手相で結婚線が二本あると再婚する?両手がつながるなどパターン別意味
2660 Point
更新

手相で結婚線が二本あると再婚する?両手がつながるなどパターン別意味

この記事の監修者(31件監修)

Jira(ジラ)

占い師

Jira(ジラ)

手相、算命学、観象学、気学など主に東洋系占いを得意とし、対面鑑定を中心に活動しています。

結婚線が二本ある手相の人も少なくありません。二本の結婚線すべてが離婚を意味するわけではなく、パターンによって意味が異なります。二本ある結婚線の意味をパターン別に紹介します。

手相の結婚線をチェックしたときに、結婚線が二本あることを発見し、ドキッとしたことがある方もいるのではないでしょうか。

結婚線が二本あると二度結婚するのでは?と思われがちですが、二本の結婚線といってもさまざまなパターンがあるのをご存じでしょうか。

この記事では、手相で結婚線が二本あるときのパターン別読み解き方をご紹介します。 結婚線が二本ある方はどれに当てはまるのか、ぜひチェックしてみてください。

手相で結婚線が二本ある基本の意味とは?

手相_結婚線2本

koimemo.com

小指の付け根と感情線の間にある短い線を手相では結婚線と言い、名前の通り婚姻に関することを暗示するとされています。

手相をチェックしたときに、結婚線が二本あることに気付く方も少なくありません。 結婚線が二本あることは、どのような内容を意味しているのでしょうか。

結婚線が二本あることの基本的な意味を紹介します。

二度結婚する可能性

結婚線についての基本的な考えでは、結婚線の本数は経験する結婚回数を示すとされています。

二本ある結婚線のどちらも同じくらいの長さであれば、二度結婚する可能性があることを意味するとされ、結婚線が二本あるという状態を再婚相と言うこともあります。

一度目の結婚が何らかの理由で離婚につながっても、次にまた運命の人が現れるかもしれません。

結婚線から分かることは結婚の回数だけではないため、本数だけでなく線の濃さや長さも合わせて見てみることが重要です。

結婚を意識する人と数回出会うケースも

指輪と女性の手

shutterstock.com

現代では、深い関係になっても結婚しないカップルも多いものです。 同棲やいわゆる事実婚という状態を選ぶのも珍しくありません。

結婚線が二本あるからといって、付き合い方によっては必ずしも二回結婚するというわけではないと言えるでしょう。

結婚線が二本ある方は、結婚を意識する人と数回出会うケースがあると捉えられます。 同時に、結婚線の数が必ずしも出会う人数の数を示しているわけではないのもポイントです。

結婚線が二本ある人が、同じ相手と結婚&再婚するケースもあります。

左右が違うなら離婚を避けられる

手相占いでは、左手は生まれ持った運勢を示し、右手はその人の意思や行動が反映されると解釈されています。手相で結婚線をチェックするときは、片手だけでなく両手の手相を見比べて総合的に判断します。

結婚線をチェックするときも、両手の手相で診断します。 左右の手相で、結婚線の本数や濃さ、長さなどが全く異なる場合は、その人の意思や努力で離婚が避けられる可能性が高いでしょう。

結婚生活に疲れるようなことがあったときには、一度立ち止まり、結婚生活が上手くいかない理由を考えてみても良いかもしれません。

結婚線の手相占い!結婚線でわかる結婚年齢や特徴別の見方を解説

自分の結婚年齢はいつ頃か、手相で最も気になるのは結婚線ではないでしょうか。結婚線の基本的な読み方や、特徴別の見方や意味をお伝えいたします。あなたの手でわかる結婚運を読み解きましょう。

https://koimemo.com/article/17107

パターン別手相で結婚線が二本ある意味

女性の手

shutterstock.com

結婚線が二本あることは、結婚や同棲、結婚を考えるような相手に出会うことが二回ある可能性が高いと前述しました。

しかし、結婚線から読み解けることは、結婚する回数ではありません。 手相に二本の結婚線があるとき、結婚回数以外にどのような結婚生活を送るのかもある程度チェックできます。

パターン別に具体例をチェックしてみましょう。

ひとつ目の結婚線が下がっている

結婚線にカーブが付いている場合は、カーブの角度が重要なポイントになります。 ひとつ目の結婚線の先端が大きく下がっている場合は、1回目の結婚はなんらかの理由で離婚に至るかもしれません。 結婚まで至らずに、結婚したいと思った相手と大恋愛をしたのちに分かれてしまう可能性も。

なかでも結婚線がカーブして感情線に到達したり、感情線よりも下まで出ていたりする場合のように、極端にカーブしている手相は離婚する可能性が高く、要注意です。

結婚線の下がるカーブがそれほどきついものではなく、緩やかに下がっている程度であれば、新婚当初の情熱的なふたりの関係が年を追うごとに落ち着いたものになっていくことを暗示しています。

二本共線が上がっている

二本の結婚線がどちらも同じくらい濃く、どちらも先端が上向きに伸びている場合は、どちらの結婚も良好で、結婚やそれに近い幸せな状態を二回も経験できる良相だと言えます。

情熱的な結婚生活が楽しめる期待が持てるほか、一度目の結婚が続かなく離婚することになっても、二度目の結婚でそれ以上に幸せな生活が送れるかもしれません。

二本の結婚線がどちらも上向きなのは良好な結婚運を持っていたり、素敵な相手に恵まれたりする良い暗示です。

一本目が下がり二本目が上がっている

手相の結婚線はカーブの向きが、結婚生活の雰囲気を示しているといっても過言ではありません。

一本目が下がって二本目が上がっている場合は、一度目の結婚では何らかの理由で離婚に至りますが、そのあと良い縁に恵まれ幸せな結婚生活が送れる可能性があります。

一度目の結婚では、身近に良い人がいるにも関わらずそれに気付かずにほかの人と結婚してしまう可能性も。

しっかりと相手を見極める冷静な目を持つことが大切です。 いきなり入籍するのではなく、同棲してチェックしてみるのも良いでしょう。

一本目が上がり二本目が下がっている

二本の結婚線のうち、一本目が上がり二本目が下がっている手相の場合は、一度目の離婚のあと、二度目の結婚をしますが、二度目の結婚をしてから一度目の結婚の方が良かったかも…と後悔することになるかもしれません。

勢いで離婚してから、あとで悔やむことのないようにしたいものです。

一度目の結婚で何かトラブルが起こっても、ひと呼吸おいて自身やパートナー、結婚生活のことを冷静な目で見つめ直してみることをおすすめします。

一度目の結婚を大切にし、少々の不満には目をつむり、離婚を踏みとどまるのもひとつの手です。

二本共線が下がっている

結婚線が二本あり、どちらもはっきりと濃く、二本とも下へカーブを描く手相の人は、結婚に対して、少し慎重になることをおすすめします。

結婚線の描くカーブは運気を表しますが、二本とも下を向いているのは、結婚で苦労する可能性が高いでしょう。

一度目の結婚で苦労や経済的な損失を負うなどで離婚をし、幸せを願って二度目の結婚をしますが、二度目の結婚でも同じように辛い思いをしてしまうことも。

好きになった相手が既婚者で結婚できないのにも関わらず、ハマってしまうなど、結婚にトラブルが予想されます。

恋愛する相手を慎重に選ぶようにしましょう。

この記事のライター(486件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー