人間関係のストレスから自分の心を守る方法と苦手な人との向き合いかた
3963 Point
更新

人間関係のストレスから自分の心を守る方法と苦手な人との向き合いかた

人とのつながりは切っても切れない関係ですよね。もちろん人間関係のストレスにより心を痛めたり、苦しめてしまうことも。心が病む前に、あなたの心を守るための術を習得しておきましょう。

人間関係は生きていく上で切っても切れない関係です。 また人と関わる以上、ストレスとも切っては切れない関係に。 人間関係のストレスで自分自身を苦しめないよう、ストレス解消法やストレスとの向き合い方を心得ておくといいですね。

また、苦手な人との付き合い方、距離の取り方などもご紹介いたします。 ぜひ、普段の生活に役立てていきましょう。

ストレスを抱えやすい人の特徴とは?

ストレスを抱えやすい人の特徴

fizkes/shutterstock.com

どのような人がストレスを抱えやすいのでしょうか? まずは、ストレスを抱えやすい人の特徴をご紹介していきます。 ストレスを抱えやすい人には、いくつかの共通点があります。

その共通点を紹介していく中で、あなたに当てはまる項目が多いほど、あなたは人間関係でストレスを抱えやすい傾向に。 あなたに当てはまる項目がいくつあるのか?さっそく、確認していきましょう。

真面目な人

真面目な人は、真面目過ぎるゆえに、ほとんど遊びがありません。 とくに仕事においても冗談が通じなかったり、マニュアル通りにことが進まないと不安になり、また感情的になってしまうなんてことも。 とくに、言われたことを忠実に守らなければならないなど、枠にはまりたがるところも特徴です。

枠にはまった考え方の方が、自分で考えるより楽だという方は別です。 しかし、間違っているのか?不安になり、枠にはめてほしいと思う気持ちが強いのであれば真面目な傾向が強いタイプと言えるでしょう。

完璧主義

完璧主義の人は、些細なミスが気になってしまいます。 その些細なミスが気になってしまい、集中力の低下につながる傾向が。 たとえば、他人が気にも留めないようなミスを大きなミスのように捉えてしまうことはありませんか?

そのミスしたことが気になってしまい、その後、仕事に集中できなかったり、イライラしてしまうようならストレスを抱えやすい人の可能性があります。 何事もうまく完璧にこなしたい、きちんと仕事はしなければならないなどに気を付けることは大切ですが、度が過ぎてしまうと、あなたも周りの人間関係でもストレスが生じやすくなってしまいます。

人づきあいが苦手

人づきあいが苦手な人は、当然人間関係でも悩みが多い傾向にあります。 そもそも人と付き合うことが煩わしく感じていたり、人と会っても気を遣うことが苦手だったり、人によっては「うざい」と感じる人も。

これまで人間関係でも嫌な記憶が強いようなら、人に対して「人づきあいが苦手」なんて思うことは自然なことかもしれません。 しかし、生きていく上で切っても切れないものが、人間関係です。 だからこそ苦手な人間関係でも、無理に合わせて生活していかなければならないと、さらにストレスが溜まってしまうのです。

自分に自信がない

自分に自信がない人は、常に心の中で「これは合っているの?」「周りの目が気になる」「私は嫌われている」など自信のなさからマイナス思考に陥り勝ちに。 自信がないからこそ、周りにどのように思われているのか?がとても気になってしまうのです。

失敗することが怖く、他人から白い目で見られたくないと思う気持ちが強いのです。 また、集団の中にいるこが安心材料となります。 少しでも、集団から外れてしまうようなことがあれば、不安でたまらなくなってしまうのも特徴です。

人間関係ストレス度をチェック

ストレス度をチェック

pathdoc/shutterstock.com

人間関係で自分がどれだけのストレスを抱えているのか気になりますよね? このコーナーでは、あなたがどれだけ人間関係でストレスを抱えているのかチェックしておきましょう。 YESと答えた数から、あなたのストレス度をチェックしていきます。

YESの数がいくつあるのかきちんと覚えておきましょう。

職場に苦手な人がいる

あなたの職場に苦手な人はいませんか? 誰しも一人や二人は苦手な人がいる人も少なくありません。 上司からの嫌味で心を病んでいたり、同僚のライバル視している態度に疲れる、後輩の馬鹿にした態度が鼻につくなど人により様々です。

また、相手のどのようなところが苦手なのか?きちんと答えられることが大切です。 もし答えが出ないようなら、苦手に思う相手をあなたがただ嫌いなだけか、細かなイヤなことが重なり苦手に感じていることも。 あなたの職場で人間関係のストレスはどの程度か考えてみてくださいね。

いつも相手に期待してしまう

いつも相手に期待してしまう人は、「自分はこれだけしているんだから、あなたもこれくらいはやってよ。」といった感情のある人です。 相手に、自分と同じことを求めてしまう傾向がある人はストレスが溜まりやすい傾向が。 相手に期待してしまう分、達成されなかったときの落胆も大きくなってしまいます。

あなたが相手に期待していることは何ですか? あなたがし気づかぬうちに見返りを求めて行動していると、いつまでも相手の責任にしてしまいます。 相手の責任にしてしまうと、結局あなたが成長できず、いつまでも相手を恨んでしまう行動から外れることができません。

SNSで幸せそうな投稿を見つけると嫌な気持ちや嫉妬してしまう

SNSは自分の近況報告やビジネスなどで利用している人も少なくありません。 幸せそうな人の投稿や素敵な投稿を見ては一喜一憂していたり、素敵な投稿にも素直に素敵だと思えない状況ならストレスが溜まっていることが考えられます。

他人の幸せな姿を見て悲しくなったり、嫉妬してしまう気持ちになるのは、あなたの**心が満たされていないこと**が原因かもしれません。 ストレスが溜まってしまうと、他人の幸せを素直に喜べる余裕もなくなってしまいます。

人との関わりが煩わしく感じている

もともと一人が好きな人にこの質問はあまり意味がありません。 しかし、昔は人と関わるこを苦に感じていなくても、最近では人との関わりが煩わしいと感じているようならストレスがあなたをそうさせているのかもしれません。

心に余裕があり、人との関わりを楽しいと思えるなら、心の状態は健康的と言えるでしょう。 しかしストレスが溜まっている状況では、休日まで人と関わりたくないと感じてしまう傾向が強くなってしまいます。

最近よく気を遣っていると感じる

悩む

wavebreakmedia/shutterstock.com

最近職場や友人にもよく気を遣っていると感じるのであれば、少し心にストレスを感じているのかもしれません。 また、新しい環境で気を遣い疲れてしまっていることも。 あなたの今の環境をよく考え、気を遣う状況が続いているようならストレスを感じやすくなっています。

たとえば、仕事でプレゼンが続いていたり、営業でも接待が多いと感じるなど気を遣う場面が多いと感じるなら、

心が少し疲れているのかもしれません。

相手の要望にこたえなければならないと感じている

相手の要望にこたえなければ、相手に悪いと思ってしまう。 そんな気持ちのあなたは、正義感が強い真面目な人なのです。 しかし、相手の要望の中にもあなたができることとできないことの見極めも大切です。

できることは積極的に、出来ないことは丁寧に断ることで、あなたは相手を困らせることはありません。 また、人によっては「できないことをできる顔をしないでほしい」なんて、あなたのことをマイナスに捉える残念な人もいるので、気を付けたいところなのです。

やりたいことや目標がない

時間を忘れてしまうほどあなたがハマっているモノや、将来の目標がない状況ではストレスの発散できる場所がないのと同じ状況です。 人は何かに夢中になることで、ストレスから離れることができるのです。 何かやりたいと思える趣味もなく、休日にふつふつと職場の人間関係や仕事のことばかりを思い出していては、ストレスが溜まる一方です。

やりたいことや目標がないなら、ストレスが溜まりやすい状況と言えるでしょう。

何気ない人の言葉に傷付いてしまうことがある

相手はあなたに軽い気持ちで言った言葉が、あなたにとって傷ついてしまうようなら、今のあなたは心が疲れている状況なのかも。 健康な心なら、とくに気にすることもありません。 もし、そんな状況に出くわしても「いつもの○○さんと違ったな。今日は期限が悪かったんだろう。」と上手く流せるでしょう。

しかしストレスを上手く流せていないことが原因で、相手からの何気ない言葉に傷ついてしまうことがあるのです。

感受性が強い

感受性の強い人は、受け止める感情が強くなってしまいます。 そのため普通の人と比べ、心も疲れやすい傾向にあります。 感受性が強いことで相手の立場や気持ちを考えることができたり、相手を思いやる気持ちが強いところがあります。

決して感受性が強いことが悪いわけではありません。 しかし感受性が強いことで、相手からの気持ちに敏感になってしまい疲れていては何もできません。 ときには、流せることで気持ちが楽になることも。

食事やテレビを見ていても楽しいと感じない

普段、私たちが「娯楽」を娯楽と感じない人の場合、心が疲れ果ててしまい楽しむ気持ちになれません。 この場合かなり人間関係でもストレスが溜まってしまい、疲れ果てている状況です。 また、楽しみが無いのも一つの原因です。

一つでも、あなたの中に「楽しみ」と思えることがあるだけでも、ストレスが和らぐのです。 もし、食事をしていてもおいしいと思えなかったり、生きているうえで楽しみもないと感じてしまうようなら、ストレスの症状はかなり重たいのかもしれません。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー