運命線の手相占い!運命線の特徴別の意味や見方を解説
2937 Point
更新

運命線の手相占い!運命線の特徴別の意味や見方を解説

運命線を読み解けるようになると、運命が良くなるときや停滞するときがわかります。どんな運気なのか手相を見ながら占ってみましょう。また、理想的な運命線を書き足す方法もお伝えします。

▼この記事の監修占い師▼
占術家
Jira(ジラ)
手相、算命学、観象学、気学など主に東洋系占いを得意とし、対面鑑定を中心に活動しています。
個人鑑定のお申し込みは電話とチャットでウラナッテより受付中です。

Blog

運命線ってどこの線かわかりますか? 手相に詳しい方以外だと、なかなか知られていない線ではないでしょうか。

「運命」というほどの線ですから、自分に待ち受けている運命がわかる線だと感じますよね。 そもそも運命は「自分自身に巡ってくる吉凶が両方あるめぐりあわせ」とされています。

しかし、手相は行動や気持ちで変化していきますし、運命もまた変化させることができるのです。

今回は、運命線の意味や運命線を書き加えて幸運を招くコツなどをお伝えいたします。

当たると評判の人気チャット占い・電話占い!口コミや無料の鑑定特典も紹介

大好きな彼の気持ちや、将来への不安…選択を迫られたとき、信頼できる占い師さんのアドバイスがもらいたいですよね。そんな時に試してみたい人気占いアプリ「ウラナッテ」。口コミや評判はどうなのでしょうか。どんな占い師さんに相談ができるのか詳しく見てみましょう。

https://koimemo.com/article/16498

運命線とはどんな手相?左右で違う見方を解説

手相_運命線

手相_運命線

運命線を見ると、その人の運勢が停滞する時期と良い時期とがわかります。 運勢が良い時期に合わせて行動すれば、より良い結果を出すことができるのです。

もしも運命が低迷している時期であれば行動に気を付けて悪い結果を避けることができます。

それでは、運命線の基本的な内容からみていきましょう。 皆さんもご自身の手のひらを見ながら読み進めてみてください。

運命線の位置と意味

運命線は、手のひらの真ん中あたり、中指の付け根あたりに向かって縦に走る線です。 人によって長かったり、始まりの点が真ん中ではなく左右どちらかに寄っていたりします。

運命線でわかるのは「あなたがどのように運命を切り開いていくか」です。 仕事運や人生の流れが運命線に詰まっています。社会生活でどのような人生を歩んでいくのかがわかるのです。

運命線を読み解くことで人生のターニングポイントを割り出すことができます。 運命線はない人も少なくありません。

後々出てくることもある手相です。 今線がないから不運だということにはならないので安心してくださいね。

運命線と年齢の見方

運命線で年齢を割り出すには、運命線の長さに関わらず手首から中指の付け根までで考えます。

運命線を手首までぐっと伸ばし、運命線と手首が交わる部分が0歳です。 中指の付け根を100歳とし、手のひらの真ん中を30歳としてカウントします。0歳から30歳の間が20歳です。

親指側から横に伸びる頭脳線と運命線が交差する部分を35歳とし、小指側から横に伸びる感情線と運命線が交差する部分が55歳として考えます。

運命線が短くて年齢を割り出しにくい場合も少なくありません。 そのときは運命線をまっすぐ水性ペンなどで書いて割り出してみましょう。

運命線の平均的な長さ

手首側から中指に向かって伸びている線はすべて運命線と考えます。 人によっては1本ではなく数本運命線があることも少なくありません。

そのため「平均」とされる運命線の長さはありませんが、一般的には手首から中指の付け根に出るとされます。

未成年の間は運命線がない場合も少なくありません。 これはまだ人生の方向性が決まっていないからで、方向性が決まると徐々に線が現れてきます。

理想的には1本が力強く手首から中指の付け根に向かって伸びている形の運命線です。 線の濃さにむらがなく、最後までしっかりとした線であると運命そのものがしっかり回っていると考えられます。

運命線が左右で意味すること

一般的に、手相は左手を「生まれ持った運」右手を「培った運」として読んでいきます。 運命線の場合、左手は「心の変化」を表し、右手は「具体的な環境の変化」と考えてください。

心が充実していると左の運命線がしっかりとし、社会的に安定していれば右手の運命線がしっかりとします。

右手より左手の運命線がしっかりしているのであれば、仕事には不満足であったとしても心の充実がしていると捉えることができるのです。

逆に、左手より右手の運命線がしっかりしているのであれば、仕事のやりがいはあるもののプライベートがうまくいっておらず「このままで良いのか」と疑問を感じている可能性あるということになります。

運命線の濃淡や長短で見た意味

手のひら

shutterstock.com

運命線も他の手相と同じく、長短や濃淡で基本的な情報を見ていきます。 長さや濃さで、運の強さだけでなく持ち合わせるエネルギーや性格、個性の強さなどを読み解くことができるのです。

もちろん、線が薄いからエネルギーがないのかというとそうではありません。

運命線が特徴的な場合はまた違う意味が出てきますので、短いから、薄いからといって運命が良くないとは限らないので安心してください。

運命線が平均より長い場合

運命線は中指に向かう線ですが、一般的には手のひらの真ん中あたりから出ていることが多いとされます。

稀に、運命線が手首からしっかりと長く出ている手相がありますが、これは「成功への執着の長さ」と捉えてください。

ということは、運命線は長ければ長いほど成功を手に収めたいと強く願っているということですね。

運命線が長い人は基本的に仕事で大成することが多いので、その成功を得る努力も怠らない人だと考えることができます。

実力もあるため自信家である場合も少なくありません。 自分自身で運命を切り開くエネルギーを持っているので、とてもタフな人が多いと言えます。

運命線が平均より短い場合

運命線が手のひらの真ん中より上から始まる短めの人もいます。 運命線が短めの人にとって人生における大切なことは「仕事」ではありません。

また、短くてもしっかりとした運命線であるなら、一時期に仕事を中心の人生になるとも考えることができます。

いずれにしても、仕事よりも余暇を大切にする人生になると考えることができるのです。 年齢で考えると、頭脳線よりも上で運命線が出ている場合は「大器晩成型」であることが考えられます。

逆に手のひらの真ん中あたりで運命線が止まっているのであれば、若い間に情熱を燃やしきることが考えられるということです。

運命線が濃くでている場合

運命線が濃く出ている人は自分自身の力で運命を切り開いていく人です。 仕事でも、自分が中心となって周囲を引っ張っていくリーダータイプの人と言えます。

カリスマ性があり目立つ強運な手相ですので起業家タイプの人です。 特に、真っ直ぐ1本の運命線になっている場合「人に影響を与える」役割を担う人になります。

人が喜んだり、人を導いたりする仕事が向いていると考えられますので、キャリアで悩んでいるなら参考にしてください。

性格的には自信があり、前向きな人が多いとされます。その前向きな姿勢が次々と幸運を引き寄せるのです。

運命線が薄く出ている場合

運命線が薄いからといって運命を切り開く力がないのかというと、そうではありません。 運命線が薄い人は、自分の力ではなく周囲の力によって運命を切り開いていくと言われます。

性格的に控えめであるため「協調性がある」と捉えられ先輩や上司から可愛がられる特徴があるのです。

人の助けを受けられるというのは立派な強運体質と言えます。 リーダーとしての性格ではありませんが、リーダーを支えるNo.2として大成するのではないでしょうか。

また、人生の価値を仕事以外に見出している人は運命線が薄い傾向にあります。 何が人生の豊かさかは人それぞれですので、運命線が薄いからといって幸せでないとは言えません。

この記事のライター(466件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー