バカにする彼の態度の心理と傾向とは?対処法と小バカにされやすい人の特徴
4173 Point
更新

バカにする彼の態度の心理と傾向とは?対処法と小バカにされやすい人の特徴

人を見下したり上から目線だったり、人をバカにする彼にはどのような心理があるのでしょうか?人をバカにする人の心理を知っておきましょう。対処法と小バカにされやすい人の特徴も紹介します。

人を見下しているような彼の態度にイラッとする、そのような経験がある人も少なくないでしょう。

なぜ人をバカにするのか? その理由について解説しましょう。

また、バカにされやすい人には特徴があり、バカにされるのは自分に原因があるのかもしれません。

理由は何であれ馬鹿にされるのは気に障るものです。 バカにされない対処法についても紹介します。

彼のバカにする態度の心理とは?

彼のバカにする態度

fizkes/shutterstock.com

いつも上から目線で物を言う、人をけなすことが多いなど、見下したような態度が多い彼。 そんな彼と一緒にいるのは疲れてしまいます。

しかし、バカにするのは理由があることも。 彼が人をバカにする心理について知っておきましょう。 彼を理解するきっかけになるかもしれません。

プライドが高い

他人をバカにする人にはプライドが高い人が多いです。 プライドが高いと自分が他人より劣っているのは許せないと思うもの。 また、自分よりも能力が高いことを認めたくないのです。

それだけ自分に自信がないとも言えるでしょう。 相手には勝てそうもないと分かっているため、イライラが募ります。

特に彼女が自分よりも頭がよい、仕事ができるといった場合、プライドが傷つくことも。 彼女をバカにすることで自分のプライドを守っている可能性もあります。

イライラした気持ちとできる人への嫉妬心から、小バカにしてしまうのです。 バカにすることで自分を高め、相手を陥れたいという心理の表れでもあり、同時にイライラを解消しようとしているのでしょう。

コンプレックスがある

何かしらコンプレックスがある人は、人をバカにする傾向があります。 自分の弱点を認めたくないという気持ちと、周りにそれを悟られたくない気持ちがあるのです。

コンプレックスと向き合うのはつらいものです。 精神的にも強くなければ難しいでしょう。 それができず、いつまでもコンプレックスを持ち続けているため、気持ちが晴れません。

そのモヤモヤとコンプレックスがあることを忘れたいため、他人を見下し自分の方が上だと思い込もうとしている可能性があります。

人より優位に立ちたい

人よりも自分の方が優位に立つには、職場で功績を収めたり、お金をかけてブランド品を買ったりするなど、いろいろな方法があります。 しかし、それはなかなか難しいことも。

人より優位に立つには、バカにするのが手っ取り早いのです。 人を貶める言葉を投げかけるだけで優越感に浸れることも多いでしょう。

嘲笑したり、バカにしたりする態度を取る人は、周りと比べて自分が劣っていると感じている人も少なくありません。 それが分かっているので、焦っているとも考えられます。 そこで簡単に優位に立てる方法として、人をバカにするのです。

構って欲しい

もっとかまってほしいという心理が隠れていることもあります。 バカにする言動や態度を取れば、周りが自分を見てくれる、言っていることを聞いてくれると考えるのです。 まるで小学生のような考え方ですが、かまってもらうにはその方法しか浮かなないのでしょう。

バカにしたり、けなしたりすれば、周りが「なぜそう思うの?」ととりあえず問いかけてくれるもの。 または何かしら言い返してくるなど、自分とコミュニケーションを取ってくれます。

周りとコミュニケーションを取ることで、自分は一人ぼっちではなく、周りから必要とされているのだ、と思えるのです。

人をバカにすることが周りにどのような印象を与えるか、ということは考えないのでしょう。 まずは他人から構って欲しい、自分の存在を認めて欲しい、と思っているのです。

ストレスのはけ口が欲しい

職場で嫌なことがあったり、仕事がうまくいかなかったりしてストレスが溜まると、そのはけ口として人をバカにするケースがあります。

ストレスを発散する方法はさまざまで、人によってスッキリする発散方法は異なりますが、人をけなすことがストレス発散につながる人もいるということ。

人をバカにすれば自分が優位に立っている気分になり、ストレスが緩和されるのでしょう。 ストレスの原因を解消したり、スポーツをしたりすることよりも簡単なので、気軽な気持ちで嘲笑したり、バカにしたりする人もいます。

自覚がない

バカにしていることを自覚していない人も多いです。 本人はバカにしているつもりはなく、相手に改善してほしいところを言葉にしているだけ、と思っているのです。

言い方によっては、言われた方はバカにされた、けなされた、と感じてしまうことも。 言っている方にストレス発散や自分が優位に立ちたいという思いはなく、ただ相手のためと思い、アドバイスをしているつもりなのです。

相手の反骨精神を刺激し、成長させようとするタイプに多いでしょう。 しかし上司と部下の場合、言い方や内容によってはパワーハラスメントになりかねません。

ネタとしてやっている

ネタとしてやっているケース

fizkes/shutterstock.com

周りを盛り上げようと、ネタとしてやっているケースもあります。 この場合、本人に悪気はありません。

相手をいじっている、冗談を言っている、という感覚だけで、相手を傷つけようとは思っていません。 冗談が分かる相手だったり、バカにしても相手が受け止めてくれる関係性があったりすれば問題ないのですが、そうでない場合は、相手を傷つけてしまうこともあるでしょう。

少し無神経な人やお調子者に多いかもしれません。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー