付き合う前に手を繋ぐのはあり?2人の距離をグッと近づける方法とは
3978 Point
更新

付き合う前に手を繋ぐのはあり?2人の距離をグッと近づける方法とは

付き合う前の段階でデートをして、お互いの距離を縮めるのは一般的です。この時手を繋ぎたいけれども繋いでいいものか迷う人もいるようですが、決しておかしなことではありません。

お付き合いするかどうかといった時に、どんな行動をとればいいかでいろいろな場面で迷うことが出てきます。

例えば付き合う前の段階で手をつないでもいいのかどうかで、ヤキモキした経験はありませんか? 男性の中には好意を持っていても、なかなか手をつながない方も多いです。

それにはそれなりの理由があります。 どのタイミングで手をつなぐべきか、相手が誘ってこない場合どうすればいいかについてまとめました。

付き合う前に手を繋ぐのはなぜ?

手をつなぐカップル

Nomad_Soul/shutterstock.com

付き合う前の段階で手をつなぐ、つなぎたいと思う人もたくさんいます。 なぜそのように思うのか、いろいろな理由がありますので代表的なものについて詳しく見ていきます。

自分を恋愛対象として意識させる

デートに出かける際、相手が自分のことを恋愛対象としてみなしていないケースもあります。 そのような場合手をつなぐことで、相手に自分を異性として認識させる効果が期待できます。

直接肌に触れる行為は、相手をドキッとさせるものです。 友人関係だと思って一緒に出掛けたのに、手をつながれることで異性として意識する男性は結構多いです。

友達感覚と異性として意識してデートするのとでは、その日の過ごし方もだいぶ変わってくるでしょう。

相手の気持ちを確認する

手をつなぐことで、相手の気持ちを確認したいという気持ちもあります。 手をつないだ時に相手がどういったリアクションをしてくるかで、自分が恋愛対象に入っているか確認できます。

相手が手をつなぐことに拒まなければ、異性として少なくても認識していると確信できるでしょう。

相手の気持ちがわかれば、ここから先進めるにあたってもスムーズです。 手をつなごうとすると相手に拒まれることもあるでしょう。

しかしこれは、恋愛対象でないときとまだ早いからというときもありますので、ここの見極めも大事です。

交際までのステップ

お付き合いする際には、いきなり彼氏彼女の関係にはなかなかならないものです。 徐々にステップを踏んで、そういう関係になることが多いでしょう。

手をつなぐのは次のステップに進みたいからというケースも考えられます。 1歩1歩ステップを踏むことで、お互い心の準備ができるというメリットもあります。

会話をしていて楽しいと思ったら、手をつなぐなどのボディタッチに進みましょう。 お互い肌に触れ合って嫌な感じでなければ、交際に一歩近づいたことになります。

好きな人に触れたいという気持ち

手をつなぎたいと思う理由には、いたってシンプルなケースもあります。 好きな人に触りたいという心理からです。

これは恋愛面の駆け引きというよりも、本能的なものと思っていいです。 人前では恥ずかしいからそのようなことはしないかもしれません。

しかし、2人きりで他の目に触れない場面であれば、手をつなぎたいという欲求が高まります。 このような気持ちになるのは、いたって普通のことなので戸惑う必要はないです。

守りたいという気持ちの表現

男性の中でも好きな人と手をつなぎたいと思っている人は多いです。 その理由として、男性ならではの事例も見られます。

それは好きな人を守りたいという気持ちからです。 男性は女性よりも体力的に秀でる傾向があります。

そこで大切な人は自分が守るという男性ならではの本能が備わっています。 道幅の狭いところなど、危険なところで手をつなぐ男性は正義感が強いからかもしれません。

いざという時に頼りがいがあるかどうか、このようなところで見極めてみるのも一考です。

体目当てで確かめている場合も…

男性の中で付き合いする前の段階で手をつなぎたがるケースもあるのですが、これはただカラダ目当てもあるので注意したほうがいいです。

特に妻子持ちや彼女ありの男性にこのような傾向が見られます。

手をつなぐことに拒絶反応のない女性の場合、体を許しやすいと男性が解釈することもあります。 簡単に言えば「イケるかも?」と思わせてしまうわけです。

もし相手にパートナーがいることを知っているのであれば、思いっきり断ってもいいでしょう。 手を出してくる相手に問題があるのは間違いないからです。

付き合う前に手を繋ぐことができない男性心理とは?

ハートと手

Pachai Leknettip/shutterstock.com

付き合う前に手を繋ぎたいと思っているけれども、実際には躊躇してしまう男性も少なからずいます。 なぜ繋ぎたいと思っていてもそれができないのか、いくつか理由があります。

手を繋ぎたいけれどもできない男性の心理について、いくつかここで紹介します。 気になる異性となかなか近づけない、その理由がわかればモヤモヤも晴れるのではありませんか?

嫌がられたくない

手を繋ぐことを躊躇する男性心理の中で多いのは、やはり相手に嫌がられたくないからです。 特に好きな女性との関係は大事にしたいものです。

手を繋ぐことで気持ち悪がられて、せっかくのチャンスをフイにするのは避けたいと思ってしまう男性も多いです。

お付き合いする前に手を繋ぐと気持ち悪がられるのではと、気にかけている男性は少なくありません。 1歩1歩、着実に前に進みたい男性にとって、付き合う前に手を繋ぐ行為はかなり大胆と受け取られがちです。

チャラく見られたくない

付き合う前に手を繋ぐと、チャラ男と思われてしまうのではないかと思っている男性は多いです。 軽い男とみられると、相手に嫌われてしまうのではと心配しているわけです。

付き合う前の段階で女性の体に触れるのは、女性慣れしているかと思われかねません。 チャラいと思われるとお付き合いしても浮気されるのではと女性に思われるかもしれないから嫌というわけです。

まじめなお付き合いをしたければ、誠実な男性に見られたいと思うものです。 このため、あえてお付き合いする前には手を繋がないという男性も多いです。

段階を踏んで距離を縮めたい

付き合う前に手を繋ぐことに抵抗のある男性の中には、まだその段階ではないと思っているからというものも多いです。

意中の女性とお付き合いする際には、段階を踏んで徐々に距離を詰めたいと思う人は少なくありません。 いきなり距離を詰めようとすると、相手に警戒される恐れもあるからです。

このような男性にとって、付き合ってもいないのに手を繋ぐのはかなり大胆な行為です。 「そのようなことができるのなら、すでに告白している」という男性もいるほどです。

誠実だから手を繋げない男性も

手を繋ぎたいけれども軽い男とみられるのがイヤという男性がいます。 このような男性は誠実だからこそ働く心理とも言えなくありません。

男性の中には女性なら誰でも声をかけるような人もいれば、1人の女性に一途という方もいます。 後者の男性の場合、相手を大切にしたいからこそ、いきなり手を繋ぐような行為ができないケースが多いです。

デートはするけれどもなかなか手を繋いでくれないのは誠実な人であることの証明、真摯なお付き合いが期待できるとも判断できます。

この記事のライター(444件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー