恋愛を怖いと思う理由とは?恋愛恐怖症の原因と克服する方法を紹介
3942 Point
更新

恋愛を怖いと思う理由とは?恋愛恐怖症の原因と克服する方法を紹介

恋愛が怖いという気持ちを抱いていしまっている女性はいませんか?ここでは、怖いと思う原因や理由、対処法などを紹介します。恋愛に前向きな気持ちになれるよう、ぜひ参考にしてみてください。

「恋愛は楽しいもの!」世の中には、そう思っている女性が多いのではないでしょうか。 しかし、さまざまな理由で、恋愛に対して前向きになれず、恋愛を怖いと感じる女性がいます。

今回は、恋愛恐怖症ともいえる女性が、恋愛を怖いと思う原因を解説し、克服していく方法を紹介します。

恋愛が怖いとは

さみしげにひとりでいる女性

Ekkasit Rakrotchit/shutterstock.com

ひとことで「恋愛が怖い」といっても、怖さにはいろいろなパターンがあります。 どういう意味で怖いのかによって、今後の対処法が変わってくるので、自分がどのパターンなのかをしっかり整理しておきましょう。

ここでは、代表的なパターンを2つ紹介します。

恋愛したことないから怖いパターン

まず、これまでに恋愛をしたことがないため、恐怖に変わってしまっているというパターンがあります。 ここでいう恋愛とは、いわゆるお付き合いをした経験があるかどうかということ。

恋愛をしたことがないというのは、片思いの経験はあるけれど、告白さえもせず終わってしまうなど、積極的なアクションがないという人を含みます。

大人になって、人並みに恋愛もしたいし、結婚や出産もしたいけれど、今更何から始めたらいいかわからないという女性は、実は多いものなのです。

「恋愛は向いていない」という思い込みが、出会いの場に行くことさえも妨げてしまっているパターンです。

過去の恋愛がトラウマになって怖いパターン

これまでに交際経験がある女性のなかには、人と付き合うことに抵抗を感じてしまっている女性もいます。それは、過去の恋愛でなんらかのトラウマを感じてしまったためです。

男性そのものが一切無理という人もいれば、身体の関係は許容できるけれど、心を開くのが難しいという人もいます。

逆に、心を開くことができても、身体の関係を持つことに抵抗を感じる女性もいます。 あまりにもひどいトラウマの場合は、PTSDとみなされることもあるため心療内科を受診するのが好ましい場合もあります。

そこまで至らなくても、過去に引きずられて、恋愛そのものを積極的に楽しめないというパターンです。

恋愛が怖いと思うようになった原因とは

物憂げな女性

Africa Studio/shutterstock.com

恋愛を怖いと思うようになる原因には、いろいろなものがあります。 いずれの場合も、ひとりで抱え込んでいて周囲に相談さえできないという人もいることでしょう。

具体的に、どのような原因があるのか、いくつか例を紹介します。

自信がない

自分に自信がなく、恋愛に積極的になれないという女性がいます。 幼少期から、周囲との関係をつくるなかで、「自分はダメな人間なんだ」という思い込みを抱えてしまった人に多い傾向です。

特に、容姿に自信がなく、幼い頃にからかわれたりいじめられたりした経験がある人は、好きな人ができてもなかなかアクションできません。

実際のところ、恋愛するにあたって、容姿は要素のひとつでしかありません。 外見を磨くにこしたことはないですが、それ以外の部分で十分に、パートナーを見つけ、関係を作っていくことは可能です。

過去のトラウマ

過去にトラウマがあるひとのなかには、思ったように恋愛を楽しむことができなくなってしまった人もいます。

彼氏にひどい振られ方をされてしまった、傷つくような言葉を言われたなどの経験から、いざ恋愛に真剣に取り組もうとすると、どうしてもトラウマが邪魔して動けなくなってしまうのです。

そのときの相手と、今めぐり会っている相手とは別人であり、当時とは状況も違うはず。 頭ではわかっていても、なかなか行動が伴わないというわけです。

表面的な恋愛を楽しむことはできても、心を開ききれずに悩む女性もいます。 信頼してもいつか裏切られるのではないかという恐怖が、深い人間関係を築くことにブレーキをかけてしまうのです。

恋が成就したことがない

片思いの経験しかなく、恋が成就したことがない女性も、恋愛に対しては消極的です。 特に、告白したにもかかわらず、こっぴどくふられてしまった経験があったり、何度チャレンジしてもうまくいかなかったりすると、恋愛経験がもとで自信をなくしてしまっています。

また、正式に付き合ったことがないという経験値の低さが、女性としての自信を喪失させ、コンプレックスになっていることもあるでしょう。

実際は、恋愛はタイミングや相性もあるものなので、年齢や環境によって状況は変わってきます。 何歳であっても新たな出会いがあり、新たな自分で恋愛を楽しむことは可能なのです。

男性が苦手

育ってきた環境が原因で、男性がそもそも苦手になってしまっているケースもあります。 これは、父親や兄弟、あるいは親戚など含む、幼少期からの周囲の大人たちの関わり方による場合がありです。

なにか精神的に負担がかかるトラウマがあるなら心療内科を受診するのも良いでしょう。 また逆に、女性に囲まれた生活を送ってきたために、男性に対する免疫がないという女性もいます。

女性だけの家族であったり、女子校生活が長かったりして、いざ男性と知り合っても接し方がわからないという場合です。

パートナーに依存するという思い込み

自立した生き方にあこがれる女性のなかには、恋愛をすることによって、パートナーへの依存が生まれてしまうのではないかという恐れを感じている人がいます。

実際のところ、お互いが自立したパートナーシップを築いているカップルはたくさんいるのですが、身近な家族や友人がそういった関係を築けていないと、思い込みが強くなってしまいます。

恋愛をするということは、男性に頼りきりになるということではありません。 しかし、恋愛を依存だと感じてしまう女性の場合は、恋愛することで、自分の弱みを見せなければいけないという思い込みがあるのです。

警戒心が強い

男性のみならず人間関係全般において警戒心が強い人は、恋愛にも前向きになれません。 そもそも人を信用していないので、パーソナルな部分をさらけだす恋愛についても懐疑的なのです。

過去の人間関係でなにか手痛い経験をしたことがある人や、育った環境で周囲の大人に対して不信感を抱いてきた人に起こりやすい傾向です。

そういう人であっても、深い部分でのつながりを求め、家族をつくりたいという気持ちを抱えている人もいます。

自分から心を開くことに取り組みながら、ゆっくりとでも、周囲との信頼関係を構築していくことによって、乗り越えられる可能性があります。

傷つきたくない

恋愛だけでなく、過去の経験において、いわゆる負け体験が多い人も、恋愛に対して臆病な姿勢をとってしまいます。

なにかしらチャレンジしてうまくいかなかった経験や、それを人から笑われたりばかにされたりしたことで、深く傷ついた経験がある人に起こりがちです。

何かをチャレンジすると失敗する、失敗したら傷つくという思考回路ができてしまっているので、自分から告白することもアプローチすることもありません。

また、付き合っても、流れに任せて守りに入ってしまうことが多く、本音で相手と付き合うことができないという悩みを抱えてしまいがちです。

ほかのことが手につかなくなりそう

やりたいことが多い人や、仕事や趣味など打ち込むものがある人の中には、前向きな意味で、恋愛を遠ざける人もいます

明確な目標を掲げている人、仕事でターニングポイントを迎えている人など、ほかに集中しなければならないことが分かっている人は、「ここで恋愛をする余裕はない」という自制心をもっているからです。

こういうエネルギッシュな人は、もし恋愛をしても、当然、一生懸命取り組んでしまうことを自覚しているからこその発想と言えます。

ただし、お互いが自立した良い恋愛のスタイルであれば、かえってパートナーの存在がカンフル剤となることも。 恋愛を活かすかどうかも、自分次第といえるでしょう。

この記事のライター(299件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー