どうして突然何もかも嫌になるの!?イライラの原因と対処法を解説!

どうして突然何もかも嫌になるの!?イライラの原因と対処法を解説!

恋活

何もかも嫌になったときの対処法

リラックスしてる女性

何もかもが嫌になってしまったときにどうすればいいか分かっているだけで、気持ちは違ってきますよね。 長い人生ですから、さまざまなライフイベントや出来事に直面して思い悩むこともあると思います。 そのときに必要なことは良い方向に行動することですので、その具体例をご紹介していきます。

あえて何もしない日を作る

積極的に何もしない日を1日でも作ることで、心に余裕が生まれてきます。 学生さんならば比較的可能かと思いますが、社会人の方はなかなか休みが取れないこともあると思いますが、土日などお休みできる機会があれば率先して休みましょう。 とくにやるべきことや仕事に追われている人ほど、自分の時間がゆっくり取れないものです。

それは責任感の表れであったりする場合がほとんどですが、心身を壊すほど自分を追い込んでも結果的に仕事が立ちゆかなくなることが多いです。 自分を頼りにしてくれる人のためにも、お休みをしっかりとってオンオフを切り替えてみてくださいね。

散歩やストレッチで体を動かす

体を動かすことでストレスを発散する方法は、体に負荷をかけることで心をリフレッシュすることができます。 たとえばウォーキングですが、ここまでは歩こうと思って黙々と歩きつづけますよね。 その時間は歩くという動作に集中しています。 そして、目標地点に到達したとき大きな達成感を味わうことができるでしょう。

この達成感もストレスを避ける効果的な方法ですが、歩くという動作に集中することも、つい陥ってしまいがちな負の思考のループを食い止める手立てになっています。 落ち込んだときほど内向的になってしまいがちですが、思い切って散歩してみると気分もスッキリしますね。

遠出をして普段の環境から離れる

いつも見ている景色や環境から離れてみるのは、良い気分転換になります。 たとえば自転車に乗って見知らぬ道を走ってみたり、使ったことのないバスに乗ってあてもなく小旅行をしてみたり。 普段の環境が日常だとしてそれに不満や不安を感じてしまうのだとしたら、全く知らない非日常の景色や環境を味わう体験もストレスを発散するうえでは必要なことです。

普段の環境に慣れてしまうと自分の世界がそれだけのような気がしてきて、そこから逃げられないような気持ちになってしまいますが、世界は自分の見ているものだけではないことを体験してみるのもいい刺激になります。

規則正しい生活を送る

心と体は繋がっていますので、規則正しい生活を送ることもストレスをためないようにするポイントです。 朝起きたら日光を浴びて、しっかりご飯を食べ、夜はゆっくりと眠ることで体と心の崩れたバランスが整っていきます。 メンタルが落ち込んでいるときはなかなか自分をいたわるような気持ちにならないかもしれませんが、傷ついてしまったときや頑張りすぎしまったときこそ自分の生活習慣を見直してみてくださいね。 いつもよりいいご飯やいい入浴剤などで、自分をゆっくりとケアしてあげてください。

人と比べずにありのままを受け入れる

人と比べないで自然体の自分を認めることも大事なことです。 あの人はこれくらいできているから、私もこれぐらいしなきゃと志を高くするのはときに必要なことです。 しかし、それはあなたが壊れてしまうまでおこなってはいけません。 ありのままの自分を認めるということは、自分はこれだけしかできなかったと考えることではなく自分はこんなにできたと考えることです。 また、自分にできないことは素直にほかの人を頼って、自分にできることから少しずつ始めていきましょう。

大丈夫だと自分に語り掛けて自信を持つ

全てに塞ぎ込んでしまっているときこそ、自分は大丈夫と語りかけてみてください。 心の中で語りかけるのもいいですが、実際に声に出してみるのが効果的です。 具体的には「今は元気がないけど私はきっと大丈夫!回復する!」と口に出して、「明日はきっといいことがある!大丈夫!」と自分を励ましてみるのがおすすめ。

全てが嫌になってしまっているときは考え方が悲観的になりがちなので、自分は大丈夫だと言い聞かせることで自己肯定感をアップさせる効果があります。 何があるかわからない未来は不安ですが、だからこそ「自分は大丈夫!」と自分を励ましてあげてくださいね。

誰でもいいから相談してみる

会話してる女性

誰かに話を聞いてもらうことも非常に効果的なストレスのコントロール方法です。 ストレスは日常で誰しもがためてしまうものですが、それを吐き出す方法がわかっていれば怖いものではありません。 怖いのは、ストレスの発散方法がわからずにストレスを溜め込んで爆発してしまうことです。

もし誰か「信頼できて話をしてもいいかな」と思える人がいたとしたら積極的に相談してみましょう。 言葉を使って自分の中から外へ嫌なことを吐き出すのは心のデトックスになります。 一番大切なものはあなたの心と体ですから、遠慮せずに周囲の人を頼って相談してみるといいでしょう。

気にしないように心がける

「考えても仕方ない」と考えすぎないようにするのも大事なことです。 メンタルが落ち込んでしまっていて、気持ちが沈んでしているときはどうしても考えすぎてしまうもの。 そんなときは、考えずにいようと思うことがさらにストレスになることも。 そんなときは、良くても悪くてもとりあえず目の前のことにカタがついたら思い切って頭から消してしまいましょう。

もともと考え込みがちな人は終わったことにまで気持ちが沈んでしまい、それで精神的に参ってしまう可能性もあります。 最終的には「大丈夫!どうにかなる!」とあまり心配をしすぎないことで心の負荷は軽くなります。 些細なことに悩み始めてしまったときは、「忘れる」を心がけてみてくださいね。

良いところに目を向ける

良いところに目を向けて気持ちを楽にするのは良い方向への回復のポイントです。 現時点の良いところを見つけていくのもそうですが、最悪のケースを想定することで今の良いところ、恵まれているところに目を向けるという方法がおすすめです。 辛いとは思いますが極端な話死んでしまうよりも、きっと今はマシだと思います。 また、動けなくて辛いとしても休める場所があること、ご飯を作ってくれる人がいること、相談に乗ってくれる人がいることなど。

何もかも無くしてしまった場合のことを想像して、今の環境が恵まれていることに目を向けてみましょう。 あなたは自分が思うよりもきっと愛されています。

長く続くようなら心療内科を受診する

「もうどうしても辛い気持ちが晴れない」という場合は心療内科を受診するのも手です。 ここでご紹介した対処法や自分の考え方の切り替え、周囲の人への相談で気持ちがいい方に改善されていけばいいですが、そう上手くいかない場合もあるでしょう。 そういうときは、心の専門家の助けを借りるのもいいと思います。

また、一人暮らしや周囲に信頼できる人がいない方はどうあっても専門家の助けを借りる必要がでてくることも。 辛い気持ちが長く続き、改善される見込みがない場合は近所のクリニックを訪れてみてください。

何もかも嫌になったらゆっくりとリセットしよう

リラックスしてる女性

何もかもが嫌になってしまうことは、長い人生において特別なことではありません。 誰しもが経験したことのあることです。 そういうときは、まずはゆっくりと自分を労わり、自分の心を整理してあげてください。 そのためには信頼できる人や専門家に相談をしてみるのもいいでしょう。 心が折れてしまっても、人間は必ず回復できます。 それを信じて今はゆっくりと前に進んでみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)