縁のある人・ない人の特徴とは?縁がなかったと諦めないための心がけも紹介

縁のある人・ない人の特徴とは?縁がなかったと諦めないための心がけも紹介

恋活

縁がなかったと諦めないで行動しよう

諦めないで行動しよう

今まで出会った人は、残念ながら縁がなかった人かもしれません。 素敵な恋に出会えなくても、諦めないでください。 今までは縁を意識していなかっただけなのです。 これからは人との縁を求めて行動することで、繋がりがある人を増やせます。

人と縁とは

縁とは、人との繋がりのことです。 人と出会った時点で、その人とは縁があります。 縁がなければ出会うこともなく、永遠と交わることはなかったでしょう。

世の中に何億人といる中で、出会った人は確実に何らかの縁があります。 たとえその人と深い縁で繋がっていなくても、あなたに必要な出会いだったのです。 最初は相手を嫌いだと思っても、縁があればこれから好きになるチャンスはあります。

どんな出会いも「自分の成長に必要だ」とポジティブに考えてみましょう。 最初は苦手だった人と、深い縁で結ばれるかもしれないのです。

良縁と悪縁

出会った人とは、良縁と悪縁があります。 すべての出会いが、あなたにとって良縁となるとは限りません。 もしかしたら、出会うことであなたが痛みを感じる出会いの場合もあるでしょう。 痛みがある出会いであっても、捉え方ひとつでプラスに働かせることはできます。

良縁と悪縁の違いは、あなたの気持ち次第です。 相手に対し良い気持ちであれば良縁、悪い気持ちで行動すれば悪縁になります。 自分の利益だけで考えず、相手にプラスになる行動を心がけてみましょう。

たくさんの縁に出会い成長することで、良縁に出会うチャンスも訪れます。 ひとつずつの縁を大切にして、焦らず良い縁を待つのがおすすめです。

気持ちの良い挨拶をしよう

人と繋がりがないと、縁も生まれることはありません。 普段から気持ちの良い挨拶をしていれば、幅広い縁が得られるでしょう。 どこに素敵な縁が転がっているかわからないのです。

初めて会った人と挨拶を交わしてみて、直感を頼りに縁のある人を見つけてみてください。 自然と挨拶ができた人や、次の会話に繋がる人は縁があるのかもしれません。 自分を偽らず自然体でいられる人が見つかれば、縁のある人へと発展する可能性があります。

挨拶は、相手を見極めるために利用できます。 一言交わすだけなら、初めての人でも声をかけやすいのではないでしょうか。

9割笑顔を意識しよう

縁が少ないと感じているなら、人が集まる人を目指してみませんか? いつも笑顔でいる人は、自然と人が集まってきます。 おしゃべりじゃなくても、笑顔は楽しい雰囲気があるためです。

多くの人は、楽しそうな場所に集まっていきます。 自分も楽しくなりたい、仲間に入れて欲しいと感じるからなのでしょう。

誰かに話しかけるとき、話しかけられたときは9割笑顔がおすすめです。 見た目の印象が良ければ、次も話をしたいと思われます。

誘ってみよう

縁を深めたい人がいるなら、自分から誘ってみましょう。 タイミングは工夫すれば合わせることができます。 お酒が好きな人であれば、相手が呑みに行く機会に参加をお願いできるでしょう。 オシャレが好きな人なら、一緒に買い物に行ってアドバイスを貰う方法もあります。

最初は誰でも、縁が薄いものです。 自分から積極的に誘うことで、縁を深められます。 本当に縁がある人なら、誘ったとき断られる回数が少なめです。 または偶然が重なって、思いもよらない場所で出会うでしょう。

何度か誘うことで、相手と深い縁があるのか判断できます。 たくさんの人を誘ううちに、運命の人と出会うかもしれません。

よく見て聞いて寄り添おう

仲良くなりたいと思う人でも、縁がない場合があります。 しかし多くの場合は見落としがあるものです。 自分が相手の話をよく聞いておらず、お互いがすれ違っていただけかもしれません。

相手と話すときは、自分の話ばかりにならないよう気を付けましょう。 話を聞く姿勢を見せて、寄り添うのがポイントです。 会話が見つからないときは、2人の共通点を探してみてください。 好きな映画、好きなスポーツ、休日の過ごし方など共通点が1つでもあれば会話がはずみます。

縁のある人もない人も行動次第

ある人もない人も行動次第

縁がある人は、努力せず出会うチャンスがあります。 気が付いたら側にいる人は、縁がある人と思って大切にしましょう。

しかし今まで縁がある人と出会えていないケースもあるかもしれません。 それでも出会った人すべてに縁があるものです。 あなたの対応次第で良い縁になるよう、ポジティブな行動で導いてみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事