天才とは?性格・顔つきや幼少期の特徴!凡人でも努力で天才になれる?
2239 Point
更新

天才とは?性格・顔つきや幼少期の特徴!凡人でも努力で天才になれる?

たぐい稀なる才能を持っている人を「天才」と呼びます。凡人にはないその才能は子供の頃から発揮されているのですが、果たして天才は生まれつきなのでしょうか。天才とはどんな人なのか、幼少期の特徴をみてみましょう。

「天才子役」「天才科学者」など、何かに秀でた人を「天才」と呼びます。 天才というのはごく稀な存在でもあるので、実際の天才と友達は少数派ではないでしょうか。

「天才=すごい」というのは何となくわかっても、どんな特徴があるのか、どんな人が天才になるのかなどは自分と縁がないようで知らないですよね。 天才にはどんな特徴があって、凡人とは何が違うのかをみていきましょう。 また、凡人でも天才になることができるのかも解説します。

天才とは?

天才な子ども

Billion Photos/shutterstock.com

天才と呼ばれる人で歴史に名を遺した人は数多くいます。 勉学ができるタイプの天才はもちろん、芸術やスポーツといった分野でもたびたび天才は登場するので、天才は活躍する分野を問いません。

天才とは生まれ持った特別な状態なのか、それとも後天的に身に付いたものなのか気になりますよね。 ではまず、天才とはどんな人を指すのかをおさらいしましょう。

生まれつき才能を持った人のこと

努力では手に入れることができない、天性の才能を持った人のことを「天才」と呼びます。 人間の脳は潜在能力の10%しかその能力を引き出せていないと、天才「アインシュタイン」は言いました。天才が生まれつきの才能なのであれば、凡人に比べて脳の機能を使えている可能性が考えられるのです。

ということは、凡人がどう頑張っても追いつけない領域に天才がいることになります。 先天的に平均よりも高度に知的な能力を持っている人は「ギフテッド」とも呼ばれ、子供時代からその天才ぶりを発揮します。

ある分野で飛びぬけた能力がある

天才が活躍する分野は限られていません。 スポーツでその才能を発揮する人がいれば、株式トレーディングで天才的な能力を発揮する人もいます。その分野で飛びぬけた才能を発揮できる人を「天才」と呼ぶのです。

ある分野で天才と呼ばれる人の多くは、「あきれるほどにストイックになれる天才」であり後天的な天才である場合が少なくありません。 「努力の天才」などと呼ばれる野球選手がいましたが、ある分野の天才はその追及力が天才なのです。

天才と凡人の違いとは?

天才な子

Evgeny Atamanenko/shutterstock.com

先天的に秀でた特殊な能力を持った天才である場合、追いつくのは困難です。 ですが、努力で天才になれるのであれば、なぜ我々凡人は天才になることができなかったのでしょうか。

少なくとも、凡人だって天才になる可能性はあったはずです。 我々凡人は、どこで天才となれない選択をしてしまったのでしょうか。天才と凡人にはどんな違いがあるのかを検証します。

一般の人が真似できない能力を持つ

天才と凡人の違いはその絶対的な能力の違いに現れます。 仮に、先天的に優れた能力がなかったとしても、一点のことに集中する力が人よりも秀でていたならば、それだけで凡人とは違う能力と言えるはずです。

もちろん、育った環境でも左右されるため、能力を開花させるのは自分1人だけの結果ではない可能性もあります。 ですが、その努力を持続させるのは、天才が持つ能力と言っても過言ではありません。興味を持った分野にストイックに取り組むことができるのは、凡人が真似できない能力なのです。

凡人は努力次第で秀才になれる

多くの天才は無理ともせずに努力を重ね、天才になります。 では、頑張らないと努力の継続が難しい我々のような凡人は、天才になることができないのかというと「秀才」になれば良いのです。

秀才とは、努力を重ねて、秀でた能力を身に付けた人のことを言います。 天才が感覚的に能力を開花させるのに対して、秀才は論理的に能力を身に付けていくのです。目標を定めて確実な努力をしていけば、我々凡人だって今からでも秀でた能力を身に付けた秀才になることができます。

天才の性格や体の特徴

天才な子供

alphaspirit/shutterstock.com

天才としてしばしば取り上げられるのは、サヴァン症候群という障害です。自閉症といった障害がありながらも、高い計算力や記憶力が天才と言われます。

幼少期に天才と呼ばれる神童の中には、その才能と引き換えに、精神的な障害を背負う人も少なくありません。 天才と呼ばれる人たちには、どのような心身の特徴がみられるのでしょうか。

精神障害で苦しむ人が少なくない

悩む天才

Jochen Schoenfeld/shutterstock.com(Outdoor portrait of a sad teenage girl looking thoughtful about troubles in front of a gray wall

「叫び」で有名な画家ムンクは統合失調症を患っていました。物理学者のニュートンは、被害妄想に悩まされたと言われます。 「天才」にはこのように精神障害で苦しむ人たちが少なくありません。

精神疾患と創造性の関係性は、あらゆる面で研究されています。 特に、芸術性が求められる分野では、双極性障害(いわゆる躁鬱の障害)を発症する可能性が8%ほど高いとスウェーデンの研究所が発表しているのです。 全ての創造性豊かな人が精神障害を患うわけではありませんが、精神障害の背景があった偉人達は少なくありません。

幼少期の特徴は変わり者

先ほども少し触れた「ギフテッド」な天才たちは、幼少期からすぐにその才能を発揮します。 桁外れた暗算の能力があったり、漢字の知識が小学生で大学生を超えていたりする天才です。 ギフテッドな子供たちはその能力ゆえに、一般的な子供と違い自分の知識欲を満たしていきます。

しかし、周囲からすれば「変わり者」としてしか扱ってもらえません。 残念なことに学校教育でも、先行した知識の子供は「変わり者」で、褒められるどころか矯正させられる場合もあります。こうした中で、社会との関りを自ら避けるようになる天才も出てくるのです。

興味があることへの集中力がすごい

興味を持ったことへの集中力は、寝食を忘れるほどです。 そのことを考えたり思いついたりすると、とにかく理解するまで追求します。凡人にありがちな「ご飯食べてから!」なんて考えがそもそもないのです。

天才は興味を持った分野に熱中し、疑問に感じた点は何としてでも解決したいので、いろんな角度から問題にアプローチします。 凡人の集中は頑張ってするものですが、天才は集中を楽しみます。それは、興味があることに夢中になっているからです。

協調性がなく性格悪いと言われやすい

性格が悪いと言われてしまう天才

Inara Prusakova/shutterstock.com

チームと同じ方向を向いて、空気が読める人は人気者になります。ところが、天才と呼ばれる人たちはこの能力が欠けていることが多いのです。 自分の興味のあることにしか気持ちがいかず、マイペースで協調性に欠けてしまい結果的に周囲からは「性格悪い」と言われてしまいます。

本人からすれば悪気がなく、難しい言葉をつい使ってしまうこともあるはずです。それは「知っているから」なのですが、周囲のやっかみが「性格悪い」とレッテル付けることもあるのですね。

周りに興味がない

自分の興味がある分野以外は基本的に興味を示しません。思春期を迎えるころによくある流行に興味を持ったり、周囲の目を気にしたりなどがないのです。

周囲の目を気にしていたら、自分の興味ある分野に没頭して「変人」と言われることはありません。 たとえば、同じ服を着る天才のスティーブ・ジョブスは「決断の回数を減らすため」同じ服を着ていたと言います。 天才は、考えることが多いので合理的であるために、多くに興味を持たないようにしているのです。

体は顔つきに特徴がある

凡人と天才の大きな違いはその「顔つき」です。と言っても、目がどうのとか鼻がどうの、ではなくその「表情」が違います。

凡人が努力し、その才能を磨いて金銭に余裕が出た場合、その才能を誇大に自己評価してしまう可能性があります。 そして、その表情には、過信が出てくるのです。 ところが天才は、金銭のために努力をしているのではなくあくまでも「自己の追求」です。 楽しいことを続けているだけなので、表情には余裕があり「いやらしさ」を感じさせません。

考え方が人と違う

誰も考えないようなことを考えつくのは、やはり天才であるがゆえです。 何かを解決したいとき、凡人はその問題を解決しようと問題に焦点を置きます。ですが天才は、一見無関係に感じる方面からも考察し、いろんな視点で物を考えるのです。

天才と呼ばれる人たちが、多方面で活躍をしているのはこのいろんな視点があるからと言えます。 人と同じ事を考えていたら突破口が見つからないと言うのは、凡人が秀才になるヒントでもありますね。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー