ムカつく人は恋愛に向かない?特徴や対処法を知って恋愛上手になろう!
3199 Point
更新

ムカつく人は恋愛に向かない?特徴や対処法を知って恋愛上手になろう!

人にムカついてしまうことはありませんか?そのままでいると彼や周囲との関係も悪化していまいます。ムカついたときの対処法を学んでみませんか?ちょっとした心がけで、恋愛上手になれるコツを紹介します。

一口にムカつくと言っても、ムカつく内容は実は異なります。 ムカつく相手の特徴やムカつくときの状況を知り、自分がどんなことでムカつくのかを知っておきましょう。 ムカつく気持ちを整理することで対処法を見出すことができます。

ムカつく相手の特徴

ムカつく

WAYHOME studio/shutterstock.com

日常生活の中で、ムカつく経験をしたことがある人は多いでしょう。 では、どんな人に対しムカつくのでしょうか? 対象者によってムカつく内容が異なっています。 ムカつく人を幅広い範囲で比較してみましょう。

ムカつく彼女

好きになって付き合っている彼女であっても、性格が悪いとムカつくことがあります。 とくに外見の良さだけで付き合っている場合に、多いのではないでしょうか。

たとえば人にすぐ話を広めてしまう女性は、周りから信頼感がありません。 「○○さんが~と言っていたよ」など、噂話をするのは、良い印象ではありませんね。 話を聞いた人も気分が悪いですし、話された人も陰口をたたかれ相手の印象が悪くなります。

またネガティブな女性や、周りの目を気にし過ぎて群れる女性も嫌がられます。 悪いことをしても決して謝らず開き直る女性も、ムカつく対象でしょう。 八方美人で、人によって話を変える女性も信頼感が得られません。

ムカつく彼氏

女性から見て、ムカつく彼氏もいます。 男性の場合は態度が横暴で自分勝手だと、女性からムカつかれてしまうでしょう。

また今の時代に男尊女卑である場合も注意が必要です。 女は家事をするのが当たり前、結婚して仕事を辞めるのが当たり前だと思っているのです。

ほかにもプライドが高く上から目線の男性や、偉そうな態度の男性もムカつく対象でしょう。 プライドが高いのに博識ではないからこそ、アドバイスされるとムカついてしまいます。

馴れ馴れしい態度の男性も、女性から嫌がられています。 付き合って間もないのにボディタッチが多ければ、体目的だと思われても仕方がありません。

ムカつく年上

年上の人は、年齢差からムカつくケースがあります。 相手が年上だから何をしても許されると勘違いしているためです。

最悪なのは、高圧的な態度をしてくる場合でしょう。 自分の気分だけで嫌味を言ってくるパワハラタイプの上司も少なくありません。

年齢差による問題は、相手が古い考えから抜け出せないと発生します。 古い価値観から抜け出せず、効率の良い方法を教えてあげても受け入れないのです。 年上はお酒の席で悪い癖が出て、お酒を注がないと不機嫌になることもあるでしょう。

また年上だからといって、仕事ができるとは限りません。 面倒な作業は年下に押し付けているといったムカつく特徴も挙げられます。

ムカつく同世代

同じ世代であれば価値観が似ていると思いきや、考え方の違いでムカつくケースがあります。 残業を頑張っているアピールがひどい場合や、雑用を押し付けるなどです。 プライドが高い人は、自分のミスを素直に認めようとしません。

中には出世することに命をかけていて、蹴落とそうとしてくる場合もあります。 通常、出世とは、自分の実力で行うもの。 しかし欲が強い人は、上司に媚びを売り評価を高める場合もあるのです。 自分が優位に立ちたいために人を下げたり、マウントを取りにくる人がいれば、ムカついて当然かもしれません。

ムカつく年下

ムカつく年下の特徴として挙げられるのは態度が悪いまたは言い訳ばかりする人。 年上を尊敬しておらず、タメ口の年下はムカつく対象にされてしまいます。 またミスをしても言い訳ばかりだと、成長が見込めず教えてあげる気にさえなりません。

ミスしても反省する態度が見られない年下は、大抵メモを取っていません。 自分の悪い部分を把握しておらず、どうやって改善していいか理解しようとしていないのです。 さらに、知らないことを恥ずかしいと思い知ったかぶりで話を聞かないケースもあります。 素直ではない年下はこのようなムカつくポイントがあるでしょう。

ムカつく・腹が立つ時とはどんな時?

腹が立つ時とはどんな時?

Dean Drobot/shutterstock.com

誰かにムカつくのは、どんな時なのでしょうか。 相手の態度が悪い場合もあれば、自分の体調のせいもあります。 理由もなくムカつく場合は、自分に原因もないか見直すのがおすすめです。

体調が悪い

普段は他人の対応が多少悪くても許せる余裕があるかもしれません。 しかし自分の体調が悪い場合は、それどころではないでしょう。

たとえば頭痛がしている時に、自分勝手な人が居たらどうでしょうか。 普段温厚で優しい人でも、イライラしてしまうはずです。 体調の変化は、女性の場合、生理周期による問題もあります。 または風邪をひいて体調が悪いのに、無理を押しつけられたら誰でもムカつきます。

具合が悪い時は、そのことを相手に伝えるのがおすすめです。 普段は怒ることでなくても、心に余裕がないと伝えましょう。 相手もいつもと違うとわかれば、イライラしている対応も納得してくれるはずです。

不運が重なる

悪いことが重なる時も、ネガティブな気持ちになりがちです。 気分が沈んでいる時に対応が面倒な人に当たれば、誰でもムカつくでしょう。 最近悪いことばかりなのに、さらに不運が重なったとイラついてしまうのです。

不運が重なった時は、気持ちの切り替えが必要です。 悪い方向ばかり考えると、悪循環になりかねません。 ツイていないのは自分のせいではないと考えれば、気が晴れるのではないでしょうか。

人は楽しいことがあれば、周りの人にも優しくできます。 悪いことばかり起きると、気持ちが荒んでしまい、他人の粗が気になってしまうものです。

嫌いな人といる

相性が合わない人といる時、単純に相手にたいしてムカつくでしょう。 お互いの考えや価値観を許容することが難しい場合もあります。 どう努力してもお互いが噛み合わないなら、一緒にいるだけ損です。

しかし職場など、嫌いな人とも行動を共にしなければならない時もあります。 無視できない環境の場合は、どうにかして対処しなければなりません。 自分の仕事にも影響する状況なら、嫌いな人とも上手く付き合う方法を見つける必要があるでしょう。

相手が嫌いだからという理由だけでムカついていたら、大人とはいえません。 シーンによって対応を変えられるよう、対処方法を学んでみてください。

自律神経のバランスが崩れている

自律神経の乱れは、体調の悪さとも似ています。 原因不明の体調不良は、自律神経の乱れかもしれません。

自律神経の乱れは、睡眠不足からくる場合もあります。 最近よく眠れていない方は注意しなければなりません。 また生活習慣の乱れでも、自律神経に影響を及ぼしている場合もあるでしょう。

自律神経の乱れとは、体の調子を整えられていない意味があります。 心拍数が上がってしまい、何でもないことでイライラするかもしれません。 自分では自覚しにくいのですが、意味なくムカつくことが増えたら自律神経を整える規則正しい生活や補助的にサプリメントを使用するなど、上手にコントロールしてみてください。

ホルモンバランスが崩れている

女性特有の問題として挙げられるのが、ホルモンバランスの乱れです。 毎月の生理周期によって、女性の心は大きく変化しています。 人によっては、生理前になると気分が落ち込んだり、何でもないことにムカついたりしてしまう場合もあります。

ホルモンバランスは自分で調節はできないため、怒りが抑えられないかもしれません。 余りにもひどいと思ったら、医師に相談するのもおすすめです。 生活に支障が出るほどなら、注意が必要です。

また女性の場合は、産前産後もホルモンの影響を受けます。 いつもは怒らないのに、妊娠を機にイライラしやすい方も少なくありません。

ストレスが溜まっている

周りの人にムカつく機会が増えたら、ストレスが溜まっているのかもしれません。 気がつかないところで、小さなストレスが蓄積しているケースもあります。 何か我慢していることがないか考えてみてはどうでしょうか。

ストレスがあるときは、他人に対しても厳しく考えてしまいます。 いつもなら許せることでも、ストレスがあると小さなミスが気になってしまうのです。

ストレスが原因なら、発散する対策が必要でしょう。 環境を変える方法や、趣味に没頭するのもおすすめです。 自然の多い場所に出かけて、癒しを得る対策もあります。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー