寂しい時はどうすればいい?寂しくて仕方がない原因を解説
3115 Point
更新

寂しい時はどうすればいい?寂しくて仕方がない原因を解説

寂しいと感じることが多い、と悩んでいませんか?ここでは、寂しいと感じてしまう原因を解説しています。また、寂しいと感じたときにできる効果的な対処法もまとめました。

寂しいと思ったことが一度もない、そのような女性は恐らくいないのではないでしょうか。 長い人生の中では、寂しいと感じるシーンは多々あります。 家族やペットがいなくなったとき、恋人と別れたとき、仲間はずれにされたときなどは、寂しい気持ちになりますよね。

寂しくて仕方ないときには、思考もネガティブになりがちです。 寂しいときの対処法を知っておけば、今後気持ちが落ち込んだときもうまく過ごせるかもしれません。

寂しい時の女性の心理的な特徴とは

寂しい時の女性の心理

fizkes/shutterstock.com

寂しいと感じることが多い女性には、共通する特徴がいくつかあります。 もし、あなたが普段から寂しいと感じることが多いのなら、下記の特徴に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

自分の心理状態を客観的に見つめることで、寂しさを感じやすい自身から脱却できるかもしれませんよ。

自信がない

自己肯定感が低いと、心に穴が空いているような状態になることがあります。 自信を持つことができず、何ともいえない寂しさに包まれてしまうことが少なくありません。

自信を持つことができないため、思考もネガティブになりがちです。 「自分は何をやってもダメだ」「何をしてもうまくいくはずがない」などと考えてしまい、どんどん気持ちが沈んでしまいます。

「こんな自分を好きになってくれる人なんて…」と考えることもあり、寂しい気持ちが募ってしまうのです。 自信がないことを自覚しているのなら、まずは自信をつけることが先決ですね。

人に頼れない

他人に頼れない人だと、気持ちを打ち明けることができません。 寂しさや苦しさなどは、人に打ち明けることで楽になれるものです。

寂しさを感じることの多い女性だと、周りの人に頼ることができず、自分の中に気持ちを押しとどめてしまいます。 誰にも打ち明けることができない状況が続き、どんどん心が苦しくなってしまうことも少なくありません。

人は、決して1人では生きていけないといわれています。 心がしんどいとき、自分だけではどうしようもないときは、信頼できる人に頼ってみてはいかがでしょうか。

ナイーブである

繊細な心の持ち主だと、ちょっとしたことですぐに落ち込んでしまいます。 人からすると何でもないことであっても、繊細なハートの持ち主だと些細なことでも病んでしまうことがあるのです。

些細なことで寂しさを感じてしまい、そんな自分にも嫌気がさしてしまうことも少なくありません。 自分の繊細さを自覚している女性ほど、そんな自分が嫌になってしまいます。

心が繊細なのは、持って生まれた性質なので今さら根本的に改善するのは難しいかもしれません。 しかし、繊細な心を持っているのは素晴らしいことです。 マイナスに考えないようにしましょう。

一人で行動できない

1人で行動するのが恥ずかしい、と感じたことはありませんか? 友達がいない、孤独な人だと思われたくない、といった人だと、常に誰かと一緒に行動したがります。

今までずっと、常に誰かと一緒に行動してきた人だと、1人になった途端に寂しさを感じてしまいます。 そのため、自宅にいるときは常に誰かとLINEをしたり、電話をしたりしてしまうかもしれません。

1人で行動することは恥ずかしいことではない、とまずは考えることから始めましょう。 また、1人での楽しみ方、時間の上手な使い方を覚えるといいかもしれませんね。

恋愛したいと思いがち

すぐに依存してしまう人にありがちです。 恋愛したいと思いがちな人は、恋人に依存してしまい、いつも一緒にいないと気が済まないといった人も少なくありません。

そのため、恋人と別れてもすぐに新しいパートナーを見つけようとします。 1人でいることが耐えられず、寂しくてどうしようもないため、新しい依存先を探そうとしてしまうのです。

恋人を探そうとするのは悪いことではありませんが、依存が強すぎるのは問題かもしれません。 依存されることを嫌う男性もいるので、精神的に自立できるよう努めましょう。

寂しい理由がわからない…その原因とは?

寂しい理由がわからない

file404/shutterstock.com

寂しくなる決定的なことがあったのならともかく、理由もなく寂しくなったことはありませんか? 特にこれといった理由もないのに寂しくなってしまうと、自分はどこかおかしいのではないか、と不安になることもあるでしょう。

理由もないのに寂しくなってしまう原因には、さまざまなことが考えられます。 ここでは、代表的な原因をピックアップしました。

やることがなく暇

暇を持て余していると、余計なことを考えてしまいがちです。 忙しくしていると、余計なことを考える暇はありませんが、時間があるといろいろなことに思いをはせてしまうのです。

たとえば、別れた彼氏のことを思い出したり、大切な家族が亡くなったことを思い出したりなど。 大きな悲しみに打ちひしがれたときのことを思い出し、寂しい気持ちになってしまいます。

普段、職場と自宅の往復しかしていないといった人や、これといった趣味がない人がこうした傾向にあります。 余計なことを考えないよう、時間の使い方を考えてみましょう。

ストレスが溜まっている

ストレス社会といわれる現代では、誰もが何かしらのストレスを抱えているといわれています。 ストレスが溜まっていると、寂しい気持ちになることがあるので注意が必要です。

もし、ストレスが溜まっている自覚があるのなら、溜め込まないよう注意しなくてはなりません。 まずは、ストレスを感じてしまう環境から変えてみてはいかがでしょうか。 ストレスフリーで過ごせる環境に身を置けば、寂しさを感じる頻度が少なくなるかもしれません。

また、ストレスを適度に発散していれば、溜め込まずに済みますよ。

本能として持ち合わせている

人間は1人では生きていけないといわれています。 本能でそれを自覚しているからこそ、寂しいと感じることがあるのかもしれません。

そのため、寂しいと感じるのもある程度は問題ないといえるでしょう。 どんなに心の強い人でも、まったく寂しさを感じない人はいません。

ただ、頻繁に寂しいと感じてしまうようだと、精神的にも疲れてしまい、仕事やプライベートにも影響を及ぼす可能性があります。 あまりにも頻繁に寂しいと感じるのなら、本能以外にも別の問題があるのかもしれません。

まずは、寂しくなる原因を探ってみましょう。

人肌が恋しくなっている

冬場の寒い時期や、夜間になると寂しくなることがありませんか? これは、人肌が恋しくなっているからだといわれています。

人肌の温もりを知っていると、冬場や夜にはそれを思い出して寂しい気持ちになってしまうものですよね。 唐突に寂しさが湧きあがり、かつて付き合っていた恋人のことを思い出してしまうこともあるでしょう。

もし、恋人がいるのなら、一緒に過ごすことで寂しさを解消できるかもしれません。 どうしても寂しさが止まらないときには、恋人に会いにいくといいかもしれませんね。

彼氏と会えないと寂しい

大好きな彼氏とはなるべく会いたいものですよね。 しかし、仕事が忙しかったり、趣味に時間を費やしていたりすると、なかなか会おうにも会えません。

好きな人とコミュニケーションが取れないと、不安になってしまい寂しい気持ちを抱いてしまいます。 どんどん気持ちが落ち込んでしまい、「浮気をしているのでは」「嫌われたのでは」と考えてしまうこともあるでしょう。

ネガティブな思考に偏ってしまい、彼との関係がギクシャクしてしまうかもしれません。 素直に寂しい気持ちを彼に伝えれば、何かしら配慮してくれる可能性もあります。

仕事でミスしたから

会社や周りの人に迷惑をかけてしまったことで、不安になります。 上司からの信頼を失ってしまったのでは、同僚に迷惑をかけてしまったのではと考えてしまい、落ち込んでしまいます。

大きな失敗であればあるほど、自分を責めてしまい寂しい気持ちになってしまうことも少なくありません。 自分はダメなやつだと、必要以上に追い詰めてしまうこともあるでしょう。

仕事でミスをするのは、誰にでもあることです。 そのたびに精神をすり減らしていると、これから先の長い人生大変ですよ。 あまり深く考えすぎないことが大切です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー