厄年の結婚はNG?結婚しても大丈夫な理由とアドバイス
3714 Point
更新

厄年の結婚はNG?結婚しても大丈夫な理由とアドバイス

結婚と厄年が重なってしまうと、結婚を迷ってしまうものです。結婚時期で悩んでいるなら、厄年の結婚は大丈夫な理由を知りましょう。厄年に結婚してはいけない根拠がない理由と、結婚のアドバイスをしていきます。

厄年に彼からプロポーズされたら、結婚を迷うかもしれません。 実は、厄年に結婚しても大丈夫なのです。

なぜ厄年の結婚は問題がないのか、結婚する場合の注意点はあるのか解説していきます。

厄年とは?前厄・本厄・後厄の意味

うなだれている木の人形

tomertu/shutterstock.com

まずは、厄年の概要について理解していきましょう。 厄年は、前厄・本厄・後厄と3つの時期があります。

それぞれ意味が異なるため、詳しく理解するのがおすすめです。 自分はどの時期なのか調べながら、意味を読み進めていってください。

前厄・本厄・後厄とは

厄年には、前厄・本厄・後厄と3つの時期に分けられています。 前厄とは、厄年の本番の前年度のことです。

災いの前兆が現れる年として扱われています。 本厄は災いが本格的に降りかかる年で、後厄は災いが薄れる年です。

厄年の考え方では、前厄から後厄まで注意しなければならないとされています。

厄年とは人生の節目となる年を謹んで過ごすためのもの

厄年という概念は、平安時代から存在していました。 かつては50歳くらいの寿命が普通で短命だったため、病気を防ぐ工夫が必要でした。

昔の人は、病気は悪霊や鬼の仕業だと考えたのです。 人が弱っているときに悪霊や鬼が憑きやすくなり、弱る時期を厄年としました。

厄年に祈祷を受ければ、ご神仏のご加護で悪霊や鬼が憑きにくくなると考えたのがはじまりです。

厄年の数え方は男女で違う

厄年はすべて数え年で調べます。 数え年とは、生まれた時点で1歳になっている考え方のことです。

1月1日に数えを調べる場合は、満年齢に2歳を足しましょう。 その年の誕生日を迎えている場合は、満年齢に1歳を足すと数え年がわかります。

具体的な数え年に当たる年齢は、男女で決められています。 男性の本厄は、数え年で25歳・42歳・61歳の3回です。

それぞれ前後の年齢で前厄と後厄だと考えてください。 数え年で42歳のときは大厄で、注意が必要な年です。

女性は、数え年で19歳・33歳・37歳・61歳の4回です。 同じくそれぞれ前後に前厄と後厄がきます。

女性の大厄は数え年で37歳です。 また男性が大厄のときは女性の小厄、女性の大厄は男性の小厄だとされています。

厄年に結婚することへの不安

指輪 悩む女性

fizkes/shutterstock.com

そもそも厄年に結婚していいのか迷う理由は何なのでしょうか。 日本では昔から厄年の考えが受け継がれてきたため、漠然とした不安を抱える方は少なくありません。

厄年に悪いイメージがあれば、結婚も上手くいかないのではないかと思ってしまうのです。

厄年に結婚すると離婚するかもしれない

結婚すれば、状況が変わり離婚するかもしれません。 厄年にネガティブなイメージがあれば、厄年の節目で離婚を考えてしまうこともあります。

実は、厄年と離婚は関係がありません。 ただし女性の厄年は、人生の節目に当たる場合が多く、離婚するケースは少なくありません。

女性の30代は、厄年が2回もあるのです。 前厄と後厄も合わせると、30代で6年間も注意が必要な年になってしまいます。

女性の30代といえば、出産や子育てを経験する方や、仕事が変わる場合もあるでしょう。 ライフスタイルが大きく変われば、理想の現実からかけ離れている理由から、女性が離婚を考えても不思議ではありません。

厄年に結婚すると幸せになれないかもしれない

厄年に悪いイメージがある方は少なくないようです。 そもそも厄年とは人生の節目を意味しています。

人生の節目を悪い時期にとらえるか、良い時期だと考えるかは人それぞれでしょう。 厄年は悪い年だと考えていれば、厄年の結婚は幸せになれないと考えても不思議ではありません。

人によって大きな変化が現れやすい厄年は、行動をおこすべきではないと考える方もいます。 厄年=悪いものだと考えている方は、不安が影響しているといえるでしょう。

この記事のライター(180件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー