理想の自分になるためにやりたい7つのこと【前編】

理想の自分になるためにやりたい7つのこと【前編】

1981

理想の自分像を描いても、結局それは憧れのまま終わる…一度きりの人生なのにそんなふうに思いながら死んでいきたいですか?今回は理想の自分になるためにトライしたい7つのことを前編、後編にわけてお伝えします。

1981 |

そんな風に…

毎日を漫然と、生きるための仕事をこなし、それなりの友人関係で…。

そんなふうに過ごしてはいませんか?

これまでに「自分は生きたいから生きてるのだ」って思ったことはありますか?

今の自分は、心のなかで描く理想の自分と一致していますか?

もし「NO」なら、行動あるのみです。

今回は「理想の自分になるために」ぜひトライしてほしい7つのことをご紹介します。

#1:なりたい自分を超具体的に書き出す

まずは、自分の「理想像」がどういうものなのかを把握します。

当然ですよね、目的地が決まっていない旅は、はじめられても旅ではありません。

この理想像、"超具体的"というところがポイントです。

「理想って言われてもな~」

と思う方はまずインプット量が足りないのでしょう。

様々な女性を観察することから初めてみてください。

芸能人でも、職場の女の子でも構いません。

「あの子いつも笑顔でいいな」でも、「モテそうだな」でもOK♩

芸能人なら「こんな綺麗なお肌になりたいな」でも、「髪型色々似合っていいな~」でも十分理想像を練り上げる材料になるはずです。

もちろんスタイルやファッションだけでなく、仕事もそうです。

「仕事をそつなくこなしてオフを充実させる」のが理想なのか、「仕事をバリバリやって着実に評価される」のが理想なのか、それによって大きく生き方や、何に時間とお金をかけるかが変わってきます。

まずはこれを細かくピックアップして、かためていきましょう。

#2:変わることを恐れない

私の友人で、ずっとスカートしか履かない女の子がいました。

でも、その子はスカートでなくパンツに切り替えたことで、彼女自身「変わることの楽しさ」を実感したのでしょう。

それからさらに色んな事にチャレンジするようになりました。

この「変わることの楽しさ」を実感できるのは、変わり続けようとする人だけ。

もちろん「変わること」の中には「楽しいこと」以外も含まれています。

しかし、その「楽しいこと」以外もひっくるめて、そういうプラスマイナスの刺激が新鮮で心地いい。

新しい自分と対面できるチャンスを、ぜひ自分から掴みに行く心の準備をしておいて下さい。

#3:自分にはどういうご褒美が効果的なのか知る

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー