博愛主義の人の特徴とは?博愛主義の意味と注意点を徹底解説!
3810 Point
更新

博愛主義の人の特徴とは?博愛主義の意味と注意点を徹底解説!

博愛主義とは、どのようなものなのでしょうか。博愛主義の基本情報をはじめ、特徴や恋人が博愛主義であるときに気を付けたい注意ポイントをご紹介します。博愛主義の正しい知識を要チェック!

自分の知っている人みんなに優しく、人当たりが柔らかな人を博愛主義といいます。 あまりなじみがない言葉で、具体的にどんな特徴があるか漢字からはわかりにくい印象を持ちやすいかもしれません。

今回は、博愛主義の意味や類義語などの基本情報をはじめ、特徴などをご紹介。 性別問わず人気の高い博愛主義の人と交際する際の注意点についても解説します。 博愛主義についての情報を得て、人との交流の幅をさらに広げましょう。

博愛主義の意味と類義語・対義語

博愛主義とは

Watchara Ritjan/shutterstock.com

博愛主義という言葉は、どんな意味を持っているのでしょうか。 意味を理解して、正しい知識を身につけましょう。

博愛主義の類義語や対義語、英語での綴りも紹介しています。 博愛主義に関する情報を得て、いろいろな人に目を向けてみましょう。 みんなに優しい気になるあの人も、博愛主義の可能性もありますよ。

博愛主義とは

博愛主義とは、簡単にいうとみんなに優しく、協力し合うべきという考えです。 特定の人を選別して愛情を注ぎ仲良くなるのではなく、出会った人みんなに分け隔てなく優しく親しみを持って接します。

人類みな兄弟、すべての人を同じように愛を持って接するべきと考え、実際にその信念のもと行動しています。 誰にでも均等に愛情を注ぐ傾向があるので、年齢や性別を問わず人気です。

人当たりも非常に柔らかく、感情を高ぶらせることはあまりない人が多いです。

博愛主義の類義語と対義語

博愛主義には、類義語と対義語があります。 類義語とは同じような意味を持つ言葉で、対義語とは正反対の意味を持つ言葉です。

博愛主義の類義語は、愛他主義者・慈善家・利他主義などが挙げられます。 どれも自分の利益などは考えず、他の人々に愛を注ぐという意味を持っている単語です。

博愛主義の対義語は、偏愛です。 偏った愛情を自分の気になる人や親しい人だけに注ぐため、仲が良い人とそうでない人への対応の温度差が大きくなります。

英語での博愛主義

博愛主義を英語で書くと、philanthropismとなります。 この単語は博愛主義のほかにも、慈善活動や仁愛という意味も持っています。

博愛主義者はphilanthropistと、単語が若干異なる形状です。 とても類似しているので、英語で表記するときは少し注意が必要かもしれません。

博愛主義の人の特徴

博愛主義の特徴

WAYHOME studio/shutterstock.com

博愛主義の人は、どんな特徴を持っているのでしょうか。

周囲の人に優しく接している気になる人の特徴と、照らし合わせてみるのもよいですね。 博愛主義の人の特徴を知り、自分の中に取り入れられそうなものは取り入れてみるのもおすすめです。

今の自分から生まれ変わりたい、もっと周りの人に優しくしたいけれど、具体的にどうすればいいかわからないという人も必見の内容です。

誰にでも優しくできる

博愛主義の人は、基本的に人が好きです。 初めてあった人にもすぐに自分から心を開け、相手を尊重してお互いに気持ちのいいやり取りができるような環境を整えられます。

相手のことを思いやった行動が自然と取れるので、相手からの印象も悪くありません。 人が好きという気持ちを大切にしているので、人当たりがよいのも大きな特徴です。

古い付き合いの人はもちろん、つい先ほど出会った人であっても、古くからの友人と同じように分け隔てなく接することができますよ。 優しさに裏がなく、見返りを求めていないため、たくさんの友人に囲まれて楽しい時間が過ごせます。

白黒の判断をくっきり付けない

人はそれぞれ、異なる考え方をします。 ひとつの事柄に対しても、人の数だけ意見があり、中には意見が衝突してしまうケースもありますよね。

博愛主義の人は、人好きだからこそ、人の数だけ答えがあることを知っています。 誰かの意見を踏みにじってしまうのは、博愛主義の人は好みません。

いろいろな意見が飛び交っていても、誰か一人を否定することはめったになく、物事について白黒の判断をきっちりとつけないことが多くあります。

誰かひとりを追い込んで傷つけてしまう行動は取りたくないという考えを持っているので、ひとつの意見を真っ向否定することは非常に稀なのです。

平和を好む

博愛主義の人は、基本的に平和をこよなく愛しています。 人と人との衝突は極力避け、どんな人とも仲良くしたいと考えているからです。

とはいっても、誰とでも意見が一致して生活していけるわけではありません。 意見が割れてケンカをすることも、もちろんあります。

ケンカをして険悪な雰囲気になると、気まずさに負けて相手から話しかけてくるのを待つ人もたくさんいますよね。 博愛主義の人は、悪いことをしたと思ったら自分から素直に謝ることができるのです。

すぐに仲直りすることで、日常の平和を取り戻すことにつながります。 博愛主義の人は、優しいだけでなく謝る勇気も併せ持っているのです。

物事に寛容で懐が深い

仕事や学校行事などで、なんらかのミスをして周囲に迷惑をかけてしまった経験は、多くの人が経験したことではないでしょうか。 ミスをしたら場の空気も重くなり、場合によっては叱責を受けて居残り作業をするケースもありますよね。

博愛主義の人は、なんらかのミスをしてしまったとしても、相手を一方的に責めることはありません。 何が原因でミスが起こったのかなどを一緒に分析し、ともに解決の糸口を探ってくれます。

懐が深く、困ったときに頼ると親身になって相談に乗ってくれますよ。 解決策や打開策が見つかったときは、ともに喜びを分かち合うこともできます。

人は人、自分は自分

博愛主義の人は、他人と自分をきっちりと区切ることができます。 相手の意見は尊重し、耳を傾けますが、自分の意見はしっかりと持っているのです。

自分の中の意見を持ちつつも、周囲の人の言葉に耳を傾けられるのも、博愛主義の人の特徴といえます。 「こういう意見もあるのか」「自分にはない発想で素晴らしい」と相手のよい部分に触れて自分も成長しているのです。

人好きではありますが、好きだからといってべたべたとなれ合うことはしません。 相手との適切な距離を保ち、お互いが一番心地よく過ごせる距離を見出しているのです。

心穏やかで対人関係を大切にする

博愛主義の人は、相手の嫌がることは極力避けて行動しています。 言動にも注意しており、相手の気持ちを踏みにじったり不快な思いをさせないように配慮した言葉を選んでいるのです。

相手に不快な思いをさせないということは、自分も楽しく時間を過ごせることにつながります。 楽しい時間を共有できるということは、とても素晴らしくかけがえにない経験になりますよね。

博愛主義の人は、心穏やかに人と接して相手が楽しめるような配慮も行えますよ。 普段から言葉を選び、対人関係を大切にしているのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー