電話で告白はあり?成功のポイントとメリット・デメリットをご紹介
2056 Point
更新

電話で告白はあり?成功のポイントとメリット・デメリットをご紹介

好きな人へ告白するのに、電話を使うのはありなのでしょうか。電話で告白するメリットとデメリット、成功のコツや、電話で告白するのに向いている人の特徴を紹介します。

好きな人に告白したいけど、直接顔を見ながら想いを伝えるのは無理!と思う人もいるでしょう。 そのとき、電話での告白はありなのでしょうか。

結論から言うと、電話での告白はありです。 会って想いを伝えるのも良いですが、実は電話で告白するほうが良いこともたくさんあります。

電話告白によるメリット、デメリットを詳しくみていきましょう。 さらに、電話告白で成功するためのポイントを押さえつつ、どんなタイプの人が電話告白に適しているのかも探っていきます。

電話告白するメリット

電話で告白

dreamerve/shutterstock.com

告白は対面して伝えるシーンを想像しがちですが、それだけが告白の方法ではありません。 直接でなく電話のほうが伝えやすいなら電話を使うのもありです。

電話で告白するメリットもたくさんあるので、電話だと印象が悪いかもと心配しなくても大丈夫です。 では具体的にどのメリットがあるのかみてきましょう。

実際に会うより緊張せず伝えられる

直接会って告白すると考えると、それだけでもかなり緊張してしまいますよね。 相手の視線を否が応でも感じるでしょうし、赤面していないかな、周りに誰かいないかな、など余計なことまで気になってしまいます。

そのために、言いたかったことが上手く言えなかったり、思い浮かべていたシチュエーションではなくなってしまうこともあるでしょう。

一方、電話であれば「緊張」がかなり軽減されます。 電話で告白する際は、相手が自分をどう見ているかといったその場のシチュエーションを気にする心配がなくなるのがポイントです。

会って告白するよりも焦らず、落ち着いて、少しの緊張状態で告白できるでしょう。 声だけで伝えるので、メモなど用意して想いを伝えることもできますよ。

告白される側も落ち着いて返答できる

電話で自分の気持ちを告白すると、告白される側も落ち着いて受け答えをする余裕があります。 断りを入れるにしても、相手の気持ちをよく考えて返事をしてくれる可能性が高いです。

対面で告白されると、相手も驚いて何を言っていいのかわからなくなってしまい、その場をどう対処していいのか戸惑ってしまいがちです。

驚きと緊張のため、曖昧な返事でその場は終了してしまい、結論が出ないままモヤモヤした気持ちが続いてしまう場合もあります。

呼び出す必要がなく遠距離でも伝えられる

直接顔を見て告白するとなると、どうしても会うことは避けられません。 しかし、告白したい相手が遠い場所に住んでいる人だったり、非常に忙しい人だったりする場合、時間をもらって会う約束をするのも気が引けてしまうもの。

しかも、告白する方にとっては大イベントであっても、相手もそうとは限らないわけです。 そこで活躍するのが電話です。

電話であれば相手がどこにいても告白できますし、呼び出して足を運んでもらう必要もありません。 全くスケジュールが合わずなかなか会えそうにない相手にも、電話を使うことで気持ちをスムーズに伝えられるでしょう。

ふられてしまった際の気まずさが少ない

当然のことですが、告白をしたら良い結果ばかりになるとは限りません。 相手からいい返事をもらえない可能性もあるので、覚悟も必要です。

会って告白をした際にこの状況になると、その場の対処をどうしたら良いのか分からず気まずくなってしまうかもしれません。

そんな場面を予想しつつ気まずい状況を回避したい場合は、電話で想いを伝えるのがおすすめです。 雲行きが怪しい状況になっても、電話を切ってしまえば重い空気もぷっつりと切れるのです。

フラれると考えるのはとても嫌なことですが、自分だけでなく告白される相手のことも考えると、会って告白するよりも電話の方が安心かもしれませんね。

電話告白するデメリット

電話告白のデメリット

Ollyy/shutterstock.com

メリットがあればもちろんデメリットも存在します。 会うより気軽で緊張も軽減してくれる電話ですが、デメリットもよく知ってから望むようにしましょう。

相手の表情やリアクションがわからない

電話で告白すると相手の視線や表情が気にならず、あまり緊張しないメリットがある反面、相手のリアクションや表情が読み取れないデメリットが存在します。

想いを伝えた後、なぜか沈黙になったとしましょう。 相手が嬉しそうな表情をしているのか、困った表情をしているのかわかりませんよね。

もしかしたら真剣な表情で考え込んでいるのかもしれません。 電話での告白は、余計な想像と不安でモヤモヤした気持ちになってしまうこともあります。

その場ではっきりと答えを出したいと思う人は、電話で告白するのは向いていないといえるでしょう。

沈黙になってしまうと気まずい

対面で相手に直接想いを伝える場合は、相手が黙ってしまったとしても態度や表情を読み取り、その場の空気を持ちこたえることができそうです。

しかし電話の場合はそれができません。 相手がどうして黙っているのか、どんな表情をしているのかわからないので、ただじっと自分の中で相手の様子を想像するしかないのです。

ただでさえドキドキする告白の後で沈黙する時間があると、考えたくない想像が頭をめぐり不安になってしまうことでしょう。

相手も驚いて言葉を探しているのかもしれません。 沈黙に耐えかねて「何か言ってよ」と言ってしまいそう…と思う人は、電話告白は控えたほうがいいかもしれません。

相手は責められているように感じて一層話しづらくなってしまいます。

会って告白するより真剣度が伝わりにくい

告白の重要な要素である真剣度を伝えるとなると、電話より会って告白するほうが俄然伝わりやすいといえます。

直接会って話すことで赤面して上手く話せなかったり、緊張で汗をかいてしまったりするかもしれませんが、その態度自体が真剣さと想いを相手に伝えることになるからです。

電話だと声しか相手の状況や気持ちを想像する手段がありません。 告白したい相手があなたの喋り方や声の抑揚だけで気持ちを推し量ってくれる人かを1度考えてみるのも良いでしょう。

この記事のライター(444件執筆)

KOIMEMO編集部

KOIMEMO編集部

あなたの恋愛がうまくいきますように♪願いを込めて記事を書いています!

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー