仕事ができる人とは?特徴・習慣・得意なことを真似してみよう
2837 Point
更新

仕事ができる人とは?特徴・習慣・得意なことを真似してみよう

仕事ができる人になりたくありませんか?仕事ができる人になるには、その人たちの特徴や習慣などを理解しなくてはなりません。ここでは、仕事ができる人になる方法をまとめました。

仕事ができる人になりたい、と思ったことはありませんか? バリバリと仕事をこなせる人なら、周りからの信頼も厚く、羨望のまなざしで見てもらえます。 スキルがアップし、経験も積んでいけば収入もますますアップするでしょう。

では、仕事ができる人になるには、いったいどうすればいいのでしょうか。 本気で目指すのなら、仕事ができる人の特徴や習慣などを理解しなくてはなりません。 できる人を見習い、あなたも仕事ができる女性を目指しましょう。

仕事ができる人の特徴とは?

仕事ができる人の特徴

Drazen Zigic/shutterstock.com

そもそも、仕事ができる人とはどのような人のことを指すのでしょうか。 一般的には、どんな仕事でもスピーディかつ確実にこなし、きちんと結果を残せる人を仕事ができる人と呼びます。

あなたが仕事のできる人を目指すのなら、まずは特徴を理解しなくてはなりません。 それが、仕事ができる人への第一歩です。

ポジティブな考え方

仕事ができる人の多くはポジティブ思考です。 物事を常によいほうに考えるため、たとえ失敗したとしてもクヨクヨすることはありません。

普通なら「自分にできるだろうか」「できないかもしれない」と思ってしまうことでも、「自分なら必ずできる!」と考えます。

失敗を恐れることなく積極的な行動を起こせるため、結果を残しやすいのです。 立ち直りも早いため、大きな失敗をしたとしても「これでまたひとつ成長できた」と考えます。

あなたが仕事のできる人を目指すのなら、まずは思考から変えてみてはいかがでしょうか。 ネガティブなことはいっさい考えず、常にポジティブシンキングを意識しましょう。

マイペース

あなたの周りに、仕事はバリバリとできるのに、なぜかマイペースに見える人はいませんか? 「あんなにマイペースなのに、どうして結果を残せるんだろう?」と疑問に感じてしまうこともあるかもしれませんね。

仕事ができる人は、極力ムダを省こうとします。 常に合理的に物事を考えるため、いっさいのムダを省いた行動をとるため、周りからはマイペースに見られてしまうことがあるのです。

ただのマイペースな人なら、仕事の進み具合などもあまり気にせず、のんびりと作業をこなす傾向にありますが、できる人はそうではありません。 合理性を追及して作業しているため、マイペースに見えるだけなのです。

頭がいい

勉強ができる人が、頭がいいわけではありません。 世の中には、とんでもなく高い学力を持ちながらも、頭が悪いといわれる人もたくさんいます。

実務の世界で頭がいいといわれる人は、判断力に優れている傾向にあります。 難しい判断に迫られたときも、素早く正しい決断を下せるのです。

また、判断力だけでなく行動力が伴っているのも特徴です。 スピーディな判断力とアグレッシブな行動力を持つ頭のいい人は、仕事でもたしかな結果を残します。

判断力や行動力、レスポンスなどが速いのは、頭の回転が速いからだと考えられます。 頭の回転が速いからこそ、最適な答えを瞬時に導き出せるのです。

笑顔が絶えない

お店で買い物をするとき、暗い表情をした人と明るい笑顔の店員さん、どちらから商品を買いたいと思いますか? おそらく、多くの方は後者ではないでしょうか。

笑顔には、人を明るく元気にする力があります。 仕事ができるといわれる人の多くは、常に笑顔を携えており、周りの人からも好かれる傾向にあります。

いつもニコニコしていると、周りの人も話しかけやすいですよね。 取引先の担当者やクライアントなどからも好かれやすく、短時間でよい関係を築けます。

人の警戒心を解いてしまうため、契約などもとりやすくなるかもしれません。 仕事ができる人は、本能的にそれを理解している可能性があります。

他人の目を気にしない

他人の目を気にしてしまうと、思い切った行動がとれません。 しかし、仕事ができる人は、他人の目はもちろん、周りからの評価もあまり気にしていないため、思い切った行動がとれるのです。

そのため、仕事ができる人はビジネスチャンスを逃しません。 チャンスだと思ったら、周りの人の意見も聞かずに掴もうとします。 だからこそ、仕事できちんと結果を出せるのです。

周りからの評価も気にしないため、マニュアルや既存の価値観に縛られることなく行動できます。 とにかく結果を出すことが大切だと考えているため、周りのことなどいっさい気にしません。 これも、仕事ができる人によく見られる特徴ですね。

嫌われることも

物事を合理的に考えるため、周りに敵を作ってしまうこともあります。 また、自分の意見をはっきりと口にするため、人から嫌われてしまうことがあるのも特徴です。

普通なら、オブラートに包んだほうがよいことでも、仕事ができる人はストレートに伝えてしまいます。 特に、職場の同僚や部下、上司などにはより顕著です。 そのため、取引先の担当者やお客さんからは好かれますが、同じ職場にいる人たちからは嫌われてしまう傾向にあります。

人から嫌われるのは誰でも嫌なものですが、仕事ができる人はあまり気にしません。 むしろ、それで嫌われるくらいなら嫌ってくれたほうがいい、とすら考えることがあります。

身だしなみが整っている

身だしなみ

Minerva Studio/shutterstock.com

見た目が人に与える印象が大きいことを、仕事ができる人は理解しています。 そのため、仕事ができる人の多くは、常に身だしなみに気をつけているのです。

特に、清潔感は何より重要だと考えています。 髪の毛も短めで、爪も定期的にしっかりとケアしています。 服装にも気を付けており、汚れやしわが目立つような服を着ることはまずありません。

もし、あなたが本気で仕事のできる人を目指しているのなら、まずは身だしなみから見直してみましょう。 見た目が人に与える印象は、あなたが思っている以上に大きいのです。 清潔感を重視し、日ごろから身だしなみを整えることを意識してください。

他人への気遣いを欠かさない

他人への気遣いを欠かさないため、周りから「いい人」と評価されることが多い傾向にあります。 誰に対しても平等に気遣いができるため、誰からも好かれるのです。

チームワークが大切な職場では、特に周りへの気遣いが重要となります。 気遣いがしっかりできる人は、一緒に働いていて気持ちがいい、仕事をしやすいと思われるのです。

逆に、周りに対して気遣いができない人だと、チームでの仕事がうまくいかなくなるかもしれません。 コミュニケーションもうまくとれず、仕事で大きなミスをしてしまう恐れもあるでしょう。

仕事中は、常に周りへの気遣いを忘れないことが大切です。

人に頼みごとをするのが上手

仕事ができる人は、人に頼みごとをするのが上手です。 どんなにバリバリと仕事をこなす人でも、1人で働いているわけではありません。 きちんと結果を残している人の多くは、周りの人をうまく使えているのです。

周りをうまく使うためには、頼み方が大切です。 横柄な態度で頼んでしまうと、恐らく誰もやりたがらないでしょう。 引き受けてくれたとしても、遺恨を残してしまうかもしれません。

仕事ができる人は、相手に不快な思いをさせることなく、頼みごとができます。 また、相手から頼られたときは快く応じているため、周りの人が協力的なのです。 頼みごとをするだけでなく、自分が頼られたときにどう対応するかで、周りの反応も違ってきますよ。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー