これって共依存?恋愛の特徴から克服法まで
4279 Point
更新

これって共依存?恋愛の特徴から克服法まで

彼に尽くしすぎていたり、判断を任せきっていたりしませんか?もしかして共依存かもしれません。今回は、共依存の意味やDVとの違い、共依存チェックリストをご紹介します。

友だちから恋愛に夢中と言われたことありませんか? あなたは幸せでも、周りからは少しおかしな関係に見られているのかもしれません。

もし心当たりがあれば、彼との共依存の可能性があります。

今回は、共依存についてです。 男女ともに起こる共依存について、意味やDVとの違いをご紹介します。

また、あなたと彼の関係が共依存か診断できるチェックリストを用意しています。 共依存の場合の克服方法もあるので、ぜひ試してみてください。

共依存とは?

男女 悩む

Tiko Aramyan/shutterstock.com

共依存という言葉を知っていますか? 簡単に言うと、相手に依存し、また依存されることです。

親子関係や友人関係、恋愛関係でみられる心理状態ですが、今回は恋愛関係に焦点を当ててご紹介します。

共依存とはお互いがお互いに依存しすぎること

共依存とは自分ではなく、周囲や特定の誰かを基準にして依存してしまう状態のことです。 自分よりも相手の気持ちや考え方を優先して行動してしまいます。 また、相手もあなたの依存を無意識・意識的に受け入れてるのです。

共依存はDVの当事者たちによくみられます。 暴力や暴言があっても、別れられない原因の1つです。

DV被害者は「私がいないと相手がダメになる」と考えている人が多いです。 また、DV加害者も献身的に尽くしてもらうことに依存して、甘えてしまいます。 お互いがお互いに依存しあって、別れられなくなってしまうのです。

共依存の原因

依存してしまう原因はいろいろあります。

一番大きい原因は、自尊心の低さです。 自分に自信がもてないので、相手の価値判断に任せてしまいます。

また、他人との境界線が曖昧で、依存している相手と自分を同一視しやすいです。

他には、理想が高いことも挙げられます。 「〇〇でなければいけない」という気持ちから自分を追い込んでしまいます。

さらに、感情コントロールが下手な場合、自分の感情を見失って、いつの間にか共依存の泥沼にはまっていたというパターンもあります。

共依存の心理

共依存になっている人たちの心理には、「誰かに必要とされたい」という欲求があります。 自分を必要としてくれる誰かを探して、依存します。 「必要とされたい」「認めてほしい」という気持ちが行きすぎて、相手に献身的に尽くしてしまうのです。

健全な人は、自分で自分を肯定したり、ままならない現実に妥協したりて、自分の欲求に折り合いをつけるでしょう。 しかし、共依存してしまう人は相手に頼らなければ自分のことを肯定できないのです。

共依存はDV?普通の恋愛と何が違う?

DV  男女

Dragana Gordic/shutterstock.com

共依存をあまりよくない状態であるとご紹介しました。 よくない恋愛の例は他にもあります。 最近よく聞かれるのは、DV(ドメスティックバイオレンス)です。 DVと共依存にはどのような関係があるのでしょうか?

共依存とDV

DVはドメスティックバイオレンスという英語の頭文字をとった略語です。 日本語に訳すと、家庭内暴力という意味です。

親から子どもへの虐待とは違い、夫から妻もしくは妻から夫という配偶者間での暴力・暴言のことをいいます。 また、DVという言葉は既婚家庭だけではなく、デート関係の男女にも使えます。

一方、共依存はお互いに依存し合っている関係ですが、暴力や暴言があるかはわかりません。 ただただ甘やかし甘やかされる関係なだけのこともあれば、DVを含むこともあります。

しかしDVの結果、共依存が生まれることも多いです。

共依存と普通の恋愛はここが違う

普通の恋愛では、お互いに尊敬しあい、自立した関係をつくれます。 相手のサポートや応援をすることがあっても、相手の行動の結果にまで責任もつことはありません。 それはお互いが自立しているからです。

しかし、共依存はお互いに相手に寄りかかっている状態です。 相手の行動の結果に責任をもつように言われることもあるでしょう。 また、言われなくても自分で責任をもってあげなければいけないと思いこんでしまうこともあります。

共依存は健全な関係ではない

共依存になっているカップルは側からみれば、ラブラブに見えるかもしれません。 しかし、いくら見た目がラブラブでも健全な関係とはいえません。

それはあなたも彼も自分の価値観を見失っているからです。 あなたが自分自身を見失ってまで恋愛を続けることは危険です。

共依存になってしまうと、相手からのDVがはじまっても逃げられなくなってしまいます。 また、どちらかがダメになってしまったときに共倒れになってしまうこともあるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー