仕事ができない男の特徴と見分け方!仕事ができない男は恋愛も結婚もダメ?
3054 Point
更新

仕事ができない男の特徴と見分け方!仕事ができない男は恋愛も結婚もダメ?

仕事ができない男で、いつも周囲を困らせる人職場にいませんか。仕事ができない男には、さまざまな特徴があります。そして、仕事ができない男は恋愛や結婚にも影響を及ぼす可能性もあるのです。恋愛や結婚で失敗しないように、仕事ができない男の特徴や見分け方について紹介します。

仕事ができない男が、上司だったり部下だったりするとうんざりしてしまいませんか。 仕事ができない男のために、自分の仕事が増えてしまうということもあるでしょう。

自分が仕事ができないことを認識していない男も多く、文句を言われることも。 もし、仕事ができない男の特徴を持つ人と恋愛してしまったら、どうなのでしょうか。

実は、仕事ができない男は恋愛においてもリスクがあります。 仕事ができない男の特徴と、恋愛における弊害について知ってみましょう。

仕事ができない男の特徴とは?

女性に指導される男性

nd3000/shutterstock.com

仕事ができない男と聞いてどんな特徴が浮かびますか? 具体的な人物像が浮かぶ人や、もしかしたらと心当たりがある人もいるのではないでしょうか。

仕事ができない男というのは、共通の特徴があります。 そして仕事ができないといっても、努力をしてできるようになる人とそうでない人がいます。

仕事ができない男を見分けるために、どんな特徴があるのかみていきましょう。

言い訳が多い

仕事ができない男は、言い訳が多いという特徴があります。 言い訳が多い人というのは、仕事ができないことを何かのせいにしたがるのです。

そして、言い訳をする人は仕事ができないことを認めない傾向があります。 何を言っても言い訳ばかりされると、周りもうんざりしてしまいます。

言い訳が多い男は、仕事ができない可能性が高いと言えます。

人のせいにしたがる

自分がミスをしたのに、自分の非を認めず人のせいにしたがるのは仕事ができない人の特徴です。 ミスを指摘しても、自分じゃない誰かがやったことだと主張するような人です。

人のせいにしたがるというのは、自分は悪くないと主張していることですよね。 仕事もスムーズに進まずイライラすることになるので、周囲に迷惑がかかります。

仕事の愚痴が多い

何かと文句や愚痴が多い人は、一緒にいてイライラしませんか。 何かを頼んでも、愚痴や文句ばかりの人は仕事ができない男の特徴です。

上司に叱られても反省するそぶりもなく、文句が多い人のこと。 こんな男性は、聞いている方も面倒になってしまいます。

仕事の愚痴が多い男とは、一緒に仕事をしたくないと思うでしょう。

時間や期限を守らない

仕事で時間や期限を守らないというのは、社会人として常識がない人だと言えます。 取引先の訪問に平気で遅刻をしたり、書類の提出期限を守らなかったり、いつもギリギリなど。

そんなことばかりしていると、信用性を失う可能性があります。 そして反省せずに、何かのせいにすることが多く周りをいら立たせる特徴があります。

ネガティブな発言や口癖が多い

愚痴

STUDIO GRAND WEB/shutterstock.com

ちょっとのことで落ち込んだり、ネガティブな発言をしたりする人は打たれ弱く仕事ができない男の特徴です。

少し怒られただけで、落ち込むようなタイプは、仕事で成長できないのかもしれません。 このタイプは、気持ちの切り替えが下手なので成長しようという気まで起きないのです。

いつまでもネガティブなことばかり言われたら、周りも嫌な気分になりますよね。

優柔不断な性格

優柔不断な男は、とにかく判断することが苦手です。 仕事で意見を求められても自分の意見を言えなかったり、選択を迫られてもすぐに答えられなかったりします。

そのため、仕事がスムーズに進まない事もあるのです。 優柔不断な性格は、仕事の評価を下げてしまうことになります。

受け身で指示待ち

与えられた仕事や指示されたことはやるけど、自分から仕事を見つけることができない男は、仕事ができない特徴のひとつです。

常に受け身な姿勢で、自分の仕事が終わっても人を手伝う事をしない傾向があります。 自分で考えて行動をすることがないので、言われたことしかできないのです。

このタイプは、成長しないため他の同僚との差がついてしまうことになります。

整理整頓ができない

デスクの上やパソコンの中身が全く整理できていない男は、仕事ができない人の特徴といえます。 仕事ができる男は、必要なものをすぐにわかるように整理しています。

整理整頓ができていないと、探す時間もロスとなり仕事も遅くなってしまいます。 仕事を円滑に進めることに支障ができるので、仕事ができない人と判断されてしまいます。

知ったかぶりで人の話を聞かない

自分の非を認めないタイプに多い傾向ですが、知ったかぶりをして人の話を聞かないのは仕事ができない男の特徴のようです。

本当は知らない、もしくは理解していないのに、知っているような口ぶりで話す人。 知らない事や分からないということを認めにくい人は、成長することができないのかも。

そして、間違った判断で仕事をするためミスも多くなります。

やる気や向上心がない

そもそも仕事に対してやる気がない人は、向上心がなく成長しないのかもしれません。 そのため、できる仕事が少なく会社の中では、仕事ができない人という認識を持たれてしまいます。

会社にいればお金になる程度の気持ちで働いているので、夢や向上心がないのでしょう。 向上心がなければ、仕事を一生懸命やろうという気も起こりませんよね。

仕事ができない男はモテない?上手な見分け方

散らかったデスクに座る男性

RomarioIen/shutterstock.com

仕事ができない男の特徴は、恋愛にも影響するポイントがあります。 一緒に仕事をしていれば、仕事ができるかどうかがわかりますが、そうでない場合はどうやって見分けたらよいのでしょうか。

実は仕事ができない男には、隠し切れないポイントがあるのです。 例えイケメンであっても、すぐに判断しないことが大事です。

見た目や行動で仕事ができない男を、上手に見分けるポイントについてみていきましょう。

身だしなみがだらしない

まず、基本の見た目でわかる身だしなみがだらしないのは、仕事ができない男の特徴のようです。 例えば、ハンカチを持っているかどうかだけでも行動が違いますよね。

トイレで手を洗って服で拭いたりしていれば、清潔感がないと思われてしまうでしょう。 もし、取引先の人とトイレに入ってそんな姿を見られたら、会社の印象にまで響きます。

仕事ができる人は、そういったことまで考えて身だしなみをきちんとするのです。 例えオシャレでも、身だしなみを気にしていない人は仕事ができない可能性があります。

お財布がパンパンで汚い

持っているお財布がパンパンになっている、汚い財布をつかっているのは、仕事ができない男の可能性が高いです。

財布の中身が整理されていなく、必要のないレシートやポイントカードが入っている状態の財布です。

仕事ができる人は、誰に見られてもよいようにお財布を整理しておきます。 お財布が汚い人は金運がよくないとも言われているので、仕事ができないということも影響しているのでしょう。

嘘や噂話が多い

嘘や噂話が多い男性は要注意です。 嘘を平気でつく癖がある人は、仕事ができない人の可能性が高いです。

自分をよく見せるために、自分は重要なプロジェクトのリーダーをしているなどと嘘をつきがちです。 実際は、プロジェクトに関わるただの社員であっても、まるで責任を背負っているかのように誇張します。

とにかく自分を良く見せたいと言う気持ちが強いのです。 嘘をつく癖や人の噂話でこじらせる人は、中々治らないのであまり近づかない方が良いでしょう。

プライベートのSNS更新が激しい

仕事以外のSNSの更新が激しい人は、それだけ時間があるということになります。 通常やるべき仕事があれば、日常的にSNSを更新するのは難しいはず。

やらなければいけない仕事を放置して、SNS更新をしている可能性大です。 適度な更新はよくありますが、1日に何度もアップするというのはあまりないですよね。

そんな人ほど、仕事頑張っていますというアピールをしていたりするのです。 SNSだけで判断せず、しっかり見極めることが大事だと言えます。

この記事のライター(372件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー