話題がないから会話がない?すぐにネタ切れする人の特徴と解決方法

話題がないから会話がない?すぐにネタ切れする人の特徴と解決方法

恋活

会話を盛り上げるときの話のネタ・お題とは?

会話しているグループ

よくある定番の話題から、ちょっと専門的な話題まで、相手に合わせた話題を的確にチョイスするのはなかなか簡単にできることではありません。 しかし、その中でもこれなら絶対はずさないという話題をご紹介します。

相手の趣味の話

まずは何といっても相手の興味があること。 これは絶対に盛り上がります。 自分が興味のあることに、相手も興味を示してくれたらうれしいですよね。 休みの日はなにをしてるの?などの質問を投げかけて、相手の趣味を引き出しましょう。 もし自分がよく知らないことならば、知らないことを正直に打ち明け、それについて教えてもらうのがおすすめです。

知らなくても、自分が興味のあることに相手も関心があるとわかれば、会話も盛り上がります。 そして相槌ばかりにならないよう、適度に質問することも忘れないようにしましょう。 会話をきっかけに同じ趣味を始めてみて楽しみが広がれば、一石二鳥ですよね。

芸能人やアイドルなどのゴシップ

人間、人のゴシップなどにはどうしても興味を惹かれるものです。 ニュースで話題の芸能人の話や、流行りのアイドルなどの話題は誰もがある程度は知っているため、会話の導入として入りやすいでしょう。 もし会話をしている相手が、今あなたが気になっている相手なら、そこから恋愛観や好きなタイプ、ものごとに対する価値観を知れるチャンスにもなります。

ただ、あまり下品になりすぎないよう、少し注意しながら会話をしましょう。 悪口で盛り上がりすぎるのはNGです! できるだけポジティブな方向に噂を楽しむのも、コミュニケーションのコツですよ。

身近な雑学

普段、身の回りにあるものの雑学は会話を盛り上げる話題としてとても便利です。 自分が当事者となりえる話題にはかならず興味がわきます。 専門的な知識がなくても、日常のあるある話や家族から教わった生活の知恵なども立派な雑学です。 また、知的好奇心が旺盛であれば相手からの信頼を得ることもでき、その後の付き合いも深くなっていくでしょう。

いろんな情報を知っていて、いろんなことに興味がある人だと思ってもらえれば、相手からもイベントごとなどに誘ってもらいやすくなるかもしれません。 ですが、あまりにも雑学を披露しすぎると、感じが悪くなってしまうときもありますので、ほどほどに。 自慢げに話さずに、相手との会話を楽しむ気持ちは忘れずにいましょう。

食べ物の話

食べ物の話も、簡単に盛り上がることができる話題のひとつ。 パン派がご飯派か、甘いものは好きかなど、この話題は尽きることなく出てくるはずです。 また、この話題は次のステップに繋がりやすく、相手の好みがわかれば一緒に食べに行こうとお店に誘えたり、次の約束を取り付けたりするのに役立ちます。 地元にしかない食べ物や郷土料理なども、興味を持ってもらえたら嬉しくなりますよね。

気になっている相手のことを深く知り、仲良くなれるチャンスかもしれません。 食べ物の話題は、日ごろから毎日のようにテレビやSNSで話題にされていますので、情報も簡単に手に入りやすいでしょう。 相手の好きなものや流行りものを押さえておけば、相手にいい印象をもってもらうことができます。

ドラマや映画の話

映画

その時流行っているドラマや映画については、一度はあなたも耳にしたことはあるはず。 そこから話題を広げでいきましょう。 また有名な映画の話題なら、きっと相手もあなたも会話が弾むはず。 そこから相手の好みのジャンルを探り、映画に誘ったり、DVDを借りて一緒に時間を過ごしたりしてみてください。 相手との親密度も高まります。 ですが、もし相手が自分の知らない作品などの話をしてきた場合は、素直に知らないことを伝え、教えてもらいましょう、無理に知っているふりをすれば、印象が悪くなってしまいます。

ファッションの話

相手の身に付けているものから話題を探すのもいいですね。 相手が身に付けているということは、それを気に入っているということですから、まずは褒めてみてください。 そして、どこで買ったものなのか、なんというブランドのものなのかなど、いろいろと聞いてみてください。

相手は自分に興味をもってもらってくれていると、うれしい気持ちになるでしょう。 また、そのお店を紹介してもらったり、一緒にショッピングに行く約束を取り付けたりするなど、自然な流れで誘いやすくなります。 さりげなく、相手の好みの異性のファッションなども聞きだせるとよいですね。

お互いの出身地の話

地元ネタが盛り上がることは、あなたも経験したことがあるかもしれません。 独自のローカルルールや自分の子供時代、学生時代の話など、自分が経験したことのある話ならあなたも話しやすいはすです。 そこからお互いの経歴や性格、家庭環境など、価値観を知ることができるため、相手をもっと知りたいと思っている人にはぴったりで、おすすめの話題です。 この話題は相手を理解するには最適な話題なので、今後の付き合い方や仲の深め方にもきっと役立つはず。

話題のネタを増やす方法

会話している女性

ここまで、そのような話題が盛り上がるかご紹介しましたが、ここからは実際にどうやって話題を集めればいいか、具体的にご紹介していきます。 これを押さえれば今後話題に困ることはなくなるでしょう。

日々ニュースを見る

あなたは毎日ニュースをチェックしているでしょうか? 世界情勢に詳しくなれとか、政治に対して興味を持てといっているわけではありません。 ですが、ほんの少し今の世の中の流れを知るよう意識してみてください。 これだけで話題はうんと増えるはずです。

法の改正など、みんな自分に直接関係してくる話なら絶対に興味があるはずです。 また話題の人物や、話題の事件など、ニュースは話題の宝庫です。 またニュースを意識しているというのは、相手に知的な印象をあたえることもできます。 いますぐ気軽にできる方法としておすすめです。

いろいろな人の話を聞く

家族、友達、同僚、上司など、日ごろ何気なく生活している中で、自分が思っている以上に毎日さまざまな人と会話をしているものです。 そして、それぞれと話す内容も違うはずです。 そう考えると、話した人の数だけ話題をゲットできるのです。

自分と同じ人生を歩んでいる人はいないわけですから、話す内容も当然変わってきます。 それを意識して会話を聞くようにすれば、今まで知らなかった話題に出会えるでしょう。 いつもの生活を変えることなく、話題を探すために特別な準備をすることなく、話題を手に入れることができます。

自分の経験を思い返す

ゴシップが盛り上がるのと同じように、人の失敗談というものは、ときに面白おかしく感じられるものです。 自分のちょっとした失敗談を話せば、相手も親近感がわいてくるはず。 相手の苦手なことがわかれば、今後のそのような状況を避けることもできます。 そんなさり気ない優しさや気遣いは、きっと相手も気づいてくれますし、あなたに対して安心感を持ってくれるでしょう。

ただ、あくまでも相手が笑える程度の失敗談ということですので、あまりヘビーな失敗談はやめておきましょう。 また、相手があまり笑えない失敗談を話してきたときも、かるく受け流す必要もありますので、ちょっと注意が必要です。

スマホを活用する

今や誰もが持っているスマートフォン。 どこへいても簡単に情報をキャッチできるツールとしてとても便利です。 流行りものを取り扱っているアプリをインストールして、隙間時間にチェックするのもいいですいし、普段の生活の中で気になったワードをこまめに調べるくせをつければ、話題もみるみる増えていくはずです。

SNSなどはリアルタイムで情報がいきかうので、常に最新の情報を簡単に手に入れることができます。 いろいろな情報を知っていればどんな人との会話でも話題に困ることはありません。 ただし、相手と会っているときにスマホを見すぎるのはNGです!

相手の話をよく聞く

この方法も、日ごろの生活でじゅうぶん話題を集めることができる方法です。 たとえ自分が興味のない話でも、とりあえず聞いてみてください。 きっとどこかで必ず役に立つでしょう。 自分で新しく情報収集するよりも、最初から詳しく知っている人の話を聞いてしまったほうが簡単ですよね。

また、こういう話題を好む人にはこういう傾向がある、といった分析をすることもでき、今後誰かと会話をするときにも参考にすることができるでしょう。 会話は自分から発信することも大事ですが、相手の話を注意深く聞くこともとても大事なのです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事