劣等感が強い人の特徴とは?恋愛への影響や克服する方法を紹介
4391 Point
更新

劣等感が強い人の特徴とは?恋愛への影響や克服する方法を紹介

劣等感に苛まれた経験がある人も、世の中には多いのではないでしょうか。今回は、劣等感が強い人の特徴やその原因、恋愛への影響や劣等感を克服する方法などについても紹介します。

人生経験を重ねるなかで、一度は劣等感に悩まされたことがある人も多いのではないでしょうか。 劣等感はうまくいかせば自身の成長につながりますが、付き合い方を間違えると自分を苦しめるものとなってしまいます。 今回は、劣等感をもつ原因や、劣等感とうまく付き合っていく方法などを紹介します。

劣等感の意味とは

さみしげな女性

Viktor Gladkov/shutterstock.com

劣等感とは、「自分は人に比べて劣っている」という思い込みのことをいいます。 これはあくまで自分自身が決めていることであって、人からの評価は関係ありません。

たとえ人から最低の評価を受けていても、自分が人に比べて劣っていると感じていなければ、「劣等感を持っている」ということにはなりません。

劣等感を抱える要素はさまざまなものがあります。 容姿、経歴、仕事、年収、パートナーや人間関係など、自分を構成するものや自分を取り巻くものすべてが劣等感につながることがあります。

劣等感の対義語は「優越感」です。 これは逆に、「自分は人に比べて優れている」という思い込みです。 劣等感だけでなく優越感もまた、取り扱いを間違えると生きづらくなってしまう原因となります。

劣等感も優越感も、「人と比べる」という思考から生まれるものです。

劣等感を持つ人の特徴

海を見ている女性

Nick Starichenko/shutterstock.com

劣等感を持つ人の発言や態度には、一体どんな特徴があるのでしょうか。 「わたし劣等感を抱えているんだ」などと自分から話せる人は、ある意味わかりやすいといえます。

しかし、なかには劣等感を抱えていると自覚していない人もいます。 自分自身が劣等感を抱えているのかの確認も含めて、劣等感を持つ人の特徴を確認していきましょう。

自己嫌悪しがち

劣等感が強い人は、自己嫌悪が激しいのが大きな特徴のひとつ。 「こんな自分が嫌い…」と常に考えてしまう人は、劣等感を抱えていると言えるでしょう。

人間ですから、さまざまな側面を持っているのはごく当たり前のこと。 それを良い部分と捉えるか、悪い部分と捉えるのかはあくまで主観でしかありません。

劣等感が強い人は、他の人からすると「そこまで気にしなくてもいいのでは」と思うことまで気にしてしまいがちといえるでしょう。

攻撃的に見える

劣等感が強い人は、一見攻撃的に見えることがあります。 どうしても「劣等感が強い人」というと、気弱なイメージを持たれがちですが、実際は防衛本能が強いあまりに、周囲にとげとげしい態度をとる人も少なくありません。

劣等感が強い人は「自分は人に劣っているから、人から雑に扱われる。人に見下される」という思い込みがあります。 そのため、そう扱われそうになると感じると、身を守るため、対抗しようと攻撃的になることがあるのです。

自信家に見える

自信家に見える人の中にも、実は劣等感が強い人はいます。 これは劣等感が強いからこそ、「できる部分はアピールしたい」「得意な分野では負けたくない」「人に劣っているとバカにされたくない」などという心理が働くからです。

そのため、こういうタイプの人は、やたらと自信がありそうな振る舞いをしたり、自慢ぐせがあったりします。 持ち物も高級志向だったり、誰にでもわかるブランドにこだわったりする人もいます。

本当は自信がないからこそ「なめられたくない」と思っているといえます。

自虐的

一見面白おかしく明るいタイプであっても、自虐的な発言が多い人は、劣等感が強い人と言えるでしょう。 「わたしなんて…」という発言が多い人もあてはまります。

これは自信をなくす出来事が起こる前に、自分を低く伝えておくことで、攻撃されたりダメージを受けたりすることを避けたい心理が働いています。

周りに対してのアプローチというよりは「どうせわたしはダメだから」と自分が思っておくことで、本当にそういう場面に出くわしても「ほら、やっぱり」と思うことができ、ショックを受けないからです。

ジャッジや善悪の思考が強い

何かにつけて自分を人と比較したり、「あの人は◯◯ね」とジャッジしたりする習慣がある人も、実は劣等感が強いといえるでしょう。 劣等感が強いと、常に比べる思考が働きがちです。

また、善悪にこだわりやすいのも特徴のひとつ。 好きか嫌いかという発想や「人それぞれだよね」というゆるい発想ができず、「正しいか間違いか」で物事を見るクセがあります。

自分の正しさと違う価値観の人のことは受け入れにくく、自分の正しさが揺らぐような出来事が起きたときには、ひどくショックを受けます。

完璧主義

劣等感が強い人は、完璧主義の側面もあります。 完璧主義だからこそ、劣等感が湧きやすくなるのです。

自分の思う正しさのとおり、物事を理想通りに進めたい人は、そことズレることが起こるとなかなか現実を受け入れられません。 できていることに目を向けられず、できていないところにばかりフォーカスしてしまいます。

また、周りのうまくいっている人とも比べてしまうため、できない自分に対しての自信を失くしてしまいがちです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー