縁のある人・ない人の特徴とは?縁がなかったと諦めないための心がけも紹介

縁のある人・ない人の特徴とは?縁がなかったと諦めないための心がけも紹介

恋活

縁がない人の特徴

縁がない人

縁のある人と、縁がない人はどう違うのでしょうか。 周りにいる人と縁が深いのか気になったら、比較してみてください。 何となく違うと思ったら、2人は縁のある人ではないのかもしれません。

なかなか会えない

縁がない人とは、なかなか出会う機会がありません。 お互いが努力して連絡をとろうとしても、なぜかチャンスが生まれないのです。 または片方だけが努力しても、もう片方が離れていくケースもあるでしょう。

縁のある人は努力するから出会うわけではないのです。 がんばらないと出会えないなら、縁がない人だといえます。

友人関係だとすれば、弊害が生まれて仲良くなる機会を失います。 男女間であれば、友達以上恋人未満の曖昧な関係から発展できないこともあるでしょう。 縁がない人とは距離を縮められず、相手への気持ちがあっても、仲良くなれません。

共感できることがない

縁がない人とは、会話の中でも少しずつすれ違います。 相手が言ったことに対し共感できず、反論ばかり生まれてしまうのです。 話が食い違う、話していても苦痛だと感じるなら縁がない人です。

縁がない人とは価値観が違うため、相手の考えに納得できないケースがあります。 自分が許せないと思う言動を平気でやり、少しずつ不満が蓄積していくでしょう。 会うたびに不満が出てくるなら、縁のない人だと諦めるしかありません。

縁がある人と意見が分かれていても、お互いを高めていけます。 逆に縁がない人は、相手にとってマイナスでしかなく、苦痛を伴うのが特徴です。

タイミングが悪い

縁がない人とは、少しずつタイミングがずれていきます。 相手と会いたいと思って連絡を取っても、用事ができてキャンセルされてしまうのです。 または電話をかけても繋がらない機会も多いでしょう。

そもそも会わなければ、2人が親密になれません。 男女が付き合っても、数回デートした程度で、自然消滅する場合は少なくありません。 友人の場合は、片方の環境が変わり会えなくなる状況になる場合もあるでしょう。

仲良くなるのにタイミングは重要ではないと思うかもしれません。 しかし縁がある人とは、努力しなくても2人が会う機会は生まれるものです。 苦労しないと会えないなら、縁がない人だといえます。

いつまでもよくわからない

縁がない人と長年過ごせたとしても、いつまでも理解し合えません。 何となく相手の考えていることがわからない、不安がぬぐい切れないと感じます。 一緒にいれば嫌でも理解し合えるはずなのに、2人が交わる機会は来ないのです。

彼のことを、カッコいいけど違う、条件がいいけど違うと感じるでしょう。 今は努力し合って2人が一緒にいられていますが、魂で合わない部分を感じてしまいます。

よく恋愛関係で、「初めて会ったときから結婚すると思っていた」と話す人がいるでしょう。 縁がない人とはピンとくるものがありません。 妥協して付き合ったとしても、いつか気持ちが離れる機会があります。

周りからも理解されない

家族に彼を紹介して反対されたら、何かしら理由があるのでしょう。 親心から彼の条件の悪さを心配する場合もありますが、何となくピンとくる場合もあります。 2人が合わないのを察知して、反対するケースもあるでしょう。

周りに反対されるカップルは、どこか違和感があると考えてください。 どちらかが無理しているように見えるのかもしれません。 我慢して付き合っても、疲れたときに別れてしまいます。

友人同士であっても、縁がない2人は違和感があります。 グループに所属しているから仲良くしているだけの場合は、周りから見てもわかるでしょう。

縁のある人は運命の人?運命の人と出会おう

運命の人と出会おう

素敵な恋をしたいなら、縁のある人を探しましょう。 縁のある人は運命の男性の可能性があります。 生涯を過ごせるパートナーを見つけたい方は、積極的に行動してみてください。

新しいチャレンジ

周りに運命の人がいないなら、新しいチャレンジがおすすめです。 新しいチャレンジはエネルギーが必要なため、なかなか行動に起こせない人も多いでしょう。 人は新しいことを避ける性質があるからです。 しかし行動を起こさなければ、変わることはありません。

新しいチャレンジがいいのは、縁がある人とは趣味が似ているためです。 習い事を始めてみれば、同じ思考の人と親しくなれます。

1人でできる趣味の場合は、出会いの場を広げてみましょう。 外でできる趣味なら、趣味が同じ人が話しかけてくるかもしれません。 家でしかできない趣味でも、SNSを通した出会いはあります。

旅に出る

旅に出るのも、出会いのチャンスを広げるきっかけになります。 日常から離れれば開放的になり、普段消極的な人でも会話が進みやすいでしょう。

また自分が魅力的だと思う旅先は、価値観の似ている人がいる可能性があります。 その土地に興味を持つ人が集まっているためです。 お互いが旅行者の場合や、その土地に住む人と出会うかもしれません。

積極的に人と関わりたいなら、1人旅もおすすめです。 グループとは違った目線で旅ができて、1人なら周りの人に話す機会も増えます。

行きつけのお店

なかなか出かける機会がないなら、行きつけのお店をつくりましょう。 カフェやレストランなど、好みのお店を見つけてみてください。

何度も足を運べば、同じ趣味の人との出会いのチャンスがあります。 常連さんたちの交流もあるかもしれません。 よく顔を合わせると、ふとしたときに会話のキッカケが生まれます。

お酒が提供されるお店なら、お互いに声をかけやすいでしょう。 大きなお店より、庶民的なお店だと距離感が近くおすすめです。

合コンや婚活

結婚への憧れが強いなら、合コンや婚活もおすすめです。 どちらも恋愛を前提とした出会いで、結婚へ発展する可能性があります。

合コンや婚活パーティーは数多くありますが、その中で出会う人は縁があります。 何度も顔を合わせる人がいれば、趣味や嗜好が同じかもしれません。 一度で相手を決めようと焦るのではなく、何度も訪れて出会う人も見つけてみてください。

また婚活は、データマッチングができます。 趣味が似ている人だけをピックアップすることも可能です。

ショッピングに出かける

買い物に出かけるのも、縁がある人と出会いのチャンスがあります。 同じお店に立ち寄る人は、嗜好が似ているためです。

憧れのブランドがあるなら、ときどき立ち寄ってみましょう。 女性専用ブランドなら、好みが似ている友人を見つけられるかもしれません。 男女のブランド店なら、ファッションセンスが似た好みの男性と出会うチャンスがあります。

お客さん同士の会話が少なくても、縁がある人とは話すきっかけがあるはずです。 もしかしたら店員さんと仲良くなる場合もあるでしょう。

コミュニティ活動

出会いのチャンスがないなら、積極的にコミュニティ活動に参加してください。 世の中には多くの団体が存在しており、調べれば加入できるものがたくさんあります。

大学生であればサークルがあるため、迷うことはありません。 社会人の方は、ボランティア活動に参加するのもおすすめです。 ボランティアは強制ではなく、時間が空いたときだけ参加できます。

外に参加するコミュニティが少ない場合は、SNSでもいいでしょう。 自分の情報を発信していくと、同じ価値観の人が集まっていきます。 SNSは見るだけだと繋がれないため、積極的にコメントも活用してみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。