自分に自信をつける方法や習慣!アプリ・本・魔法の言葉を活用してみよう

自分に自信をつける方法や習慣!アプリ・本・魔法の言葉を活用してみよう

自分磨き

自分に自信が持てなくて、なかなか積極的に行動できない自分が嫌いという人はいませんか?しかしちょっとした心がけに変化を持たせるだけでも、自信を取り戻せるかもしれません。

皆さん、自分に自信はありますか? このような質問にはっきり「イエス」と答えられる人はあまりいないでしょう。

自信のない自分がイヤ、自信を持って立ち振る舞えるようにしたい、けれどもその方法がわからない、このような悩みを持っていませんか? 自信をつける方法は、実はいろいろとあるのです。 そこでここでは自分に自信をつけたい人のために、その方法についていろいろと紹介します。

自信をつけられる習慣を身に着ける方法があります。 また一方で自信をつけられるアイテムもあるので、こちらを活用する方法もおすすめです。

自分に自信をつける方法や習慣

自信をつける方法や習慣

自分に自信をつけるにあたって、特別に道具は必要ありません。 ちょっと日常生活に工夫を加えることで、自信を徐々につけられます。

そこでここでは普段気を付けたい自分に自信をつける方法についてまとめました。 自信をつけたいけれどもなかなかつかない人は、以下で紹介する方法から試してみませんか?

できたことを褒める

自信をつけるためのファーストステップといわれているのが、自分のできたことへの承認です。 この時重要なのは、どんな些細なことでもできたことを取り上げて褒めることです。 例えば時間通りに起床できた、1日病気やケガすることなく健康に過ごせたなどでも「できたこと」になります。

一つ一つは大したことないかもしれません。 しかしそのようなことの積み重ねで、1日が構成されています。 できたことを書き出し再確認することで、セルフイメージが上がり、自信もつけられます。

自分のいいところを見つける

自己評価は低くても、他人から見た評価はそうでもないことは多いです。 もし自分で自分の褒めるべきところが見つからなければ、周りの人に聞いてみましょう。 直接聞くのが恥ずかしければ、自分が褒められたことを思い出してみましょう。

褒められたことを書き出してみると、自分のどこが周りから評価されているかが客観的に見えてきます。 褒められていなくても、言われてうれしかったり、気分がよくなったりした言葉も書き出してみるといいです。 周りに認められているとセルフイメージが上がって、自信がついてきます。

成功する自分をイメージする

自分に自信を持てない人は、基本的にネガティブシンキングです。 何かするときに失敗したときのことをイメージして、結果が伴わない、だから自信が持てずにいるのです。

この負のスパイラルを食い止めるために大事なことは、自分の成功するイメージを想像するように心がけましょう。 自分が成功する姿をイメージするためには、結果的に自分がどうなりたいかを考えましょう。 そうなるためにはどんな段階を踏めばいいかを想像していくと、具体的に成功した際のイメージが固まります。

身の回りを整える

整理整頓して身の回りをすっきりすることも、自信をつけるために必要なことです。 自分のいるスペースが整理されると思考もクリアになるでしょう。 特に部屋がものであふれている場合には試してほしい方法です。

まず必要ないものを処分しましょう。 今使っていないものは思い切って捨ててみましょう。

余計な物がないと何か行う際に集中できます。 物がないため、気が散らないからです。

もし外見にあまり気を使っていなければ、見た目を整えるのもおすすめです。 見た目がすっきりすることで周囲の見る目が変わり、自分に自信が持てるようになるかもしれません。

得意分野を磨く

どのような人でも自分の得意分野があるはずです。 この得意分野を磨き上げてレベルアップすることで、自分に自信がつきます。 自分の得意分野であれば続けられる可能性が高いからです。

得意分野で自信をつけられれば、ほかで失敗してもそれほど落ち込まずに済みます。 「今回ダメだったけれども自分にはこれがあるから大丈夫」というマインドになるからです。

これを応用して、不安なことがあれば徹底的に対策するのも有効です。 そうすれば「これだけやったんだから…」という気持ちになって、自信につなげられます。

小さな目標を持つ

目標を達成することで、自信が付きます。 ところが自分に自信のない人は、いきなり高い目標を意識してしまいがちです。 その結果「自分には無理」と挫折してしまって、自己評価が低いままです。

このような人におすすめの方法がスモールステップ法。 大きな目標の前に小さな目標を設定して、目標達成の成功体験を積み重ねる方法です。

小さな目標を達成できれば、「やればできる」という思いが強まります。 また小さな目標をクリアし続ければ、大きな目標にも近づいていきます。 最終的に大きな目標に到達すれば、大きな自信が付くでしょう。

運動をする

運動する

運動することで自信をつける方法もあります。 運動で体を動かす習慣をつければ、徐々に体型も変わってきます。 贅肉がなくなって、筋肉がついてくれば見た目も変わりますし、自分に自信が付くでしょう。

また目標を設定しましょう。 ジョギング5km走る、バーベルを10回上げるなどです。 目標達成が続けば、達成感も出てくるでしょう。

特に自信をつけるためには筋トレがおすすめです。 筋トレをするとテストステロンという男性ホルモンの分泌が盛んになるからです。 テストステロンにはネガティブな感情を抑制する効果があるといわれていて、ポジティブシンキング優勢になります。

できないものを区別する

どんな人間でもできることとできないことがあります。 自信が持てない人を見てみると、できないことの方を見がちです。 その結果、「自分は何もできない」とネガティブに考えてしまいます。

そこで今までとは逆の発想、すなわちできることに集中するように意識しましょう。 できないことにはハナから関わらないようにすることです。

できることにエネルギーを集中して、努力を積み重ねていきます。 そして実際にできたときには達成感や充実感が得られ、この工程を繰り返すことで自分に自信がついていきます。

ありがとうを言う

何かしてもらった時に「ありがとう」という言葉を発していますか? 自信のない人はこの感謝の言葉を言わないことが多いです。 他人に何かしてもらった時にはどんな些細なことでも「ありがとう」というように意識しましょう。

ありがとうと感謝の気持ちを伝えられるのは何かをやってもらったからです。 周囲の人からサポートを受けられている、すなわち自分は恵まれていることを再認識できる言葉が「ありがとう」なのです。

ありがとうと言わないと、やってもらうことが当たり前のことと考えがち。 そうなると周りからサポートを受けられない、価値がない人間と思って自信が持てないわけです。

自信がある人と付き合う

いろいろと試してみたけれども、なかなか自信がつかないという人もいるでしょう。 自力でダメなら、他力を使ってみるのも一つの方法です。

自分に自信を持っている人と積極的に交際してみましょう。 環境を変えることで考え方に影響を与えることもあるからです

自信を持って物事に取り組んでいる人やポジティブなことばかり言っている人と一緒にいると、その考え方に染まります。 もしネガティブな考え方をする人が近くにいれば、できるだけ関わらないようにしましょう。 その人の持つ負のオーラの影響を受けずに済みます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。