 その方が周囲からのサポートを受けやすいです。

この記事のライター(299件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー