セックスするとき身長差カップルの悩みとは?おすすめ体位やより楽しむコツを紹介
3015 Point
更新

セックスするとき身長差カップルの悩みとは?おすすめ体位やより楽しむコツを紹介

身長差があるカップルの場合、セックスの時にお互いの身体の位置が合わずに困ることもあるでしょう。 しかし身長差のあるカップルでも無理なく楽しめる体位やプレイはいくつもあります。

カップルの間でなかなかの身長差はありませんか? 身長差が大きいと、セックスするときもいろいろと苦労もあるはずです。

体格差でなかなか難しい体位も出てくるでしょう。 もし、身長差が原因でセックスに満足できなければ、対策をいろいろと講じたほうがいいです。

身長差をあまり気にしなくていい体位もいろいろとあるので、さっそく取り入れてみてはいかがでしょうか? 以下にまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

セックスするとき身長差カップルならではの悩み

身長差カップル

Andrei Korzhyts/shutterstock.com

身長差のあるカップルの場合、特定の体位がやりにくいと感じることもあるでしょう。 まず、どのような体位で身長差があるとやりにくく感じるのかについてまとめました。

挿入したとき以外にも前戯の段階でもやりにくさを感じているカップルも少なくありません。 以下で紹介するポイントをチェックして、共感できるかどうか確認してみてはいかがでしょうか?

正常位がやりにくい

セックスするときの体位として、最もオーソドックスといわれているのが正常位です。 多くのカップルが実践しているでしょうが、身長差があると正常位すらもままなりません。

正常位を身長差のあるカップルが行うと、足の長さと腰の位置がなかなかマッチしないからです。 挿入するだけでも手間取ってしまう、さらにピストン運動するのも困難です。

正常位で行為しているときに、愛撫も一緒に行いたいと思うでしょう。 ところが乳首を舐めたり、胸をもんだりするのも位置が会わずに苦戦します。

キスをしたくても顔が遠くなってしまうので、なかなかできないと悩んでいる身長差カップルも多いようです。

バック・立ちバックがやりにくい

バックも身長差のあるカップルにとってハードルの高い体位です。 バックで挿入しようにも、男女で腰の位置が合わないためです。

男性が女性の腰の位置に合わせようとすると、中腰のようにかがまないといけません。 するとちょっとしたスクワットをしている状態で、なおかつここからピストンをしなければならず、なかなかハードです。

もし、身長差のあるカップルがバックでセックスをするなら、少し女性がお尻を上げてあげるのがおすすめです。

こうすると膣も自然と上がるので、男性からすると無理なく挿入できます。 また、お尻をあげると、男性を誘惑しているような感じになるのもおすすめポイントです。

何かおねだりしているようになりますし、ヒップが強調されるので彼氏の興奮も高まります。

セックス中にキスがしにくい

セックスしているときにキスがしにくい、これも身長差のあるカップルあるあるです。 特に挿入している際にはキスが難しくなります。

挿入すると性器の位置が基準になってしまうからです。 身長差があると挿入したら、顔の位置もどうしても遠くなってしまいます。

身長差があればあるほど、キスも難しくなるわけです。 セックスしている最中に愛情を確かめるためにキスしたいと思う人もいるでしょう。

ところが身長差があると、キスすらするのも難しくなるわけです。 どうしてもキスしたければ、挿入前にいっぱい行うのも一考です。

シックスナインがやりにくい

前戯の中の代表的なプレイのひとつに、シックスナインがあります。 しかし身長差のあるカップルの場合、このシックスナインもなかなか難関です。

シックスナインはお互いの性器を舐め合う行為です。 身長差があると、お互いの性器と口の位置が合わないのです。

女性が体を伸ばす、もしくは男性が体を丸めて調整しなければなりません。 20~30cm以上の身長差があると、女性が体を伸ばしても口が性器に届かないかもしれません。

そうなると男性に大きな負担がかかってしまって、シックスナインが出来ても長時間続けるのは難しいでしょう。

セックスするとき身長差カップルにおすすめ・理想の体位

カップル

Roman Samborskyi/shutterstock.com

さほど差のないカップルと比較して、身長差があるとできる体位に制約があるかもしれません。 しかしそんな身長差のあるカップルでも、無理なくセックスできる体位はいろいろとあります。

そこでここでは身長差のあるカップルにおすすめの体位をいくつかピックアップしてみました。 もし今まで実践したことのない体位があれば、さっそく取り入れてみてはいかがでしょうか?

無理のない姿勢で挿入でき、今までに感じられなかった快感を得られるかもしれません。

騎乗位

身長差のあるカップルにおすすめの体位として、騎乗位があります。 男性の上にのっかる騎乗位の場合、足の長さを気にする必要はないからです。

これなら男女どちらの身長が高かったとしても、無理なくセックスできるはずです。 また男性の方が身長の高い場合、正常位だと大きな体で覆いかぶさられるようなイメージがあるでしょう。

すると女性の方が、息苦しさを感じるかもしれません。 一方、女性が上の騎乗位の場合、そのような圧迫感はないでしょう。

身長差があると、騎乗位の際にお互いの身体が遠く感じられるかもしれません。 その場合にはお互いの手を握って引っ張るのがおすすめです。

そうすることで体が揺れるので、いつも当たらないスポットに当たるため、快感が倍増するでしょう。

背面座位(寝バック)

背面座位も身長差のあるカップルにおすすめの体位です。 言い換えると寝バックです。

バックなのでキスは振り向かないといけないので、ここだけはハードルが高いかもしれません。 しかし、男性が後ろからしっかり抱きしめた状態で挿入すれば、愛情も実感できます。

お互い寝っ転がった状態で挿入できるのがおすすめで、無理な態勢をする必要がないです。 この体位にチャレンジする際には、男性はなだらかに足を伸ばすのがポイントです。

90度に近い状態にひざを曲げてしまうと位置が高くなってしまって、挿入が難しくなるからです。 女性が上下に動いてもいいでしょうし、男性が膝を揺らすことでもピストン運動に近い状況になります。

対面座位

対面座位も身長差のあるカップルでも無理なく挿入できる体位のひとつです。 彼氏が座った状態で女性がまたがる形です。

お互いひざを曲げた状態で挿入するので、身長差を気にしなくてもいいです。 対面座位だと、キスもしやすいでしょう。

お互い顔を見合わせた状態で挿入できますし、足の長さも想定しなくていいからです。 キスもできますし、しっかり抱き合えば密着感も堪能できます。

身長差のあるカップルの間でも高い人気があるので、さっそく試してみるのはいかがでしょうか?

駅弁

身長差のあるカップルにおすすめの体位のひとつに、駅弁があります。 女性にはなじみのない体位かもしれませんが、男性が立った状態で女性を持ち上げて挿入する体位のことです。

駅弁売りの人の態勢に似ていることから、このように名づけられました。 男性が女性の足を抱えて挿入するので、身長差を感じる必要がないです。

駅弁の場合女性の体が宙に浮くので、より深い挿入感を味わえます。 男性に自分を抱えあげられる状況で、男らしい力強さを感じられるのもおすすめの理由です。

駅弁の場合、男性は女性の全体重を受け止める形になります。 このため、長時間続けると腰を痛めてしまうかもしれません。

小柄な女性が相手なら、無理なく挿入できるでしょう。

この記事のライター(299件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー