何もしたくないときの心理・原因とは?無気力の対処法を解説!
2156 Point
更新

何もしたくないときの心理・原因とは?無気力の対処法を解説!

やる気が起きなくて何もしたくなくなるときはないですか?そうなってしまう原因や心理、NG行動などを解説します!対処法を実践して生き生きとした人生を取り戻しましょう。

なぜだか自分でもわからないけれど、なにもかもやる気が起きないときってありますよね。 体調が悪いわけではないのに、なんとなく体がだるいこともあると思います。 ですが、そんな自分に対していら立ってしまったり、焦ってしまったりすると余計に不安は募るばかりで、むしろ事態は悪化してしまいます。 ではなぜそのような状態になってしまうのか。 考えられる理由はさまざまですが、その原因や仕組みを一緒に見ていきましょう。 対処法を知れば、あなたの元気も取り戻せるはずです!

毎日眠くて疲れてしまう!何もしたくないときの心理・原因とは?

疲れている女性

fizkes/shutterstock.com

なにもしたくないときの心理・原因とはどのようなものがあるのでしょうか。 原因は1つではなく、さまざまな要因が考えられます。 たとえば、肉体的疲労・精神的疲労からくるものもあれば、霊的なことが原因で、「なにもしたくない」という状態を引き起こしている場合もあります。

何もしたくないときの心理・原因は人によって違う

無気力で疲弊してしまった原因は人それぞれです。 まずは自分自身と向き合い、なぜ今なにもしたくない状態なのか考えてみましょう。 人によって異なる答えがでてくるでしょうが、なにもしたくないという感情は甘えでも怠けでもありません。 もっとしっかりしなければ、と自分を責めてしまう真面目な人ほど悪化していってしまう傾向があります。 心のSOSということを理解し、原因に合わせた対策をしていきましょう。

【心理や原因1】ストレスが溜まっている

1つ目の心理・原因としてストレスが溜まっていることが考えられます。 精神面での疲労は、肉体的な疲労と比べて自分では気づきにくく、日常生活の中で小さなストレスが積み重なっている場合がほとんどです。 何気ないモヤモヤも解消しないまま繰り返してしまえば、大きなストレスとなっています。 そのため、「なにもしたくない」という状態は「休んでほしい」という心のサインである可能性があります。

【心理や原因2】肉体的な疲労が溜まっている

2つ目の心理・原因として肉体的疲労が溜まっていることが考えられます。 肉体的な疲労の蓄積は、自分の力量を越えた勤務や睡眠不足などが原因で起こります。 十分に休めないため、いつも倦怠感のある状態になり疲れやすくなるのです。 この肉体的疲労が続くと「なにもしたくない」と感じてしまう場合があります。 放っておくと大きな病気に繋がる可能性もあるので、要注意です。

【心理や原因3】没頭出来る趣味がない

3つ目の心理・原因として没頭できる趣味がないことが考えられます。 趣味があると休日を楽しめて、リフレッシュすることができるため、知らぬ間にストレスの発散ができています。 しかし趣味がない場合、自分の気持ちを盛り上げることができず、なにもしたくないという心情に陥りやすくなるのです。 楽しみがなく、ただただ嫌なことが蓄積してしまうのはつらいですよね。 溜まったストレスをきちんと発散するというのは、とても大切なことなのです。

【心理や原因4】人間関係でいざこざがあった

4つ目の心理・原因として人間関係でいざこざがあったことが考えられます。 人間関係でいざこざが起きると、その不安定な状態や、問題が解決しないことが大きなストレスになります。 性格の合わない人や意地悪な人が毎日そばにいたら、憂鬱になりますし疲れてしまいますよね。 過度なストレスは脳に疲労をもたらし、精神的疲労に繋がるため、無気力状態になりやすいのです。

【心理や原因5】頑張っているのに結果が出ない

5つ目の心理・原因として頑張っているのに結果がでないことが考えられます。 努力が実を結ばず「なにをしても報われない」と感じてしまうことで、なにもしたくない状態になります。 一生懸命やっているのに、誰からも認めてもらえなかったらつらくなってしまいますよね。 さらに、うまくいかない悩みや愚痴を誰にも聞いてもらないと、余計にストレスは溜まってしまいます。 また社会の厳しさや環境の変化から、心が苦しくなり無気力になる場合もあります。

何もしたくないときに簡単にできる改善・対処法とは?

休んでいる女性

Africa Studio/shutterstock.com

なにもしたくないときには、休息を取ることがとても大切になります。 まずは自分自身に休息をプレゼントし、エネルギーを充電しましょう。 人は無気力状態に陥ってしまうと、物事が面倒くさいと感じてしまったり、理由もなくやる気が出なくなったりしてしまいます。 ここでは、そんな状態でもできる改善・対処法をいくつかご紹介していきます。 自分にできそうな方法を試してみましょう。

一番大切なのは心と身体を休めること

まずは心身共にリラックスできるように、しっかり休みましょう。 休むことは悪いことではなく、自分の余裕を生む大切な行為です。 休んでいることを申し訳なく思ったり、サボっていると感じたりする必要はありません。 疲れたときは無理に動くのではなく、睡眠をとったり、自分の心が満たされると思うことだけをしてみたりしましょう。 そうすることで活力が湧き、心と身体の休息に繋がります。

部屋の北側で白湯を飲む

風水的には、部屋の北側で白湯を飲むことで活力がみなぎると言われています。 白湯とは、お水を沸騰させたものを約50℃まで冷ましたもので、毎日飲むと健康に高い効果があるそうです。 とくにデトックス効果や冷え性改善に効果があり、肉体的な疲れからくる無気力の方におすすめの対処法です。 やる気を取り戻すだけではなく、普段から疲れにくい身体づくりにも期待できますね。

紙にやりたいことや目標を書く

なにもしたくない状態が続く場合、脳から分泌されるドーパミンという快楽物質が欠乏している可能性があります。 やりたいことや夢を書くことは、このドーパミンを分泌させ、脳をやる気にさせることにつながります。 また夢や目標を書くと無意識に願望がインプットされ、夢の実現に向けて行動できるようになります。 あまり大きな夢ではなく、実現できそうな小さな目標をたくさん書くと良いですよ。

好きな音楽を聴く

自分が好きな音楽を聴きリラックスしましょう。 音楽には脳を活性化させる効果があり、その結果、心身障害の機能回復効果が見込めるとされています。 また、ストレスケアに効果のある音楽を聴くことでコルチゾールの値が減少し、無気力状態から活気のある方向へと改善されるという調査結果もあります。 質の良い睡眠をうながす音楽などもあるので、試してみてはいかがでしょう。

美味しいものを食べる

なにもしたくないときは、おいしいものを食べましょう。 おいしいものを食べると、脳内からオキシトシンという幸せホルモンが分泌されます。 このオキシトシンが分泌されると、気持ちが落ち着いたり、脳や心が癒されストレスを緩和したりすることができます。 そのため、ストレスからくる無気力に最も効果的な改善方法と言えます。 ただし、やけ食いをして内蔵に負担をかけてしまわないよう気を付けましょう。

太陽光を浴びる

起床時にカーテンを開け、太陽光を浴びる習慣をつけましょう。 15分太陽光を浴びることで、体内でビタミンDが合成されます。 このビタミンDは、心と神経のバランスを整えるセロトニンという脳内物質を調整して、うつ症状を改善する作用があります。 しかし日光には紫外線がふくまれているため、長時間浴びないように注意しましょう。 陽の弱い朝に散歩をするのも、気分転換にもなっておすすめですよ。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー