週末婚のメリットを紹介!離婚しやすいって本当?リアルな問題点とは
4374 Point
更新

週末婚のメリットを紹介!離婚しやすいって本当?リアルな問題点とは

「週末婚」という言葉を知っていますか?平日は別々に暮らし、週末だけ会うという結婚の形です。今回は、週末婚のメリットやデメリット、注意すべき点などをまとめました。

あなたは「週末婚」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

現代においては、結婚の形も多様化しています。 その中でも、従来の結婚のイメージとは違うスタイルである「週末婚」。

今回は、これから結婚を考えていて週末婚が視野に入っているカップルや、すでに結婚しているけれど今後は週末婚を検討しているカップルに向けて、週末婚のメリットやデメリット、気を付けるべきことなどを紹介します。

週末婚とは?過去にはドラマも

朝のベッドで戯れるカップル

LightField Studios/shutterstock.com

週末婚とは、婚姻関係がありながらも平日は別々に暮らし、週末あるいはお互いの休日のみ共に生活する夫婦のことをいいます。

普段はまるで独身のような生活をし、時折会うときに夫婦らしい時間の過ごし方をします。 仕事上の事情で週末婚のほうが都合が良いという夫婦もいれば、子連れ再婚で子どもに配慮して選択している夫婦もいます。 なかには、お互いの性格的にそのほうが合っているから、というシンプルな理由で週末婚を選ぶこともあります。

1999年には、永作博美さんや松下由樹さんらをキャストに迎え、「週末婚」というドラマも放送されました。 このドラマ自体は姉妹の愛憎劇をテーマにしたものでしたが、物語の要素として当時はまだ珍しい週末婚を取り入れるという画期的なドラマとなりました。

週末婚のメリット

キッチンで笑顔のカップル

George Rudy/shutterstock.com

籍を入れているにも関わらずあえて週末婚を選ぶには、それ相応のメリットがあります。

ポイントは、婚姻生活を維持しながらもまるで独身の頃のようにふるまえるということ。 結婚生活と一人暮らしのいいとこ取りができるという点と言えるでしょう。

ここでは、週末婚におけるメリットをあらゆる角度からご紹介します。

新鮮な気持ちが維持できる

どんなに好きで惹かれあったカップルも、結婚してしまうとときめきは薄れていくもの。 家族としての情はもちろん大切ですが、寝食を共にするうちに恥じらいもなくなり、異性として見られなくなったというのもよくある話です。

そういった関係はやがてマンネリを招き、浮気や不倫などの問題に発展することも。

週末婚であれば、いっしょに生活する時間が限られているので、恋人感覚が長く味わえます。 毎日嫌でも顔を合わせるわけではなく、次に会う時を楽しみに毎日の生活を送るからこそ、新鮮な気持ちが維持できるといえるでしょう。

嫉妬が減る

結婚して同居していると、相手の行動が過剰なほど気になってしまうことがあります。 何時に帰ってくるのか、どこで誰と出かけているのか、誰と連絡を取り合っているのかなど、一度気になると監視したくなってしまうのが常というもの。 結果的に、お互いを束縛してしまうこともあるでしょう。

週末婚であれば、普段の生活は目に見えない部分も多いため、かえってお互いの行動が気になりにくいといえます。 相手にストレスをかけることなく生活ができるため、自由を求める自立した夫婦には最適な結婚スタイルです。

独身時代と生活が変わらない

一人暮らしが長い人に起こりがちなのが、一人でいることに慣れすぎて、人と暮らすことを苦痛に感じてしまうということ。 同居していると、物音ひとつでも気になってしまうのはある意味当然のことです。

寝起きする時間、食事の内容やタイミングなども自分だけの都合で決められないという場面も起こります。 独身時代のペースを大切にし、リラックスして生活したい人はそれだけで「自分は結婚に向いていないのでは」と考えてしまいがち。

そんな人は、週末婚を視野に入れるのが良いでしょう。 婚姻関係を保ったまま、生活サイクルは独身時代のように過ごすことで、ストレスのない生活が叶うこととなります。

仕事を優先できる

特にキャリア志向の女性にとって、結婚は一大イベントといえます。 結婚すると何かと家庭優先にしなければいけないことが増え、仕事に支障が出ることもあるでしょう。

家族としてのつながりを求められるあまり、仕事がおろそかになるということもあるのです。 特に結婚相手が転勤を伴う仕事のときは、それについて行ってしまうと自身のキャリアを中断せざるを得ないことも。

子どもができるまでは仕事に没頭したいという人は、かえって割り切って週末婚にしてしまうのがおすすめです。 残業も気兼ねなくでき、家事も一人分だけやれば良いうえ、お互いに干渉しあうこともないので余計なストレスもかかりません。

子連れ再婚の場合

子連れ再婚の場合、週末婚は家族の絆を深めるのにとても有効な方法です。 子どもの年齢やシチュエーションにもよりますが、多くの場合、子供は突然他人と暮らすことに抵抗を感じやすくなります

下手に同居を急いで、ぎくしゃくした関係性の中で生活するのは、誰にとっても良い結果にはなりません。 まして子どもが思春期であったり、受験を控える時期であったりすればなおさらです。

それくらいならいっそ週末婚にして、徐々に距離を縮めていくほうが良いといえるでしょう。 結婚は夫婦だけの問題ではないデリケートなことだからこそ、配慮ができる手段のひとつが週末婚です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー