依存させる方法とは!?これさえ知っておけば彼女を依存させられる!
2499 Point
更新

依存させる方法とは!?これさえ知っておけば彼女を依存させられる!

彼女には自分だけを見ていて欲しいという気持ちがあると、彼女を依存させたいと考えてしまうこともあるのではないでしょうか?彼女のことが好きすぎて辛い男性に向けて、彼女を依存させる方法と、依存しやすい女性の特徴を解説します。

彼女のことが好きすぎて自分だけを見ていて欲しい気持ちが強い男性は、彼女を依存させて独り占めしたいと考えてしまう傾向があります。恋愛への依存はややネガティブなイメージがあるため、そんなことを思う自分を嫌悪してしまう人もいるでしょう。

どんなに彼女が好きでも、相手をコントロールするのはそう簡単ではありませんし、一方的に気持ちを押し付けると彼女が引いてしまう可能性があるので注意が必要です。 ポイントは、無理強いではなく自然と彼女を自分に依存させること。どうしたら彼女に依存させることができるのか、方法とコツを紹介しますので参考にしてくださいね。

つい彼氏に依存してしまう彼女の特徴は?

笑顔のカップル

fizkes/shutterstock.com

彼氏に依存する彼女にはいくつかの特徴があります。依存する特徴を持つ女性は、付き合っていても自由が欲しいと考える男性には少し重い存在になってしまいますが、彼女と時間をたっぷりと共有したいと考えている男性なら相性が良いでしょう。 彼女を自分に依存させたい気持ちに罪悪感があるなら、2人がハッピーに過ごすための秘策と考えてみてはいかがでしょうか? それでは、彼氏に依存しがちな彼女の特徴をみていきましょう。

彼氏とはいつも一緒にいたい

彼氏とはいつも一緒にいたいと考える女性は、会えない間の彼氏が心配でたまらなくなります。いまどこで何をしているんだろう?誰と一緒にいるんだろう?という気持ちでいっぱいで、いてもたってもいられないのです。 彼氏は普通の生活をしているのだけなのに、 「私、放置されてるのかな?」 「嫌いになって避けられてるのかな?」 などと極端な考え方をしてしまうこともあります。彼氏と一緒にいられれば、落ち着いて穏やかに過ごせます。

自分の意見を持っていない

彼氏に依存しやすい彼女には、彼心の言いなりになりやすい傾向が見られます。これは彼氏と意見や考え方が違うと嫌われるのではないか?と不安が根底にあるからです。本当は自分の意見があってもそれは表に出さず、全て彼氏の意見に従い考えにも賛同します。

自分の意見を持たない彼女の中には、育った環境が関係しているケースもあります。子供の頃から何をするにも親に決められ、それに従っていた場合は、自分の意見を持つことを知らないのです。自分では決められないために、彼氏に依存している方が安心なのでしょう。

友達が少ない

友達と呼べる関係性の人が少ない彼女は、彼氏に依存しやすい傾向が見られます。 友達付き合いが苦手で、友達はいてもごく少数で普段からあまり人付き合いをしていないケースです。

友達が少ない女性は、彼氏ができると「彼氏だけが本当の私を知ってくれていれば十分」と思い、心を許す対象を絞る傾向があります。 すると彼氏にべったり依存して、さらに他がどうでもよくなってしまうものです。

不安で質問ばかりしてしまう

彼氏が彼女を大切にしていても、自分が思うようなリアクションをしてくれないと不安で仕方ありません。不安をなんとかしたいために、「本当に私のことを好きなの?」と質問攻めしてしまうのです。

自分のことを好きかという質問に対して、彼氏が好きだよと答えてくれると安心しますが、時間が経つと気持ちが変わってしまうのではと不安になり、何度も同じ質問をしてしまうこともあります。

この場合、「もっと自分を見て欲しい」という気持ちが彼氏への依存心を育ててしまうのです。

彼女に依存させる効果的な方法5選

仲良しカップル

Flamingo Images/shutterstock.com

ここからは、彼女を依存させる具体的な方法を解説していきます。 押し付けにならないよう彼女の気持ちも考えながら、いくつかの方法を使うのがおすすめです。その時の彼女の心境や2人の関係性なども考慮して、うまく使うことで効果的に彼女に依存させることができるようになっていくことでしょう。

自然と依存させる流れに持って行き、気づいたら彼女が依存していた程度がベストです。

LINEやメールの連絡はマメに!

女性は男性に比べてLINEやメールでの連絡はマメな方が嬉しいと考える傾向があります。 一方の男性は、あまりLINEやメールでの連絡を重要視しない傾向があるので、まずはマメに連絡を取るようにしましょう。

基本は毎日LINEやメールをすること、彼女からLINEやメールが来たら可能な限り即返信することです。一緒にいられないときも、LINEやメールでマメに連絡を取っていれば安心感が大きくなります。 すぐ返事ができないときは、できるようになったタイミングで理由を説明して、返事が遅れたことを謝れば彼女は安心できるでしょう。細かい気配りは自分が愛されていると実感できるので、安心感と満足感も与えられます。

アメとムチを使い分ける

彼女を依存させるためには、優しい彼氏だけでいるのではなく時々冷たくするのもポイントです。優しかった彼氏が突然冷たくなると彼女は動揺して不安も大きくなります。「どうしたんだろう?何か気に触ること言ってしまったのかな?」と、不安でたまらなくなり頭の中は彼氏のことでいっぱいになります。

例えばLINEやメールに返信するとき、一言だけとかスタンプだけにし、少しだけ時間を置いていつも通り優しく返信するのです。 いつもと違う態度に彼女は不安になり一時は気持ちが落ち込みますが、安心できると喜びが倍増するでしょう。 このようにアメとムチを使い分けることで、彼女はますます彼氏にハマり、依存度を高める効果が期待できます。

ギャップを見せればメロメロに

いつもと違う表情や仕草を見たとき、そのギャップにキュンとなるのは男性も女性も同じではないでしょうか?ここでポイントとなるのは、誰にでも見せるのではなく彼女だけに見せるギャップです。

たとえば、いつもは強く頼りがいのある彼氏が急に弱気になったとき、自分だけに弱みを見せてくれたと嬉しく思う女性は少なくありません。 また、いつも優しくしているなら、彼女が間違ったときは少し強めの口調で指摘して、その後に自分の彼女にはちゃんとしていて欲しい等とフォローを入れれば、大切に思われていると思わせられて、感動から依存度を高められるでしょう。

彼女のことを褒めまくる

彼氏に褒められて嫌な思いをする彼女はいないでしょう。急に褒められると恥ずかしさから抵抗感を持ってしまうこともあるかもしれないので、まずは内面から褒めるのがポイントです。容姿や服装を褒めると、コンプレックスを持つ彼女には逆効果になってしまう可能性があります。

彼女の優しさや思いやり、目標に向けて頑張っている姿勢など、あまり人が目をつけないところを褒めれば、自分のことをちゃんと見てくれていたと安心できるのではないでしょうか?褒めるときは笑顔で褒めてあげるといいでしょう。

一緒に過ごす時間を増やす

一緒に過ごす時間が多いほど、信頼は絆は深まっていきますよね。信頼や絆がない関係では彼女を依存させるのは難しいかもしれません。まずは少しでも一緒に過ごす時間を持つよう意識しましょう。仕事が忙しくて会う時間がないとしても、30分でも時間をつくり会いに行ってみてください。 すぐに帰らなくてはいけない寂しさはあっても、時間をつくって会いに来てくれた事実は信頼や絆を深めるのに効果絶大です。 彼女が大切にされていると実感できると、彼氏をますます好きになり、自然と依存にシフトしやすくなるでしょう。信頼関係や絆も深まるのは2人にとってのメリットになりますよ。

この記事のライター(368件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー