生理的に無理と感じさせる人の特徴と言葉の裏に潜む意味
4280 Point
更新

生理的に無理と感じさせる人の特徴と言葉の裏に潜む意味

職場や学校に生理的に無理な人がいたらつらいものです。顔を合わせるたびに嫌な気持ちになります。こうしたマイナス感情をどのように克服したら良いでしょう?最良の対処方法をご紹介します。

誰かに対して生理的に無理という感情を抱くことがあります。 その人の顔を見ると嫌な感情が湧き上がりテンションが下がってしまいます。 苦手、嫌いという気持ちとは違って、明確な言葉にして理由を説明することが難しい感情です。

なぜこれほどまでに強い拒絶の感情が沸くのでしょうか? 生理的に無理と感じるときの心理状態はどのようなものなのでしょうか?

今回は私たちがどういう心理状態のときに、どのような特徴を持つ人に対して生理的に無理と感じてしまうのか詳しく解説します。 また、心理的に無理と感じたときの有効な対処法についてもご紹介します。

生理的に無理と感じている心理状態とは

拒絶する女性

Antonio Guillem/shutterstock.com

誰かに対して生理的に無理という感情を抱いているときには、共通の隠された心理状態が潜んでいます。

それは、400万年前にアフリカで人類が誕生してから遺伝子として脈々と受け継いだ種族保存・自己保存のための本能と深い関係があるようです。

無意識の自己防衛本能

初対面や出会って間もない相手に対して生理的に無理と感じるときがあります。 これは相手の様子から一緒にいると損をする、あるいは嫌な目に遭うと本能的に察知してリスクを避けようとしている可能性があります

私たちの大脳は何百年も続いた原始時代に多くの機能が発達しました。 このため、狩猟採集社会の男女の役割分担に応じて男女で大脳の構造や機能に違いがあります。

原始時代から家の周辺で出産・育児など集団と密接に関わる役割を分担した女性は観察力が鋭くなり、子供を安全に育てるために不安や不快の感情を強く感じ記憶するようになったと言われています。 女性が誰かに対して生理的に無理と感じることが男性よりも多いのは、こうした背景があるのですね。

明確に表現できない・したくないという感情

生理的に無理という表現は、直接的で具体的な言葉を避けるために便利に使われることがあります。 ブサイクでチビだから、などと本当の理由を言って相手を傷つけたくない、相手の評判を下げたくないという気持ちが働いているときがあります。

あるいは、キモイやハゲなどという具体的な理由を口にして、周囲の人から「何様?」と悪いイメージを持たれるのを避けたいという心理状態が隠されているかもしれません。 または具体的に相手の欠点をあげつらって、万が一本人に伝わったら恨まれて復讐される心配もあります。

このように人は、余計なもめ事を避けるため、言った自分の評判が下がらないために、生理的に無理という言葉を使っている場合があります。

自己肯定感や自尊感情が高いとき

生理的に無理という言葉は、相手を強く否定する心理状態から発せられていることがあります。 今も、昔も、これからも絶対に付き合わない!なぜなら生理的に無理だから、脳みそではなく体が受け付けないから!というニュアンスが漂っています。

そのニュアンスを更に深く突き詰めると、私のように美しく、優れた女性が彼とは似合わないでしょ?という心理状態が隠されていることがあるようです。 自尊感情が高まり自分は他者よりも優れているという自信で溢れているときは、生理的に無理という感情が起こりやすくなっているかもしれません。

相手からの拒絶を感じたとき

実際は好きでも嫌いでもないとき、あるいは好感を持っていても、相手から強い拒絶感を感じたとき、「生理的に無理」という言葉で自分のプライドを守ることがあります。 相手の態度や言動によって自分の価値を下げられたくないという自己防衛本能が働いて、まるで本当に自分のほうが相手を受け入れられないと思い込む場合もあります。

このような形で自己防衛する人は、自己肯定感が低い人に多いようです。 他人の評価に関係なく自分の存在を肯定することができないため、自分を否定する人を避けようとします。

生理的に無理と女性が感じる男性の特徴

無理と拒む女性

WAYHOME studio/shutterstock.com

生理的に無理という言葉を女性が男性に対して使う場合、恋愛対象として考える可能性は限りなくゼロに近いといった強い拒絶を表すことが多いようです。

では、女性は男性のどういった部分に反応して生理的に無理、絶対に付き合えないと感じるのでしょうか。

清潔感が無い男性

清潔感の無い人は、女性からも男性からも嫌われることが多いようです。 特に観察力に優れた女性は、同性に対しても異性に対しても、不潔なところが無いか厳しくチェックしています。

衣服に汚れが付いている、えりが汗とホコリで茶色く変色している、髪の毛や肩にフケが付いている、口臭が強い、歯が黄色く変色しているなど、女性は細かく見ています。 また、潔癖症の人はどうしても周囲の不潔な環境に目がいってしまうようです。

清潔感は容姿や性格と違って努力すれば改善できます。 簡単なところから一つずつ変えていきましょう。

心が狭い・怒りっぽいなどの性格

心が狭くてケチ、ねちねちとイヤミを言う、心配性で怖がり、小さなことに固執するなど、女性が求める男性像から距離のある男性は、女性から生理的に無理!の烙印を押されがちです。

原始の頃の役割分担によって、男女の脳の機能や構造には違いがあります。 このため体や能力、性質にも違いが見られるのです。

ジェンダーレスが進むなかで、消えてゆく傾向にはありますが、まだまだ男性にはこうあって欲しい、女性はこうでいて欲しいという期待がお互いに残っています。 こうした期待を大きく裏切る人に対して、「生理的に無理」と感じる場合があるようです。

経済力が無い男性

多くの女性は恋人にも夫にも経済力を求めます。 しかし、生理的に無理!という感情は、相手の現在の経済状態に向けられるものではありません。

まだ学生で収入が無いとか、社会人になったばかりで給与も低く貯蓄がないのは当然なことです。 女性が生理的に無理と感じるのは、その人の態度・言動から一生お金を稼げそうもないというオーラが漂っているとき。

おどおどと自信のなさそうな人、自己主張の無い人、思慮の浅い人、遊び好きでなまけものといった特徴を持つ男性は、組織でも個人でも一定の収入を得ていくことは難しそうです。 このように性質や能力のレベルでお金と縁のない人に対して、一部の女性は生理的に無理!と感じるようです。

嘘っぽい男性

いつの時代でも、女性が優しさの次に男性に求めるものは誠実さです。 多くの女性は恋愛をエネルギーの源とか、生活のより所と前向きにとらえます。

恋愛によって何かを学びたい、良い経験を重ねたいと真剣に考える女性ほど、相手の男性には誠実で正直であってほしいものです。 なんとなく嘘っぽい男性、不誠実な男性に対して、本能的に関わらない方が良いと察知し、生理的に無理かもと感じるのでしょう。

価値観が自分とかけ離れた男性

価値観の多少のズレは、新鮮さや面白みを感じるかもしれません。 しかし、価値観が大きくずれていると、話をしていても噛み合わず互いに理解できずにケンカばかりしてしまう恐れがあります。

自分が正しいと思うことを相手は認められず、絶対してはいけない間違ったことを相手は平気でやってしまう。 こんなことが積み重なると、誤解や対立が生まれてしまいます。

勘の鋭い女性は、ちょっとした言葉のやりとりで、ゆくゆく大きなズレが生じると察知します。 そして、生理的に無理かもといった感情に置き換えられ、相手と適度な距離を置くことがあるようです。

顔が生理的に受け付けない

顔の好みは人それぞれです。 多くの女性が本能的にひかれるのは、健康的で男性ホルモンの強さを表す顔と言われています。 左右のバランスが整っている、下あごが大きい、健康的な小麦色の肌といった特徴は男らしさの象徴です。

逆にネガティブな性格が推測されるような顔付き、表情の男性に対しては、生理的に無理と感じる場合があるようです。 ネガティブな性格というのは、消極的で否定的、後ろ向きの性格を指します。

表情に変化が無い、目に力が無い、笑うとき左右不対称、口が曲がっているといった特徴がネガティブな性格を連想させるようです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー